あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 12日

ウルフルズがええねん。

カラオケでは男性ボーカルの曲しか歌わないから、福山雅治とか、GLAYなんかはけっこう自信があるけど、ウルフルズだけはダメだぁ。
あの声は真似できない。
トータスの、男っぽい太めの声、大好き。
しゃべってる声も好きだからJ-WAVEのOH!MY RADIOもいつも聴いています。

ウルフルズの曲は、トータスの声と同じく、野太い。
歌詞に飾り気なく、とことんダサい。
あそこまでダサいとカッコイイ。
「イエーイ 君を好きでよかった このままずっとずっと死ぬまでハッピー」
「お金より 見た目より クルマより 心意気 やっと見つけたよ お前 いい女」
「どの街まで行けば君に会えるだろう」
ラブソングは一直線な言葉を歌い上げる。女ならぐっときます。
「ガッツだぜ!」「お前のことさ」「暴れだす」「バカサバイバー」なんかも、うまい作りしてるなあ……と思う。

うちの子供3人そろって、ウルフルズの大ファン。
まだ恋を知らない子供にも、やがて『この気持ちはなんなんだ!?あ、そうだ、ウルフルズの歌にあった、あれだー!あんな気持ちだー!』って、ばっちりはまって気がつく日がくるだろう。
その日のためにウルフルズが用意されている……想像しただけでうれしい。
いま耳にするのは、ひょろひょろな日本の若いモンの音楽ばかりだけど、でもまだウルフルズがいる。
太い存在を持ったバンドが。

by apakaba | 2006-02-12 13:28 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(6)
Commented by ひまわり at 2006-02-12 14:45 x
私もウルフルズ好きですよ。トータスの声も好きだけど、やっぱり
あのストレートな歌詞が心に響きます。
(このあたりはブルーハーツも通じるところがあると思うんですけど。)
こういうタイプのバンドが出てきてくれることを願っているんですけど、なかなかいないですねぇ。
Commented by apakaba at 2006-02-12 16:14
なるほどブルーハーツも野太い系ですねえ。
私ね、もうお年寄りなんで、とにかくクラブ系、ヒップホップ系、ダンス系、ぜんぜんだめなんですよ。ラジオでかかっていても消しちゃうし。
ひまわりさんのお好きなバーバルさんは、音楽はそんなわけでどーも相容れないんだけど、ラジオのロングインタビューが可笑しくてねえ。
彼って結構お坊ちゃんだったのかなって感じがして。
すごく愛妻家なんですよね……てどうでもいいんだけど。

ウルフルズの歌詞はほんとにダサカッコイイですね。
なんだかんだきれいな言葉で小理屈こねてないで、好きじゃあああっとあんなふうに叫ぶのが結局、オトコの王道ですね。
Commented by マツイ at 2006-02-12 19:22 x
私はウルフルズの大阪ストラットという曲がけっこう好きです。
どうでもいいけど、私の好きな大阪の中津にあるアジアンカフェで、
昔、トータス松本がバイトしてたそうです。
ここ↓
http://www.mmjp.or.jp/cante/
Commented by apakaba at 2006-02-13 09:08
さすが大阪人のマツイさんはセレクトがちがうね。
「大阪ストラット」の世界は、私にはまっっったくワカランかったですねー、きっと大阪の若いモンには、地名とか「そーそー!」って感じなんだろうなあ。
歌(てか語り)のなかに「昔バイトしとってん」みたいなセリフが出ますね。
あ、これを書いてたらたったいま!「サムライソウル」がラジオから!
すごいすごい。
これもじつにコテコテな歌だなあ……
Commented by たがめいぬ at 2006-02-13 12:34 x
ブルーハーツ 初めて聴いた時はビックリしました。

こんなのありかよ~ って言うのが最初の感想。

そうか かっこ付けないのがカッコいいんだ!! でしたね。

いっとき ユニクロのコマーシャルで 川の流れのようにを歌っていたトータス かっこよかったな~
Commented by apakaba at 2006-02-13 13:52
なんかねえ、美しいメロディーときれーな歌詞、みたいなのって響かないの。スピッ×とかミスチ×とか、ぜんぜんだめなの私。
スクープオンサムバ×とかゴーイングアンダーグラウン×とかトライスラトップ×とか、若いヒトはもー、言わずもがななんだけど(伏せ字なのでなんのことかわからんでしょうが)

うちの子供たちはトータスのことをはだけつよしさんと呼んでいますが、私はかっこええと思っている!


<< ブログ旅行記スタートします。1...      私の知らない本 >>