あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 26日

サンタさん、お手紙をください。

おとといの夜、「コシヒカリ」はサンタさんへ手紙を書いていた。
要求が高度になっている。
ゲームボーイDSがほしいとかなんだとか、無理に決まってるじゃん。
夫はサンタ関係には昔から完全に不参加なので、いつも私が頭をひねることになる。
当然、お財布からもひねり出すことになり、DSなんて無理無理。
女の子が好きそうなブローチにした。

「コシヒカリ」の手紙には、
『あ!サンタさん、お手紙をください。それからはんこうをください。』
と書いてある。
私も、同じことを書いたことがあった。
「コシヒカリ」とちょうど同い年のとき。

モノをもらうだけでは満足できない。
サンタさんと双方向的につながりたい。
そう考え始めるのが、2年生くらいなのだろうか?
私も、サンタさん、この手紙を読んだら返事を書いてくださいとお願いした。

プレゼントともに返事がきた。
思いっきり“共同通信社原稿用箋”と印刷してある、いつも家に常備されていた紙だということにはすぐに気がついたのだが、それはとくに気にならなかった。
新聞記者特有のきたない父の字で返事が書いてあったが、それもなぜかとくに気にしなかった。
唯一気になったのが、最後に書いてあった署名だった。

アメリカ大使館 サンタクロースより

そうなのか、サンタさんって、アメリカ大使館に住んでいるのか!
……アメリカ大使館て……どこ?

「アメリカ大使館は、お父さんの会社の目の前なんだよ。だから会社に行くときに、ついでにサンタさんに手紙を渡せるんだよ。」
と父は言った。
“アメリカ大使館の目の前に父の会社がある”という部分は、本当だった(現在は移転したが)。
だからといって、なぜサンタがアメリカ大使館気付で手紙をやりとりするのか。
サンタはガイジン→ガイジンといえばアメリカ→アメリカ大使館がそばにあったな。名前ももっともらしいし。
当時の父がそうやって連想したのだろうな、というのは、父が亡くなって何年もたってから、私が想像したことだ。

父は子供に対してとんでもなく嘘つきで、真面目な顔で私にたくさんの嘘をついた。
嘘がわかったとき、笑い転げたこともあれば、涙を浮かべて怒ったこともあった。
泣きながら抗議しても、へらへらと笑うだけで父はとりあわなかった。
それがいやで、私は自分の子供にはほとんど真面目な顔で嘘をつくことをしない。
夫もたぶん、そうなんだろう。
だからサンタの片棒を担ごうとしないのだ。

サンタは、だから私が唯一、10年以上子供につきとおしている嘘だ。
3人目の子供が、あと1年たって、もう少しだけ精神的にオトナになったら、ま、降りるかな。
兄たちにばらしてもらうかな。
私が言うより、彼らのほうが上手に明かしてくれるような気がするから。

by apakaba | 2005-12-26 18:14 | 子供 | Comments(9)
Commented by K国 at 2005-12-26 19:23 x
私らが子供の頃はクリスマスの記憶が無い、七夕飾りはした記憶があるが、クリスマスツリーは無い、田舎には情報が入ってなかったのか
一週間後の正月のお年玉の方に気持ちは行ってた
自分の子供たちには定番のケーキを買って、寝静まってから枕元へ
プレゼントを置いて一件落着
子供たちがどう思ってたかは分りません、母親なら分ってたのかも
Commented by PEKO at 2005-12-26 22:32 x
お兄さんたちは、黙ってくれているんですね。兄弟のいるおうちは、サンタクロースの存在を早いうちから、信じていないのかなぁ(上の兄弟たちがばらしてしまって)と勝手に思っていたので、まきさんのお子さんたちのお話は意外でした。
我が家は、去年からサンタさんの為に食べ物を用意しています。
来てくれた証を少しでも残せるように。
今回、そこに娘もお手紙つけていました。
「このチョコレートは、たべれたらたべてください。じかんがなかったら、もってかえってください。」
次の日の朝、プレゼントのみが置かれていて、「おへんじなかった。。。」とひとこと。去年は、だんなの仕事用原稿に私が左手で書いたのですが、今年は、その用紙ではバレルかも?!と思ってやめてしまいました。
面倒くさがらず、他の用紙をみつければ良かったな。。。と後悔です。
我が家のサンタクロースもいつまで続くでしょう。信じてくれている間は、嘘をつき通していこうと思います。娘は、どんな形で知ることになるのかなぁ。
Commented by apakaba at 2005-12-26 22:48
PEKOさん、過去記事をもしもお読みになっていないのなら、ゼヒゼヒ読んでください!我が家のバカ兄貴たちには笑えますよ。ホントに!(各年12月分へ)
食べ物用意って、まるでお盆……ナルホド。こちらからもプレゼントをするんだね。やはり双方向的に関わり合いたいんですよ。
返事の手紙は、書かなくて正解のようにも思えます。
やはり、すべての希望には応えないところがミステリアスじゃないかしら?
サンタも性教育とかも、親は適当にしらばっくれて、適当に堂々としてりゃ〜いいと思います。

K国さん、私が子供のころはハロウィーンはなかったけど、どうも最近の子供はハロウィーンをやりたいらしい……うちでは抵抗していますが。
Commented by たがめいぬ at 2005-12-26 23:50 x
ハロウィーンですか その次はイースターになったりして。

でも 花祭りもお祝いしてくださいね。

甘茶で
Commented by apakaba at 2005-12-27 00:16
ああ、イースターもね。キリスト教系の幼稚園のときはやってましたね。
花祭り、灌仏会(くわんぶつゑ)ですか。
Commented by K国 at 2005-12-27 07:24 x
花祭りは経験がある、水盤のような皿の中に小さなお釈迦様が立っていて、ヒシャクで頭から何度かかけて、拝んでからおもむろに飲んでいた
小学校の低学年だったような気がする
あまり美味しいとは思えなかったけど、厳粛な気持ちになった

ハロウィンね~、気持ちは分る、私もお祭りでお面を被って鬼を何度か
しました、別人になれますからね、鬼は暴れて来いと上から命令が出てますので、パワー全開で暴れました、40歳定年でお役御免になりましたが、ハロウィンの気持ちも似たようなもんかな
Commented by apakaba at 2005-12-27 17:00
花祭りの経験は、ないですねえ。
お祭りはなんでもたのしいですからね。
宗教に無節操な日本ならでは、たくさんたのしめますね。
Commented by K国 at 2005-12-27 17:07 x
日本人は八百万の神で神様慣れしてるので、どんな神様も受け入れる
要素があるのでは、しかし日本人の考え方が一番平和ですよね
キリストにイスラムは異教徒には敵対心が露骨に出る
一人の神様ではチョット荷が重いのでは
Commented by apakaba at 2005-12-27 18:03
多神教は気楽なもんですね。
ただまあ、異教徒同士の対話というのも、活発に行われるべきだと思います。私の好きなダライ・ラマさんなどはよく対話をやっていますね。
とか真面目な話にうつってしまった


<< 『ハリー・ポッターと炎のゴブレ...      今年読んだ本、Best10のつづき! >>