あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 21日

ミスドのバイト

しょっちゅう行っているみたいで恥ずかしいけど、子供たちにせがまれてまたミスタードーナツに行った。
今日は小学校が休みだったのでお昼を食べに入った。

飲茶セットというのを3人分と、店内飲食用のドーナツと、持ち帰り用のドーナツを選んでレジへ行くと、二十歳になっているかいないかくらいの男の子が立った。
小柄で小太りで、色白で黒縁メガネのその人に、
「ドーナツはここからこっちを持ち帰り、ここからこっちを店内で。」
と頼み、飲茶セットを注文した。

彼は3人分の飲茶セットの組み合わせ(ドリンクなどとの)が覚えられず、言ったそばから忘れてしまうので、私は3回オーダーをくり返させられた。
べつにイライラした様子を見せてはいなかったのに、彼は勝手にパニックに陥っていった。
店内飲食用と言っている方を持ち帰り用の箱に詰め始めたので
「だからここからこっちは。店内です。」
と言った。

店内用に、温めて食べる新発売のドーナツを選んでいた。
彼がそれを温めずにお皿に乗せていくので、
「これは温めるんじゃ、ないんですか。」
と聞くと、
「アッ、そうです温める“こともできます”。」
ってそういう言い方なのか。

電子レンジにそのドーナツを入れ、「あとで飲茶セットといっしょに席にお持ちします。」というので先に座っていた。

飲茶セットを持った女性店員が、うろうろと歩き回って、
「シライシくーん、これはどのテーブル?番号札渡してないでしょー。」
とイライラした様子で尋ねていた。
「ここですたぶん。」
と言うと、女性店員は私たちの席へトレイを置き、シライシくん(という名前のようだ)に怒っていた。

「アキタコマチ」のドリンクはアイスティーだったが、
「おかーさんこれはどう見てもアイスコーヒー。」
シライシくんに言って、とりかえてもらった。
シライシくんはとにかくあやまらない。
レシートを見せながら、アイスティーと打ち込んであるのにアイスコーヒーになっていますよと言っているのに、
「こちらの間違えで、アイスコーヒーになっていたのですか?」
とか聞き返す。

そのうち、店内はもくもくと煙が充満してきた。
私は『ああ、シライシくん忘れたな』とすぐにぴんときたけれども、お客さんたちは煙が這う天井を見上げて不安そうにしている。
電子レンジに一番近い席の女性客が、おびえて店員に
「どうしたんですか。火事じゃないんですか」
と尋ねている。
それはね、先刻シライシくんが私に言われてレンジに入れた『温める“こともできる”ドーナツ』が焦げて爆発しているのよ。

シライシくんはその直後に店内から消えてしまった。
バイトの交代時間が来たのか、先輩に呼ばれて奥へ入ったのかはわからない。
私はああいうタイプに対して非常に気が長いほうなので、ほぼ無表情のままでぜんぶのトラブルを我慢した。
こういうとき、どうするのがいいのかな?

怒る。——お客は怒っているんだ!ということを、知らせる。

やさしく励ます。——「だれでも慣れないうちはたいへんよ。がんばって。」

なにも気にしていないように振る舞う。——私のパターン。

by apakaba | 2005-11-21 22:54 | 生活の話題 | Comments(16)
Commented by はなまち at 2005-11-21 23:40 x
昔ならガツーンとどつかれましたね。

しかし、最近、難しい本と言うのが本屋から駆逐されていますね。
マルクスとかマックス・ウェーバーとか何遍読んでようわからんというやつ。
Commented by apakaba at 2005-11-21 23:48
わかんなくてもなんでも、教養として頭から血を流しながら(比喩です。脳出血ではありません)読む、ってだいじだと思うんですが。
マルクスもマックス・ウェーバーも、ワタシもまるっきりわかんないけど読みましたよやっぱり。
なにか、どこかにチカラがあるんです。古典には。

「読む」の息抜きも「読む」って、うちの息子が言ってましたが、その「息抜き本」とか、雑誌ですね。増えているのは。
いつも自分のアタマのレベルよりちょっと上、のところを読んでいないと、たちまち腐っていきますね。
それでなくても一億総白痴化ですから。
Commented by K国 at 2005-11-22 07:08 x
そいつは多分頭が悪いのに、親に期待されて勉強ばかりしてて
世間のことを一つも勉強しなかった被害者と思う
バカな親は勉強したら賢くなるくらい思ってて、やたら強要する
一升瓶に二升は入りません、身の程を知って
自分の子供が何に向いているかを怠った結果の産物です
Commented by 紫陽花。 at 2005-11-22 07:36 x
ミスド、20年前子どもが幼稚園に入るまではほとんど毎日行ってました。午前中掃除洗濯を済ませると、夕食の買い物にスーパーへGO-! そのスーパーの前にあるミスドで、ちょっと休憩がコースでした。 エンゼルフレンチと、ミネストローネが好きでした。今のように麺もあれば嬉しかったのですが。今もたまに行きます。懐かしい味です、私にとっては。
眞紀さんも、ミスドのおまけ随分溜まってません? うちにも、お弁当箱やら、手鏡やら、お皿やら、役に立ってます。

シライシ君と言えば、「生協の白石さん」がすごく売れているそうですね。確かに彼の返答はとても楽しめます。頭のいい人、優しい人なんだろうな、白石さん。彼はW大の生協でも以前勤務していたそうです。でも、「東京タワー」リリー・フランキーが読みたい私。最近簡単な本ばかり読んでます。腐っていく脳味噌。難しい本は、学生時代にいっぱい読もう→若者よ。
Commented by apakaba at 2005-11-22 08:36
K国さん>
そ、そうかぁ〜〜?シライシくんが勉強させられていた過去を持つかどうかまでは、わかんなかったですが。
すさまじく愚鈍な人でしたが、なにしろあやまらないです。
あやまらないのは「自分は悪くない」と思っているというより、あやまるところまでアタマが回っていないようにも見えました。

紫陽花。さん>
ワタシも学生時代には大学のすぐそばのミスドによく入っていましたね。一回でドーナツ5個とか食べちゃうんだよ、バカだよただの。
おまけはたくさんありますね。人数が多いのであっというまです。
生協の白石さんというかたは知りませんでしたがテレビに出ている人なんですか?大学生協にいたんですか、レジ打ってもらったかな?
リリー・フランキーって私はちっともおもしろくないんですが、たぶん彼っていい人なんじゃないかなという感じがしています。
「東京タワー」って黒木瞳のほうじゃ、ないのね、時々オトンてやつね。
Commented by Gina at 2005-11-22 10:51 x
我が家は田舎だったこともあって、ファーストフードって子供時代は禁止に近かったです(1年に1-2回は食べさせてくれましたけどね。東京に来て驚いたのが、日中子供だけ、あるいは母子、親子でのファーストフードユーザーの多いことだったりします。)。今でもファーストフードに入るのは後ろめたさや、カラダに悪いことしているという意識が働きます。また以前、某大手ファーストフードチェーンに対して、分煙がきちんとされていないことを投書したところ、本部から即答きたものの、「顧客の健康については真剣に考えているけれども、最終判断は各店長任せで」という内容だった時には、いくらカラダにいい材料使ってるだとかCMで流してても所詮客の健康のことなんて考えてないのよねと落胆したこともあり、ファーストフードに対する不信感は募るばかりです。なので、そういう店でバイトとして雇われている人のレベル(みんながという意味ではなくて雇用側が期待するレベル)もたかがしれてるよな、とちょっと偏見じみてますが、思いますね。

Commented by Gina at 2005-11-22 10:52 x
文字数足りなくなったので連続投稿すみません。あとは、最近景気が回復基調にあるんで、優秀なパートやバイトさんってのは取り合いになってるんだそうですよ。(一部の方は社員になったりしてるそうです)なので、安い時給しか提示しないところにはおのずとそういう人たちが集まる可能性が高くなるってこともあるんでしょうね。
Commented by ssnostalgia at 2005-11-22 12:59
こんにちわ。災難でしたね。笑

コトの重大さをわかってもらうために、私なら返金を求めて上司を呼ぶかな。めんどくさくてエネルギーが必要だけど、これらを怠った結果がシライシ君の現状なのだろうね。

ミスドでは「氷コーヒー」を良く飲みました。
Commented by 紫陽花。 at 2005-11-22 14:04 x
ま、眞紀さんの方がネットヘビィユーザーかと思ったら、私の方か(;;)
「生協の白石さん」(東京農工大の生協で働く白石さんが学生の質問に真摯かつユーモラスに答えるカードを収録)はブログから大人気(えっと、一日アクセス数が数万?十万とか)になって、それに目を付けた○談社のデジタル出版部門が出版、只今、爆発的に売れているそうな(全て伝聞)。眞紀ブログも講○社あたりが目を付けて、出版となったり・・。
Commented by apakaba at 2005-11-22 14:56
Ginaさん、字ぃぎっちり!Ginaさんのいう「後ろめたさ」ってすごく正常な感覚だと思う。ご両親は正しい。
めったに食べられない「カラダに悪そーな食品」て、文明の味がするとしみじみする一方、しょっちゅうは無理だなと、やはりカラダが拒絶しているんですよね。

私の友達でも、ちょこっと働くつもりでパートに入ったところ、あれよというまに部下をどっさり持つ役職に回され、四苦八苦しているようです。ファーストフード店ではないですが。
Commented by apakaba at 2005-11-22 15:28
ssnostalgiaさんプチごぶさた!よくこっそり読みに行ってますよ。
ほんと、いつもおもしろいわーそちらの記事。
最近で一番好きなブログです。
また感想書きに行きますね。

氷コーヒー、自宅でもできるんじゃないか……と思いつつ、あれって発想の勝利でしたね。

社会にいる無能な人をどーしたらいいのか、悩ましいところですね。
私のように何事もなかったかのようにしちゃったら、シライシくんは成長してくれませんね。
私はあんまり他人に腹を立てないタイプなので結果的に知らんぷりになってしまいました。
ssnostalgiaさん、よかったらこんど一杯やりましょう。
家も近いような気がするし、歌舞伎、映画など話題が重なることが多くて楽しそうです。ご連絡くださいませー。
Commented by apakaba at 2005-11-22 15:40
紫陽花。さん、白石さんという人を初めて知りましたよ。
すごい人気なんですね。検索してみて驚きました。
でも白石さんもたいへんですね。
私なんかほんの数人へのレスでもたいへんなのに、ふつうの人じゃないんだなー。
眞紀ブログが売れたら紫陽花。さんにランチビールをごちそうしなくちゃだわー。あ、ここんとこランチのお誘いがないんでさびしいんですが。

そうだ!ついさっき、ものすごくラッキーなできごとがッ!
棚の中を整理していたら、ななななんと、ヨルダン・シリア旅行記の原稿をププププリントアウトしたものが、転がり出てきたのでえす!
自分で印刷したおいたらしい!これで書くのがぐっとらくになります!
ばんざ〜〜〜〜〜い。
Commented by apakaba at 2005-11-22 15:58
つづき。
私がきのう会ったシライシくんという人の名前で生協の白石さんという人気者を知ることができたのは、偶然の符合ですねえ。
そういうことがよくあります。
あの人はどうしたかなあ、会いたいなあと思っていると、その人の名前が書いてある看板の前を通りかかったり、トラックが通り過ぎたりします。
名字だけじゃなくて、ぱっと開いた本のページにニックネームが載っていたり。
不思議なことなんですが、よくあります。
Commented by 紫陽花。 at 2005-11-22 20:01 x
世の中は不思議に満ちている・・は歳とともに感じますねえ。本記事を逸脱するのが私の常とはいえ、シライシ君を「生協の白石さん」に無理矢理結びつけたかな。「生協の白石さん」も素晴らしいのですが、眞紀さんのレスを「神業(かみわざ)」と呼ぶ人がいるという噂を2,3の人から聞きました。3分ほど、いい気分になって下さい。異論がある人もいるかもしれませんので(;;)
ヨルダン・シリア旅行記原稿発見おめでとうございまーす。
Commented by カルロス at 2005-11-23 21:14 x
>最近景気が回復基調にあるんで、優秀なパートやバイトさんってのは取り合いになってるんだそうですよ。(一部の方は社員になったりしてるそうです)なので、安い時給しか提示しないところにはおのずとそういう人たちが集まる可能性が高くなるってこともあるんでしょうね。

今の頭がいいのは冷めてますので、不祥事続きでイメージが悪くなったり、ステップアップが期待できない業界には行かないですよ。
そういった点で一番ダメなのはこれからは公務員と教員でしょうか。
少子化というのは有能な人材の取り合いと気づいている人がどれだけいるのか?
Commented by apakaba at 2005-11-23 22:56
私の掲示板やブログへくり返し訪れてくれるというのは、私のレスが好きだから、という方が多いからだと思うので、異論をあんまり心配なさらなくても大丈夫かと。でも3分ほどいい気分にさせていただきました。
ありがとうございます。
(でも、2,3の人って紫陽花。さんの作り話でしょ〜!)

カルロスさん、うちの近所でファミリーマートができるんですが、建物自体トンデモナイ急造りのうえに、準備がとうてい間に合っていないのに明日オープン。どんな大わらわになるのかな。
目先の利潤ばかり追求していたら自滅していくのにね。


<< インフルエンザの予防接種を、う...      インドの話で思い出したこと >>