あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 08日

日本科学未来館で遊んできた

朝から夜まで子供を連れて出かけてきた。
土曜日って、都内の道はぜんぜんすいていないのね。
日曜日の午前中に移動するとすいているなあと感じるけど、土曜は平日並みに混んでいる。
首都高、長い駐車場のように混んでいました。
眠気ざましにコーヒーを飲んでいたらトイレに行きたくなってしまってマイッタ。

日本科学未来館は、お台場にできた比較的新しい科学館である。
(公式サイトこちら
広々とした美しい建物で、国立だから入館料も安くて一日中遊べる。
ガラス張りだから海の景色も一望できる、気に入りの施設だ。

いまは特別企画展「サイエンス・トンネル(特別サイトこちら。ワタシのメインサイトと同じつくりじゃないか……!)」をやっているので、それを見に行った。
とっても、マジメな展示だったな。
子供がたくさん見に来ていたけれど、科学にかなり関心のある大人でないと、ぜんぶ理解するのは難しいだろう。
でも飽きない工夫が凝らしてあるので、どの子供も一生懸命見ていた。

思いがけなくヒットしたのが、6階のドームシアターでやっていた「アースヒストリー」という35分の映画。
“恐竜の進化とヒトの未来”というサブタイトルどおりの内容だが、映像に若いセンスが感じられる。
ナレーションが忌野清志郎で、彼のヴォイスは、声優やプロのアナウンサーのように「聞かせよう、この声でハナシをわからせよう」というたくらみがまるでなく、自分が自分のために本かなにかを読んでいるだけのような自然な読み方が、かえってしーんと心にしみ渡る効果があった。
キヨシローの声が好きだから、私だけがそう感じたのかなと思っていたら、子供たちも
「わざとらしくなくてよかったよね。」
「ふつうああいうのだと声がわざとらしくてうるさいもんね。」
と言っていた。

6階レストランもおいしい、お土産コーナーもほしいものばっかり。
オススメスポット!
帰り道はレインボーブリッジが長大な駐車場状態になっていましたが。

by apakaba | 2005-10-08 23:17 | 生活の話題 | Comments(25)
Commented by K国 at 2005-10-09 08:34 x
清志郎がナレーターの映画見てみたい
しかし田舎者は渋滞が苦手です、信号に止まるのも舌打ちするくらいですから、どこが最初か分からないような先の見えない渋滞は想像の世界
お疲れさんでした、アキタコマチX三人、、、考えたくない
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-09 08:45 x
土日祝日のお台場方面はとても混むと思いますよ。ディズニーランド方面と全く同じく。で、車での移動は考えられないのですが、お子さま3人いたら車、と、考えるでしょうねえ。うちは一人子だからたいてい電車で移動でした。よく上野の国立科学博物館に行きました。あそこも一日遊べます。お台場の科学未来館は孫と行きますわ。(いつのことやら) 先日の国際子ども図書館、じゃあ、眞紀さんは訪問済みなのですね。安藤忠雄氏の設計なんですか。ホントに感激するくらい素敵な建物ですね。日本の街中があんな風になったら夢のよう。もちろん下町の露地も、緑滴る山の中も、鄙びた海辺の漁村も好きですが。
Commented by はなまち at 2005-10-09 10:29 x
トラバ、消しておいてね。
多分、自動であちらこちらに書き込みしているから文字化けするのでしょうね。
Commented by apakaba at 2005-10-09 11:07
はなまちさん、トラバ消しました。ありがとうございました。
またエロサイトランキングですか?開きもしないで消しちゃった。

K国さん、キヨシローのほうが、慣れた調子で読むナレーターよりイイというのは、子供のほうもよくわかっているようです。
あの、プロのなめらかすぎるナレーションはうそくさく感じるんでしょうね。

田舎者(失礼。)は渋滞が苦手、わかります。
田舎の人間がのんびりしているというのはただのイメージですよね。
地元で一時間電車が来ないことは平気なのに、信号待ちとか、山手線が1分遅れたりしても機嫌が悪くなるのよ……あれってどうしてかな。
持っている時間の感覚が違うというか。
例の宮崎のヒトも、まったく同じでした。
バスとか、待てないの。いらいらしちゃって。
「アキタコマチ」×3,ではないですよー。
あのキャラはあれひとりです。
勝手にフロアに散らばって遊んでくれているので、親はらくなものです。
運転誰か代わってよとは思いますけど。
Commented by apakaba at 2005-10-09 11:12
紫陽花。さん、車だと子供はだいたい最初から最後まで寝っぱなしなので、らくです。
私が大声で唄っていても、起きません。
あの辺り、住みたいとは思いませんが、遊びに行くには独特のよさがありますよね!私も好き。
とはいうものの、行くたびに増えていく巨大マンション。

上野の建築もステキーですが、次はやっぱり、表参道の同潤会アパートではないでしょうかっ!
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-09 12:33 x
同潤会アパートも安藤氏なの? あれの完成も待たれますねえ。昔の同潤会アパートもホントは好きぃですが、住みにくかったでしょうしね。個人的にふるーい日本家屋が大好きなんです。豪邸ではなくて玄関の横に応接間(死語ですね)があったりする大正ロマン風。だから先日の松濤・シェ◎尾は忘れられない建物(まだ余韻に浸ってまする)

上野も古い建物と近代の融合が見事でしたが、原宿はどうなるのかなあ。
Commented by apakaba at 2005-10-09 13:09
同潤会アパート完成は来年1月らしいです、もうすぐじゃん。
http://www.linkclub.or.jp/~hiro335/R_335/special_06.html
こちらの方は壊すなんてヒドイ!って怒っていますが、どの建築も古くなれば新しくしなければ……ノスタルジーだけでワーワー言うのは無責任な部外者の発言でしょう。

松濤のお店はHP見ましたがほんとに素敵ですね。
古い日本家屋を改装して料理を出すお店、うちの近くにもありますがおもむきがありますね。
とくに、私はあの昔のガラスが好き。
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-09 14:00 x
んじゃあ来年あの辺りはまた一段とステキーになるのですね。眞紀さんは子育て一段落してからの海外旅行が待ってますけど、私は日本ラブ。日本の建物も存分に楽しもうじゃありませんか! 昔のガラスええですよねえ、シェ・◎尾もまさしくそのガラス一見の価値あり。あそこは料理<建物かもと友は言う・・。

今日は4時から仕事なのでひまです。テレビで、鉄腕ダッシュ村特番、ヨーロッパ風景を見ながらパソの前。ぅやっぱヨーロッパはええな。
Commented by apakaba at 2005-10-09 17:52
紫陽花。さんは日曜も働くんですねえ。
子育て一段落、早くしたいなあ。あと10年くらいでしょうか。
紫陽花。さんはいつをもって子育て一段落って思いますか。
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-09 18:08 x
子育て一段落って、そうですねえ、高校卒業すればホッとするのではないでしょうか。あとは野となれ山となれ、ではないですが、一人で生きていけるでしょう。コシヒカリちゃんが高校卒業まではあと10年かな、ふぅ。
「怠け者の節句働き」じゃないですけど、テスト前は日曜もないんです。
Commented by apakaba at 2005-10-09 18:19
そうか〜あと10年!!
ぃよーし、がんばるぞーっ!!!
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-10 09:47 x
ここの記事は私と眞紀さんの交換日記状態か(^^) 今日も私は「怠け者の節句働き」、4時からの仕事前に遊びに行こうと思ってもこの無常の雨・・。 で、今朝のコメントで眞紀さんに「子ども産んで~~」と言いましたが、これでまた18年、海外旅行に旅たてない眞紀さんがいると思うとちとつらくなってね。子どもが学生の間だって海外に行こうと思えば行けるけれど、3人、4人の教育費を考えると確かに絶句だわ。教育費はけちれません。あとからかけようと思っても「時既に遅し」ですから。あと10年と思えばもう10年だものね。
んがむばれ~~!!
Commented by apakaba at 2005-10-10 11:28
残念なコトに、教育レベルはコストをかけた順で……になってしまっていますもの。いま教育の機会均等はきれいごとですね。
教育費のためには自分の好きなことはガマンです。
Commented by はなまち at 2005-10-10 12:54 x
タンポポの国」の中の私 ― 新・国際社会人をめざして フローラン・ダバディー (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396611331/qid=1128916383/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-3563367-7969914
この人、あんまり好きじゃなかったけれど、本読むとなかなかの人ですね。
ただ、教育費はそうとうにかかっていますね。
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-10 18:03 x
教育費、かかりますよ~~。想像を絶するくらい。私の周りの友人もみんなそれで悩んでいます。もちろん例外もありますが、お金をかければかけただけの事があるのも事実です、眞紀さんも書いているように。自分の好きなことはガマンしてます、かなり多くの母は。これからお子さんを持たれる予定のかた現実の厳しさを心して下さいね。
Commented by K国 at 2005-10-10 22:16 x
教育費をかけて何とかなる子と、かけるだけ無駄な子を
親は早く理解して勉強以外に有るかもしれない、その子の才能を摘まないように、勉強が出来れば確かに良いでしょうが
学校で習ってる勉強が世間で通用する知識の何分の一かを考えれば
いろんな体験を積むのも大切と思います、挫折を知らずに勉強ばかり出来る子に日本を任せたくは無い気がするのですが
Commented by apakaba at 2005-10-11 11:03
ダバディー氏はいいですね。日本では派手な外見とトルシエの横にいたこと(果てはトルシエとの×モ説まで)がかえってマイナスイメージになっているけど、インテリジェンスにあふれた人物だと思っています。

教育ですが、私はやっぱり、イヤでも何でも、勉強をすることには大きな意義があると思っています。成績を上げるためだけに勉強を押しつけるのはむなしいことですが、大人になって役に立たなくても、どこかに、なにかが引っかかって残るのではないかと……その当時には嫌なだけでも。
そのとっかかりを与えるのは、やっぱりひととおり勉強をすることじゃないかな。
Commented by はなまち at 2005-10-11 12:31 x
ある町工場の工場長が、最近の若いやつら、三角関数も全然わからんので、一から教えなあかん。学校は何やっとんのんや。
例えば、歯車切削加工するのには、三角関数は必須ですね。
しかし、彼らも職業人として生きていくためには嫌いだった数学も必死で勉強しますね。
ただ、偉そうに言っている工場長も新入社員の時はどうだったかな?
いろいろな現場では、細かい資格がいっぱいあって、それには試験が必ずあるわけですね。電気関係なんかでは、微積分が・・・・・
こんなん絶対、私の人生で必要ないと思っていたのにと、学校でちゃんと勉強してたらよかったと。
Commented by K国 at 2005-10-11 21:54 x
本田宗一郎もそうですが、26歳ぐらいになって本格的にバイクを作り出して、合金技術が分からないので学校に行って勉強した。
要するに飯を食うための役に立ってるか、人の役に立つかどうかで
物造りの国、手先の器用な日本人の根底が壊れていってる気がする
Commented by はなまち at 2005-10-11 23:28 x
要するに、無知だと認識した時に真摯に学ぶ心を持っていれば、遅くたってなんとかなる。
ただ、私の場合、どんなに今から頑張ってもプロのビアニストになれそうな気はしないですね。
英会話が下手くそだったから、習いに行っている。
そのうちフランス語も面白そう・・・・勉強は全然面白くはない・・・・で、チャレンジ。
いつになったらマシな英語ができるようになるのか気が遠くなるのは事実。
Commented by K国 at 2005-10-12 08:16 x
何事にも天才ってな居るもんで、世界的な名手は幼少の頃から上手い
福沢諭吉など英語を見ていると日本語が浮かんできたとか
吉田松陰にしても8歳で殿様に講義したくらいだから
凡人がいくら勉強しても抜くことは出来ない、運動でもそうだけど
野球してる人が皆、イチローには成れません
努力をすれば人並みよりチョットは抜け出れる、その程度です
オレは是で家族を養うんだと言う能力、技術を持つことと思うのですが
Commented by はなまち at 2005-10-12 08:53 x
すもうを見ていると、親方が解説するのがどうもワンパターン。アナウンサーがいろいろバリエーションつけて言うけれど、どうもあかん。
舞の海はさすがうまいですね。
他の親方は稽古が稽古がしか言わない。
単に稽古やれば身体壊すだけ、横綱にはなれない。
特別の才能のある者だけですね。
スポーツ医学と科学的トレーニングでうまく戦略組めば、そこそこ行くのが面白いところ。
明治の頃の偉い人の語学力はすごかったようですね。
Commented by K国 at 2005-10-12 08:59 x
アレは学校じゃなくて寺子屋の良さではないかと
Commented by はなまち at 2005-10-12 12:03 x
日本人の書いた英文の最高峰は、岡倉天心と新渡戸稲造とか。
最近はいないのかなぁ。
カズオ・イシグロはネイティブに等しいしね。

学校の問題は、わからんまま前に進むからかな。
Commented by apakaba at 2005-10-14 12:21
すごくレスが遅れました。ていうか、終わってますね。
大人数でいっぺんに勉強するまずい点は、わからんままに進んでしまう点、よい点はひとりぼっちでやっているよりも刺激を受けることかな。
自分もがんばろうと思えること。
これって大人からするとばかばかしいように見えても、子供には刺激になるんですよね。


<< 秋の掃き掃除      夫を褒めよう >>