2006年 01月 23日

新しい恋の相手に、一から知ってもらうのは……

とある男性と飲む。
独身だけどそろそろ結婚かな。
順調に、話は進んでいるかな。
こっちは勝手にそう思っていたら、なんだか表情が浮かない。
この相手でいいのか、いまひとつ踏ん切りがつかないらしい。
そのうちに相手から徐々に外堀を固められていき、だれが見ても“もうあの人との結婚はキマリでしょ!”っていう状態になってしまっているようだ。
よくある話……といってしまえば身も蓋もないんですが。

私は彼が好きだがお相手の女性のことは全然知らないので、べつに友だちである彼さえ幸せになってくれればこちらとしてはそれでうれしいから、
「迷いがあるんだったら、相手には気の毒だけど距離を置いて見直してみてもいいんじゃないの?あなたにもっと合う女の人が、どこかにいるかもしれないよ。」
とか言った。
まあこれも一般的な忠告のコトバ。
私がびっくりしたのは、彼の返事だ。
「それもそうだなってわかってるんだけど、新しい相手にまた出会って、また一から自分のことを知ってもらうのも、それはそれでめんどくさい。」

なんてこったい!!

そんなんでいいのか、まだ私よりもず〜っと若いのに!!
長いつきあいで、自分のことを“わかってくれている”人がいつもそばにいるのって、もちろんいいと思う。
(関係ないけどRCサクセションの曲であるでしょ“君が、僕を、知ってる〜”という名曲。アレの心境ね)
でもほんとにそれは“わかってくれている”のかなあ?

私は18歳のときから夫と仲のいい友だちだった。
幼なじみモードといってもいいくらいだ。
それでも、結婚式当日の朝、電話で最後の打ち合わせのようなことをやりとりしているうちに、なぜかケンカになって、私は泣いてしまった。
結婚まですると決めたのに、というかあと何時間かで結婚式をするのに、それでもまだこんなつまらないことで言い合いをするなんて、“わかりあえてない”じゃない。だめじゃんこんなんじゃ。

婚約者は言った。
「あのなあ、君はもしかして、人間というのははじめから“わかりあえてる”ものだという前提を持ってるんじゃねえのか。だからちょっとでも思いどおりにいかなかったり、ぶつかったりすると、すぐにそうやって悲しくなっちまうんだろ。逆だよ。人間はもともとわかりあえないの。わかりあえていないから、“わかりあえた”と感じられたときにそれだけうれしくなるものなの。ワカッタ?」

よく考えるとうまいこと言いくるめられたみたいだけど、そのときぱあっと心が晴れて、涙が止まったのだった。

恋の相手とか、結婚相手の話ではなくても、新しい出会いを面倒だと感じるのはとてもさびしくて残念なことだと思える。
私は初めてだれかと会う、というのが大好き。
一から知ってもらうのも好きだ。
まあたいていは自分の話などしないで終わることがほとんどだけど、会って顔を知ってもらうことじたいとても意義深いことだと思うので。『面通し』っていうでしょ。
なにより、合う人とは、知り合ってからの長さは関係なく、「そうそう!」「やっぱり!?」と、“わかりあえた”と感じられる瞬間をたっっっくさん持っているものだから。
だから新しい出会いを「面倒」だなんてさびしいことを言わないでほしいのです。
あなたの幸せな人生のために。(読んでいるかなー。)

by apakaba | 2006-01-23 12:32 | 生活の話題 | Comments(24)
Commented by 紫陽花。 at 2006-01-23 15:45 x
難しいねえ。 愛と勢いで結婚してしまった私には考える余裕がなかったから。周りを見ても、悩んでいた友だちはいたな~~。「やってみなければ分からないじゃない」とのアドバイスで結婚した友達は結局離婚してしまったけれど、飛び込んでみて上手くいっている人もいるから人生は分からない。結婚する人生と結婚しない人生を見ていても、これは100%結婚している方がいいと言える私はつい誰彼となく、「結婚」を勧める態度につい出てしまうのですが、本人の問題だから、これは誰とでも結婚さえすればいいってものでもないしね~~。

自分が相手と本当に一緒に暮らして行こうと思わない限り踏み切らない方がいいとは思うのですが。。迷いは相手にも失礼かも知れない。。

あと追加ですが、どなたでも新しい友人との出会いをこんなにも楽しんでいるのは、眞紀さんの一つの才能ですね(感嘆しております) ただし、「愛してます!結婚して下さい!」を乱発しませんよーに(^^) 
Commented by 那由他 at 2006-01-23 16:33 x
私も、新しい出会いは好きです。新しい発見があるからです。
わかり合えた!という瞬間は嬉しいものです。
でも、自分と違う考え方の人に出会ったとき、その相手の考えのプロセスに沿って、理解したいし、そのうえで、自分が納得し共感するか、やはり違う考えだと思うか、それはわかりませんが、その人から影響をうけることも、嬉しいことだと思います。
私は、違う意見を聞いて、その時は理解できなくても、後から『あぁ、あの人が言ってたのは、このことやったんかぁ。』とわかることもあるでしょうし、(わからないままにすぎてしまうこともあるでしょうけど)その時が、また、楽しみです。
自分以外の人をわかりたい、わかり合いたいという気持ちはいつもあります。
すぐに共感できれば、それは幸せなことですが、共感できなくても、その人の考えの筋道がわかるだけでも、嬉しい事だと思います。
ただ、感性だけは、理屈ではないので、そういう感じ方もあるんだなという、そのことの発見だけでも私には十分です。

Commented by K国 at 2006-01-23 18:14 x
大まかな所が納得できれば良しと、後は一緒になってから調整しないと
育った環境が全く違う男女が一緒に暮らす訳ですから
最初からうまく行くはずが無い、二三年してくると徐々に分ってきて
何十年もいますと主語述語が抜けても通じる所もあります
一生付き合ってもハンブン分かれば良いとせねば
Commented by apakaba at 2006-01-23 18:19
新しい出会いに対して前向きかどうかって、結局自分に対して前向きがどうかって気もします。
出会いに関しての見方は那由他さんとまったく同じですね。

紫陽花。さん、そんなに愛してますを乱発してたっけ?
愛してますデフレしてるかな。言ったそばから忘れてる……というかそう感じた瞬間に思うより先にもう口から飛び出てるじゃん。
ナンテうそうそ、書きはするけど口からは言いませんよ。
残念なことに愛する相手にほど、言わないですね。苦手なの。
言われるのは好きよん。うひ。
Commented by apakaba at 2006-01-23 19:40
さっそくちょっぴり補足。
新しい出会いをおっくうだと感じるのは、時期的なものもあると思うし、それがよくないと言ってるわけじゃないです。
私もそういうときがありました。
惰性でつきあってる相手がいて、どう考えてもほとんど好きじゃないんだけど、「また一からつきあい始めるのも面倒だなあー。だからこのままでいいかー」みたいなこと。

それはそれで、「どうしてなのかなあ」って内省する時期なのかもしれない。
Commented by 那由他 at 2006-01-23 21:58 x
新しい出会いの時、最初は、相手に未知数が多いので、私は、どうしても臆病になり、自分を小出しにしかだせません。
私はあるサークルに入っていますが、今はもうほぼ10年の付き合いの仲間達とも、最初の頃は、手探り状態でした。
昨日、たまたま「しゃべり場」という番組を見ていたら、クラスで浮いてしまって仲間に入っていけないという女子高生が道場破りとして、出ていました。
人との繋がりを築くのは、デリケイトなことで、難しく、また面倒だと感じるかもしれませんが、縁ができた時の嬉しさを思えば、手探り状態でも、お互いに求め合えば、なんとかなるものと思います。
Commented by apakaba at 2006-01-24 09:42
10代しゃべり場ってやつですか。
あれを見てると、ほんと、若い子もものを考えている子は考えているんだなあと思えますね。

私も若いころは人を寄せ付けないところがある、とよく言われていましたが、いまではすっかりマインドが全開です。大人になるのは愉快です。
Commented by マツイ at 2006-01-25 00:52 x
また一から自分を知ってもらうのは面倒。
それ私の友達も言ってました。
だからその子は友達から彼氏になるのが理想だそうです。
私の場合、友達は友達なんで、恋愛に発展することがまずないので、
よくわからなかったんですが。
Commented by apakaba at 2006-01-25 10:43
マツイさん、もしかして若い人ほどそう思っちゃうのかしら。
かえって、だんだんそんな気がしてきました。
若いころのほうが、自意識が内側に向いて、外へ解放されていないというか……トシがいくと逆に図々しくなり、自分や他人に対して肯定的になり、新しい出会いに抵抗がなくなるとか。
しかし、友だちから発展しないとなると、マツイさんは電撃的な出会い(会った瞬間に恋に落ちる)しかないではないですか。
Commented by ミケ at 2006-01-25 13:07 x
私は新しい出会いが楽しい時もあるし、しんどい時もあります。
しんどい時は他者を受け入れる心の余裕が
自分にない時なのかも、なんて自己分析してみたりして。

Commented by 紫陽花。 at 2006-01-25 14:27 x
私も数年前までは新しい出会いはもういいやと思っていました。で、インターネットの世界が開けて、また新しい出会いがぱあっと世界を広げてくれました。ただ今でも、充分おそるおそるドアを開いている感はあります。「しんどい時は他者を受け入れる心の余裕が自分にない時なのかも。」・・そうばかりではなくて、他者を誰でも受け入れるのには用心はするべきだと思いますよ。 
Commented by apakaba at 2006-01-25 14:30
あとでいやな思いをしないよう、十分注意したいと思います。
Commented by K国 at 2006-01-25 15:47 x
知らない人に出会うって言うのはワクワクするのですが
全く自分を知らない人のほうが、先入観が無くて人と人の中身だけで付き合える気がする、キャンプなんかで知り合うと名前も知らないまま友達になって名もつげづに別れて行く
生きてる間に如何に数多くの人と知り合えるか、数じゃなくて質でしょうが
アパカバは少数精鋭で皆さんそれぞれ個性的で凝縮された仲間です
人生の掘り出し物でした
Commented by apakaba at 2006-01-25 17:58
ここ何年も海外へ旅行に行っていませんが、旅先で出会う人ってやはり格別です。同じ旅先へ来ているという時点で、もうすでにポイント高いんだけど、あの楽しさは日常の生活動線上に決して乗ってこないからこその楽しさなのかもしれません。
あぱかばは実は少数ではなくてロムのかたがいっぱいいるんですけど、たしかに書き込む人は少ないですね。
この少なさでこれだけ回転していくのも大変なことだと思います。

>人生の掘り出し物でした
過分なおコトバ……

ミケさん、日記の新作をひそかに気長にお待ちしておりますの。
Commented by ミケ at 2006-01-26 09:11 x
しょーもない話を書き散らかしているだけの日記なのに、
待っていただけるなんて、ありがとうございます~(T▽T) 
昨日更新したのでお暇な時に寄っていってください♪


Commented by apakaba at 2006-01-26 11:10
更新は、やっぱり心待ちにするものですよ。リンク張っている方は特に。
(私って意外とリンクがすごく少ないと思いませんか。デブショウなんです。)
Commented by ミケ at 2006-01-26 12:13 x
私も、旅行記の更新をひそかに心待ちにしておりますの。(^^)

デブショウですか、私から見ると軽やかなイメージがあります。
Commented by apakaba at 2006-01-26 21:03
きゃあああっ!そりをいわないでくり〜〜〜〜。
ブログは一本書くのに15分〜30分くらいですが、旅行記は数時間必要で、その「まとまった」「しらふの」数時間、と捻出するのはなかなかに至難です。
軽やかそうに見えますか!
すっごいデブショウですよワタシ。
基本的には主婦なので、仕事がなければ何日もお化粧もせずに家から出なくても平気だし、ネット界でもぜんぜん挨拶回りしないし。
気に入ったところは見に行くけどあまり書き込まないし。
発言は軽々しいですね……
Commented by マツイ at 2006-01-27 00:08 x
>しかし、友だちから発展しないとなると、マツイさんは電撃的な出会い
>(会った瞬間に恋に落ちる)しかないではないですか。

どちらかというとそうですね。
電撃的にはじまり、電撃的に終わります。。。(ToT)/~~~
Commented by apakaba at 2006-01-27 17:28
あっ……もう泣いてる……っ
Commented by のこのこ今だネット難民 at 2006-01-28 19:06 x
はっ!「わかりあえてうれしいっ!」
とかあんまり感じたことないかもー。
私ってホレ、典型的な「俺はジャイアン」だから。

基本的に人が好きだしわりかしひとなつこく壁作らず接するからそれで「ワタシを」わかってくれない人はもう、しょうがないや、ってなかんじで。

でもこの人の「一からめんどい」ってのは、単に彼女が好きなんだけどそりゃ人間だからいろいろ不安なこともあってぐちぐち愚痴ってるだけであって、新しい出会い億劫って思ったら悲しいぞ、とか思いやってあげるほど大それたことじゃないんじゃないかと。
そして、その人結果的にいつまでもうだうだしてるんならやっぱ「ダメなもんはダメなんだよ、結婚なんてよせよせ。」と、これまた超シンプルなことしか思いつかないのですわ。

でもいいなー。でき婚だと悩む余地ないからさー。「ワタシ運がいいよきっと!」と運を天に任せるのみ。
Commented by apakaba at 2006-01-28 22:07
のこのこさん、ネット難民でもワタシの恋愛系バナシには反応してくれるのね、うれしいわ。
コドモは、「つくった」よりも「できた」ほうが絶対いい、とワタシも思ってる。
だって3回とも……ああ、これ以上は……
Commented by 那由他 at 2006-01-29 18:16 x
>コドモは、「つくった」よりも「できた」ほうが絶対いい、とワタシも思ってる。

私は、ちょっと違っていて、子供は「つくった」、「できた」というのではなく、「授かった」と思ってます。
その割には、子育てで、ああだ、こうだと悩んだりするんですけどね。

Commented by apakaba at 2006-01-29 18:58
そうです「授かった」ですよね。ぐっと美しい言葉だ。
でも子供って、ああだこうだと悩んでも、「いないほうがよかった」とは決して思わないですね、あれはすごく感情的に吹っ切れていますね。
「いないとどうなったかなあ、私の人生」とかも、あんまり考えなくなりました。


<< 「アサヒカメラ」2月号をめくってみた      センター試験に関連して——入試... >>