あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 07日

ベッドでは眠れません。(きっぱり)

小学校時代にちょこっとだけベッドに寝ていたが、それ以外、ワタシの人生の半分は、すべて「布団」で過ごしている。
ベッドでは、安心して眠れない。

まずスプリングが苦手。
昔のベッドとちがって、いまのベッドは腰が沈むようなむやみにふかふかしたものではなくなり、適度に硬いものが主流になっているというけれど、スプリング問題が解決しても、あの、地面から浮いて寝ているのが不安。
だって落ちたらいやじゃないの。
みんなどうして、落ちないで(というか落ちたらいやだなとか考えずに)眠れるんだろうか。

こんなだから、当然、旅行に行くと毎晩ぐっすり寝られない。
安宿の、幅のせまいベッドだと、心配で何度も起きてしまう。
「はっ。ワタシ、いま落ちそうかな?ぎゃっ、片手が空中に飛び出してる!あぶなかったぜ……」
などと、暗闇の中でひとりであわてている。

だれかとふたりで寝なければいけない状況はもうサイアクで、用意された部屋がダブルベッドになってしまうとかな〜り暗い気持ち。
子供でも夫でも友だちでも、イヤなの。
寝返りされるたびに、こっちの体までゆすられて、起きてしまう。
パキスタンを友だちとふたりで旅行していたとき、しばらく泊まっていた家のダブルベッドをあてがわれ、かけ布団も1枚だったので、寝不足つづきだった。

フランスのホテルで、幅のちがう2台のベッドが入っている部屋というのがよくあった。
そうすると、見た瞬間に「君そっち、俺こっち。」と、寝るベッドを夫に決められてしまう。
「私せまいベッド苦手だよー。」
と訴えても、
「あのなー体の大きさを考えてみろよ。もしも君と俺がおんなじ大きさなら替わってやってもいいけど、こんなに大きさがちがうのに、俺が小さいベッドで寝なきゃいけない理由はなに?あきらかに筋が通らねえだろう?」
という正論の前にはもうなにもいえない。
「こっちがいいの?じゃあいっしょに寝るか?」
「ヤダ。」
「俺はどっちにしろ関係なく寝ちゃうからかまわないけど。」
「ヤダ。」
「じゃあ我慢しろよ。」

あれってどうして、わざわざサイズちがいを置くのだろうか。
意図はなんなのだろうか。

「大きいベッドを2台置く余裕はない、で、まあ男と女が寝る前にやることはやる、…にはシングルだとせまい、だから広いほうでいったんいっしょに横になり、そのあと女は小さいほうのベッドに移動して本格的におやすみなさいというわけだ。まあ“通い婚”ですね。」
「通い婚は男がかよってくるんでしょ。女があっちこっちに移動するのはヘンでしょ。」
「うるせえなあ、サイズがちがうんだからしょうがねえだろ。」
「じゃあ最初からキングサイズを置けば話が早いじゃん。終わってから移動するのってタルくない?」
「そうすると“眠れない”とかほざくヤツがいるだろ……君みたいに。」
「……そっか。……」
納得したような、しかねるようなワタシ。

by apakaba | 2005-12-07 17:27 | 生活の話題 | Comments(33)
Commented by K国 at 2005-12-07 18:16 x
我が家は去年の暮れから、セミダブルを二台並べている
角の壁付きで絶対落ちない所が奥さん用で、右側だけ危険があるのが
ワタシ用一年建ちましたが、まだ落ちてません
ヒヤッが二回ほど、寝るのはどこでも秒単位で寝れますので
ベッドだろうが、車の中だろうが構いません
酒飲ませたらベッドに行き着く前に寝てしまう、その後始末に苦労かけますが見捨てないで下さい
Commented by apakaba at 2005-12-07 18:30
K国さんを抱っこでベッドに運ぶのは……イヤだなあ。
美幸さんにお任せしよう。
それよりK国さん、拙掲示板の新顔さん、バイク乗りのようですぜ。むふふ。
Commented by K国 at 2005-12-07 18:51 x
抱っこしてもらえればベッドまで行かなくてもいいです
Commented by 喜楽院 at 2005-12-07 18:59 x
え?…バイク乗り?…って、誰?…どこどこ?。(キョロキョロ)

Commented by apakaba at 2005-12-07 19:24
>抱っこしてもらえればベッドまで行かなくてもいいです

じゃあどこへ行くのよ……

喜楽院さん、メインサイトの掲示板です。メインのサイトは、こちら!っていうのがこのページの左上にあるでしょ。そこの掲示板です。
お好きですか、 バイク乗り?
Commented by 花岡じった at 2005-12-07 21:11 x
んぢゃ「欽ちゃん一家」のあの布団はダメですな。
たまに遭遇しますな「をい!こんなベッド何処で買ったんだよ!」って。

へぇ、旦那強いですなぁ。
我家ではそんな意見通りません。(きぱーり)
まぁ、でも俺も嫌だなぁ。(ダブルベット)
寝るときぐらい自分の空間と言うか・・・欲しいですよね。
Commented by apakaba at 2005-12-07 22:21
欽ちゃんの布団はいけません。
空中に寝るのは、イヤなんです。
夫婦ってどっちかがいうこと聞いてるとうまくいきませんか。
ワタシはほとんど感情の波風が立たないタイプなので、へいへいと言うことを聞くようにしています。
いっしょに寝ることになってしまっても(しまっても?)百歩譲ってかけるものは別々にしたほうが、お互いの幸せという気がしますね。
Commented by はなまち at 2005-12-07 23:37 x
私は一応布団派ですが、どんな場所でも寝れます。
体育館の床の上でも、冷たくない時期ならコンクリートの床の上でも
歌舞伎町のカプセルホテルなら上等。
いわゆるベッドは縦が短すぎます。
それでもなんとかあわせてはいますがね。
通常の布団は論外ですね。
ぶつぶつ言いながらも熟睡のつもりです。
Commented by 紫陽花。 at 2005-12-08 08:52 x
学生時代、ベッドに憧れ購入、ベッド用布団までお金がまわらず、普通の布団をかけたのですが、寝ている間に布団が落ちて、しっかり風邪を引いた思い出があります。ま、どこでも寝られますが、やはり生涯布団派ですね。  新築のお宅拝見で、50代ご夫婦の寝室に立派なダブルベッドがどか~~んとおかれていたのには、ちょっとどっきりしてしまいました。ご主人とダブルベッド(あるいはダブルの寝布団)じゃなきゃ寝られな~~い、という、コメントしたい人、若い方の中には、きっといらっしゃると思いますが、まあ、ここでは、ガマンして下さいマシ。ん?私だって若いころはね(^^) あ、またR35か?
Commented by 喜楽院 at 2005-12-08 12:10 x
>はなまち様。
ご自宅のフトンは当然、特注でしょう?(^^
フトンやベッドのみならず、衣服も大変でしょうね。
LLサイズ以上の「吊るし」のなんか、ダセーのバッカリだし…。
Commented by はなまち at 2005-12-08 15:54 x
そう特注です。
ファッションはもともとセンスが?なので???です。
バックが黒から白っぽくなっているなぁ。
Commented by apakaba at 2005-12-08 16:55
どのバックがすき?
Commented by K国 at 2005-12-08 18:28 x
バックが黒いと、なんか闇の世界と言うかアウトロウ的な雰囲気がありますが、白くなったら朝からラジオ体操して今日も元気でガンバロウって
体操のお兄さんが出てきそう

黒が良かったな~。(懐古風)
Commented by waka at 2005-12-08 19:41 x
あ~、なんとなくわかりますよ。
僕もどっちかというとベッドより布団の方が良いですね。
子供の頃は二段ベッドなんぞに憧れていたけど、旅行してドミの二段ベッド
の上段なんて出来れば避けたいすね。
布団で一人で寝るのが一番熟睡できます。日本人だなぁ。

ところで、ダンナさんは眞紀さんのことを「君」というのですか!?
なんともオサレで優雅な感じ。
Commented by Kay at 2005-12-08 23:32 x
二十歳で結婚して以来、海外生活ですので、布団と言うものがなかったためか、今でもずっとベッドですね。年とともにだんだんとベッドが大きくなりました。でも旦那は絶対にベッドは二つにはしないという確固たる?新年を持っているので、今だに一つのベッドですね。でもキングサイズですからかなり大きいです。そしてマットレスはこだわりのもので隣で寝返りを打ってもまったく響かない優れものです。何しろ眠りの浅い私ですから、寝返りでマットレスが揺れたりしたらアウトです。
Commented by apakaba at 2005-12-09 09:16
ベッドの記事にまとめレス。
はなまちさん、はなまちさんの背ではふつうの日本旅館の布団なんかぜんぜんだめですよね。
うちの夫ははなまちさんよりさらにデカイので、日本旅館泊まりでは果てしなく機嫌悪いです。

K国さん、黒バックだと、なんだか文が見えにくいように感じたんですけど、そんなことないですか?
この人造人間バージョンは、ベージュ、ブラック、ブルーと3種類あるんですよ。

喜楽院さん、既製服が入らない人間はほんとにお金かかります!
夫は190センチ近いんだけど体重は68キロくらいしかない、イコールやたら縦長で、日本の服が全滅なんです。お金かかるよ〜〜。

紫陽花。さん、まさしく私の母は、ダブル布団を自分で打って作っていました!「夫婦はひとつの布団で寝なければいけない。」というのが、母の座右の銘なのです(どういう銘だよ!)。

いったん。
Commented by apakaba at 2005-12-09 09:22
wakaさん、おひさしぶりかも!
ドミで寝るとき、二段ベッドの部屋になったことは、ないなあ。
男性と同室で両脇が男、とかなってしまうと、かなり寝不足パターンだね。
「君」はオサレかな?「あなた」とも呼ばれるよ。
「オマエ」は決して言いませんね、はずみで言うと私が怒るし。

Kayさん、私も眠りが浅いんですよ。
ちょっとしたことですぐに起きてしまうの。
旦那様の信念は私の母と同じではないか……離れて寝てはいけない!ってヤツね。
Commented by waka at 2005-12-09 09:56 x
ドミの二段ベッドって、ヨーロッパにはかなり多かったような気がします。
疲れて宿に帰ってきたらドバ~っと倒れるように寝たいから、
やっぱり一段目の方がいいですねー
同室で男だと寝不足ですか。でも、両脇の男たちも寝不足になってるかも(笑)

>「君」はオサレかな?「あなた」とも呼ばれるよ。

なんか外人の夫婦みたいで良いですねーー。ダンナ様、貴公子のイメージ。
「オマエ」は確かにイヤですね。歌詞で相手の女性を「オマエ」と表現している
曲はどんなにいいメロディでも好きになれないですわ。
だからシャ乱Q好きじゃなかったのでした。トピズレです^_^;
Commented by apakaba at 2005-12-09 10:47
>同室で男だと寝不足ですか。でも、両脇の男たちも寝不足になってるかも
そのようなステキーな夜を過ごした記憶がまったくありません。
ネパール国境で野郎どもといっしょに押し込まれた部屋では、野郎どもはハッパでラリラリしており、私のことなど認識するヒマもなくぶっ倒れておりました。
ヨーロッパでドミに泊まった経験が、ないです、てか考えてみたらヨーロッパはフランス以外行ったことがないじゃん。私。

オマエが歌詞になっている曲って多いじゃない。
シャ乱Qではホラ、「アンタいい女だったよー」とかいって、アンタも使っていたでしょ。
Commented by 与太郎 at 2005-12-09 15:22 x
 ヨーロッパのクシェット(庶民が乗る寝台車)は3段ベットですが、吊り紐がありません。従って上段から落ちたら2メートル以上したの床にたたきつけられ即死でしょう。パリからフランクフルトまで怖くて寝られませんでしたね。幅は結構広いから落ちることは少ないだろうけど、落ちない保証はないし。あと、男女の区別なく6人部屋に詰め込み、個室のドアを閉めて部屋のランプを消して真っ暗にして寝る。不埒な考えを起こすのも少ないだろうけど、夏など事故が起きないのだろうかと人ごとながら心配しました。下車駅までパスポートを車掌に取り上げられているから、いたずらして逃げる訳にもいかないから大丈夫なのかな?
Commented by 紫陽花。 at 2005-12-09 15:43 x
また話がずれますが、眞紀さんのお母さんが自分で布団を打っていた・という話から。。昔(失礼)の人は偉いですよね。布団、みんな自分で打っていましたね。子供の洋服も手作りが多かったし、食べ物も・・。以前も書いた覚えがありますが、朝起きると鰹節を削るのは子供の仕事でした。夕ご飯のうどんも製麺から。畑で取れたばかりの野菜、味噌ももちろん自家製。この時期にはおやつは軒につるした粉を吹いた干し柿、桑畑の桑の実で口の周りを紫にした故郷の思い出。。だがしかし・・、肥溜めの匂いも確かにしていた、甘い思いでばかりじゃない、いにしえの日本。。
Commented by apakaba at 2005-12-09 16:04
与太郎さん、こっちにも書いてくれてうれしいわ。
クシェットに寝たことがないんですが、そんな恐怖体験なんですか!
ビックリ。
ベッドの国の人間て、寝相がいいですよね。
ばたばた暴れながら眠っているのは布団の国の人間だけではないかと思います。
不埒な考えねえ。まあ、起こすでしょうね。
とにかく、男って、具体的に性行為に及ばなくてもちょこっとでも触りたいんですよ。そういうところを旅していると女はほんとに苦労しますよ。

紫陽花。さん、うちの母はとんでもなく器用な人なので、なんでも作ってしまっていました(というか現在進行形)。
Kayさんがカーテンを縫って……とお書きになっていたけど、母もとにかく手作りですねえ。でもその一方で、へーきで「本だし」とか使っちゃったりします。私はちゃんとだしをとるのにー。
なんでも完璧、という人はいませんよね。
Commented by 喜楽院 at 2005-12-09 19:25 x
学生の頃、一回の夏休みを利用して15泊16日、バイクで日本半周の
旅、それを4回、こなしましたので日本列島は2周しました。
全都道府県は制覇してまして、そりゃまあ、どうでもいいのですが…。
宿泊はほとんどユースホステルを利用していました。
ある日のどこかのユースホステルのベッドは、3段のタイプでした。
(頭の中ごちゃごちゃ。どこだったか全然覚えていない。)
部屋に入ると右側、左側とも3×3段のベッドで一部屋18人。
太くて実に頑丈そうな木材で、そのベッドは組まれておりました。
さほどビクーリした記憶はないので、一般的にユースホステルでは、
3段ベッドはそんなに珍しくなかったのかもしれません。
(2段ベッドのところはかなり多いです。)

(続く)
Commented by 喜楽院 at 2005-12-09 19:26 x
一つのベッドの空間の上下幅はそんなに狭くなかったので、
3段ベッドの一番上となるとそれはもう、壮絶な高さでした。
天井もかなり高かった印象があります。
与太郎様(初めまして。)のクシェットじゃないけど、2メートルでは
はるかにきかない高さでして、落ちたら確実に死ぬな、と思った記憶は
シカーリ残っています。
さすがに男女、相部屋ということはありませんでした。

山にも登るので、たまに満員の山小屋に泊まることがあります。
男女入り乱れて、雑魚寝に近い状態、しかも刺身の盛り付けみたいな
形で寝なければならない状況に、極まれに、なることもあります。
100人くらいが寝静まった、深夜の大部屋の暗闇の中、
「あんた、何やってんのよ!」という女性の大きな叫び声が
響き渡ることが、これも極まれにあります。


Commented by 紫陽花。 at 2005-12-09 19:46 x
喜楽院さんの臨場感あふれるレポート、今日も楽しかったです。それにしてもいろんな経験されてるのですねー、すごい。

眞紀さん、お母さん、うちと一緒です。うちの母も着物から洋服から手作りします。で、本だし愛用者です。75歳ですが、あの時代の人って化学調味料の便利さに味をしめて使いだした世代ですよね。で、私たちの、健康に関心大の時代へと。。私も、着物はもちろん洋服も手作りしませんが、ダシはちゃんととります。
Commented by 喜楽院 at 2005-12-09 21:09 x
紫陽花。様。
こんばんは。
いつも、お声掛けいただき厚く御礼申し上げます。
私が、いろんな経験?
いいえ。とんでもない。
それが証拠に、こちらのブログは私には、かーなーり手ごわいです。
手持ちのジャンルの狭さ、浅さを痛感しています。
R35系には、特にそう思います。…(^^;
Commented by 与太郎 at 2005-12-10 02:38 x
 喜楽院さま、お初です。K国さん同様、バイクマニアのようですね。私もバイクで北海道一周しようとして自動二輪の免許にチャレンジしましたが、どうしてもとれませんでした。自転車しか乗ったことがないし、当時は教習場で自動二輪の練習をするプログラムもなかったのであきらめました。
 でも、その後、仕事で1ヶ月かけて北海道を一周する事があり、最後にメーターを見たら3000キロありました。バイクで3000キロはかなりきつかったことでしょう。

 その代わり、バイクを買うお金でその当時はまだ珍しいカラーテレビを買いまして、東京オリンピックの時、母が喜んで見ていましたね。その母も今は盲目に近くなって、テレビなしで、点字の読書三昧の生活をしています。

 ユースホステルでは男女ごちゃ混ぜで寝かすことはないでしょうね。でも、私の乗った列車のコンパートメントはフランス人のおばちゃんが同室でした。隣のコンパートメントも日本人のお嬢さんが同室になっていたようです。幸いに?2月で厚着しているせいか、不純な考えは思いつきませんでしたが、夏で薄着だとどうなんでしょうね。
Commented by K国 at 2005-12-10 07:37 x
バイクと車で北海道を除いて日本二周してますが、ユースホステルに
泊まった事が無い、全てテントで過ごしました、バイクの時雨が降れば
橋の下でテントを張りました、安物だったので雨が漏るテントでした
一日ガソリン代以外は1000円と決めてましたので、宿泊代が勿体無かった、その代わり一週間に一二回は民家で泊めて貰えました
泊めてくれなどと言った事はないのですが
道を聞いたりしてると自然に泊めてくれてました、今思うと感謝です
混浴いや混泊してみたかった、うちの離れで宴会の次の朝見ると
寝袋で蓑虫の混泊状態になってますが、笑えます
Commented by 与太郎 at 2005-12-10 10:22 x
 私は仕事で日本中かなりの地域に行きましたが、混浴は九州から北海道まで結構ありましたね。富山の山田温泉などほとんどの旅館が混浴オンリーです。
 これは条例上問題ですが、既得権なのでしょうね。東京の場合、混浴でも良いが、男女別の浴槽も用意することが義務だそうです。どうしてこんな堂でも良いことに詳しいんでしょう。こんな事より何かの条文を一つでも覚えた方が役に立つかもしれないのに。好き者なんでしょうかな?

 しかし、最初は期待するものの、入ってしまえば銭湯と変わらないですね。単に女性が一緒に入っていると言うだけのことです。女性と二人きりと言うことも数回有りましたが、銭湯でおじちゃんと二人きりになった状態と変わりませんでした。鈍いのかな?でも、眞紀さんと一緒だとどういう事になるだろう?不純な考えは除いて、温泉でお酒を酌み交わしナンテ最高でしょうな。でも、こういう芸当って、ある程度の年にならないと難しいんじゃないかな。
Commented by apakaba at 2005-12-11 13:22
ベッドの話へレスです。
喜楽院さん、放置気味でごめんなさいでした。
でも紫陽花。さんがちゃんと反応してくれていたのね!
私もユースはユースだった時代にはよく泊まっていましたね。
あそこはじつに独特の世界ですね。
ペアレントさんとか、独特の言葉があるし。
そういえばユースは蚕棚状態だったなー。

ブログ、手強いですか。大丈夫だ。
どんな話題でもワタクシがついていきますよ!

紫陽花。さん、なるほど、化学調味料が便利だという世代……すごく納得しました。
Commented by apakaba at 2005-12-11 14:05
ワタシと混浴で風呂ですかあ。
湯船でお酒はいけませんね。下手すると死んでしまいます。
Commented by Gina at 2005-12-11 22:51 x
バックは白の方が嬉しい→会社で見るとき黒バックは辛い(笑)です。
Commented by apakaba at 2005-12-11 23:20
Ginaさん、いきなりビックリするなぁ!
うん、わかります。私はいつも自宅で見ているからどんなデザインでもいいけど、あまりにもどぎつい配色とかだと、ちょっと抵抗ある……って話はよく聞きますね。
さっき、ブルーからベージュ(一番はじめのヤツ)に戻してみました。
これは文字も読みやすいな。


<< レノンの命日に、メイプルソープ...      見ちがえるように、きれいになったね。 >>