2006年 03月 08日

いい心霊写真

朝から小学校で、ペープサートの練習。
私が今年度に登録している図書ボランティアで、年度末のおたのしみイベントとして、ふだんの読み聞かせではなく、ペープサート劇をやることになった。

以前に子供のため、親のため(“ペープサート”の説明も書いてあります)という記事のなかでも書いているとおり、ほとんど取り柄のない私だが劇でセリフを読むのはかなり自信がある。
「いい声してる!」
「ほんと、いい声出るねえ!」
と驚かれるので得意になる。
ふだんは目立ちたがりではないんだけど、劇になると人格が変わるので、一番目立つ役がいいし、観客が多ければ多いほど、やる気が出る。
来週の本番が楽しみだ。

昨年末にも図書ボランティアで人形劇を演じたが、私は都合がつかず不参加だった。
ひとりのお母さんが、そのときの写真を取り出して思いがけないことを言う。

「この写真見て。オーブなの。」
私はオーブという言葉を知らなかったのだけれど、写真に写る球体のことだという。
「はああ?なにが写ってるの!?」
「光の玉みたいな、丸くて白い影がいっぱい写ってたの。劇が終わった後にみんなで集合して撮った写真……特に“小僧さん”の人形の周りには、光の玉がワーッとぎっしりかたまってるの。」
メンバーが写真をのぞきこむ。
私も見せてもらった。
ほんとだ!シャボン玉みたいな、まんまるな半透明のものがたくさん写っていた。

「これってこれって、ななななんかこの劇でなにかの霊を怒らせちゃったのかしら?!」
私が怖じ気づいて聞くと、持ってきた人は、
「ううん、そうじゃないんだって。霊に詳しい友だちに見せたらね、これはいいオーブなんだって。子供たちが劇をすごく楽しんでいたから、この場にいい“気”がいっぱい集まって、それで写ったんだって。」
「はぁぁ、そうなのー。ヨカッタ……」
「だからこの写真は、子供たちが喜んでくれた証拠なのよ。」

子供のなかには、光の玉が見える子もいるという。
「あっ」とか言いながら玉をよけて通ったり、当たり前のように霊と共にいるとか。
年末の人形劇の会場は、光の玉が風船みたいに飛び交っていたのか。
大人には見えないのに、ファンタスティックな光景だな。

来週のペープサート、いいオーブが写るでしょうか。
記念写真の、ワタシの周りにだけ玉がぜんぜん集まってくれなかったら、……イヤだ〜。
もっと練習しよう。

by apakaba | 2006-03-08 14:23 | 生活の話題 | Comments(8)
Commented by 那由他 at 2006-03-08 17:53 x
大学生の時、サークルで人形劇(ギニョール…立ち使いの人形、ハンドパペット…パペットマペットみたいなのなど)をやってたので、そのころのことが、思い出されました。
子供達の熱心に見入る瞳や、一つの作品が出来上がっていく達成感、わかります。
ペープサートでは、古典ともいうべき、「日天さん、月天さん」をやりました。
オーブについても、去年だったか、あるミュージシャンのサイトで、紹介されていたので、こちらでその話題が出たのが「偶然に見える必然」(最近このことが友達との間で話題になってるので)なのかなと思いました。
皆さんの回りに、オーブがたくさんよってくるといいですね。
Commented by ogawa at 2006-03-08 22:26 x
「オーブ」ですか、ドラクエとかRPGをやっていると、よく出てくる
アイテムですね(^^;;
眞紀さん、主役の声でセリフを喋り、進行していけば
良いペープサートになるでしょうね。
それを見に行けないのは残念ですが。
いいオーブが写りますよ・・・きっと。
Commented by apakaba at 2006-03-08 23:43
那由他さん、偶然に見える必然は、年とともに感じずにはいられなくなってきますよね。やっぱり、人間は有機体なので、なんかしら周りの事象を引き寄せたり寄せ付けなかったり、周りに影響を与えたりしているんだと思います。ふだん自覚がないだけで。

ogawaさん、写真を撮る人にいわせれば、オーブなんて光学的な問題でしかなく、なにを騒ぐことがあるんだ、それよりレンズ磨けと片づけられてしまうことでしょうね。これはまあ、どこまで本気でどこからうそん気なのかテキトーに判断いただくということで。
来週月曜なので見においでなされ。
ただしワタシは声だけの出演なので上演中の撮影はできませんが。
あとの記念撮影でogawaさんが撮ってもオーブは写るんだろうか……(むしろレンズ磨いているのか!?と問題になりそうじゃ!)
Commented by 紫陽花。 at 2006-03-09 07:07 x
オーブ、初めて耳にした言葉でした。なるほど。霊感が強くないので何も感じませんし、感じたくもないし。小心者で、一人寝ができないから一人旅も今だ怖くてできないのですが。だって、ホテルで一人で寝ていたらきっと部屋の隅にお化けが立ちそうな気がして・・。

眞紀さんのアルトの声、演劇をやっていたとのことですから、よい人形劇になることでしょうねー。私は、自分の声をテープレコーダーを通して聞いたときはゾゾッとしたものです。
Commented by K国 at 2006-03-09 07:40 x
姐さん日帰りの理由はそういう事だったのか、納得
私は霊感が無いのか、鈍いのか旅行で誰もいない所を一人テントで寝てても何もあった事が無い、幽霊でも美人なら出てきて欲しいけど出ない
一度別府の山奥の露天風呂(囲いも何もアリマセンし無料)5月の夜に入ってたら蛍が飛んでいた、温泉熱で速く孵ったんだろう(人魂が出ると噂の場所)蛍を人魂と勘違いしてるのかなと思った
数限りなく野宿やキャンプに行きましたが、未だに経験なし
Commented by apakaba at 2006-03-09 08:24
一人で旅行をしていたころは、夜は一人で寝ていましたが、おばけが出るかとか考えたことがないです。他に考えることがいっぱいあって、おばけにまで思い至りません……行ってしまえばそんなもんじゃないかなー。

ふだんはアルトですがコーラスだとソプラノパートに入ったりする。
高い声も出るんですよ。女性は低めの声のほうが好きですが。
Commented by 満腹ボクサー at 2007-05-15 12:28 x
>偶然に見える必然

いい言葉ですね。10数年会っていなかった男友達に手紙を書いたら、その奥さんも同級生だったので彼女がネットで自分のことを話題にしてくれ、そのブログの以前の記事を通して読んでいたら中島らもの名があったので強引に神木隆之介君の話題に持っていき、それとは別に、ふと李闘士男監督のことをネットで検索していたら「ぴよ」さんという人が神木君を絶賛していて、その「ぴよ」さんは、10数年会っていなかった男友達の奥さんが書いているブログの常連さんだったことが判明した、なんて例も「偶然に見える必然」なんでしょうね。
Commented by apakaba at 2007-05-15 21:57
まーぴよさんはその筋では有名なお方だからなあ。
というかネット界は狭いよ、こわいよ。悪いことできないわ。


<< 1990年の春休み.10 パキ...      1990年の春休み.9 パキスタン篇 >>