あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 21日

ディズニーランド、集団デート?の顛末

きのうの日記に書いた「ササニシキ(中2)」が、ゆうべ11時になっても帰ってこない。
中学生のくせにふざけるなと思っていると、『アクシデント発生!』の携帯メール。
「あとで話すけどまだディズニーランド。でも○○(友人)の親がいるから大丈夫」の文面で、初めて保護者がいたのねと知る。
私がイメージしていた集団デートの様子とは、だいぶちがっていたような。

それから眠いのをがまんして起きて待っていたがちっとも戻ってこない。
帰ってきたのが午前1時10分すぎだった。
夫は無益な殺生を避けたいらしく、先に寝てしまった。
ここまで遅いと「なにやってたの!」とかどなっても意味がない。
説明しなさい、と事情を聞く。

なにをどう叱ったらいいのか迷うような出来事だった。

閉園まぎわに『スペース・マウンテン(暗いドーム内を走るジェットコースターですね)』に乗ったら、整備不良とかで、下降が始まる直前に停止してしまった。
コースターに乗ったままで何十分か、待たされた。
そして電気がついたままでとりあえず1回走った。
そのあと、スペース・マウンテン本来の楽しさを味わっていただいていないのでとかいう説明をされ、もう1回、ちゃんと暗くした状態で、乗せてもらえることになった。
そうしたらこんなに遅くなってしまった……十数人のメンバーがいたが、一人も欠けずに残った。
誰かが遅いから帰ると言っても、女子たちが盛り上がっていて、帰ろうとする人を引き留めてしまう。
この時間になってしまったら、一人で帰るのはかえって危険。
保護者もいるしということで、みんなで帰ってきた——。

……山中の遭難みたいだな。
友だち数人で行っていたなら、どんなことをしても帰らせるところだが、この状況ではこれ以外にはなかったかな。
「事情が事情だから今回だけは許すけれども、二度とないようにしなさい。」
と言って寝かせた。

私も反省した。
メンバーをほとんど聞いていなかったし、お友だちのご両親が引率してくださっていたとは初耳だった。
親二人で、十数人の子を真夜中に連れ帰るなど、あってはならないし万が一のことがあったら、責任の所在がどうなるのか。
そのご両親も、子供の集団を前にして、帰るとは強く言えなかったのだろう。
もしも私だったらどうしていただろうか(まあそもそも引率なんかしないんだけど)。

中学生は難しい年代だな。
私は子離れが早すぎるのかもしれない。
息子が中学生になるとき、もし地方の私立校に入って寄宿舎生活、なんてことになったら、気楽でいいねぇ、たまの休みに顔を見るくらいでちょうどいいやとか思っていた。
あ、そのような受験はしていませんが。
子供を信頼しているのはたしかだけれど、やっぱりまだ子供だ。
帰宅時間の約束とメンバーくらいは、聞いておくべきだった。

今日の「ササニシキ」は12時半まで眠っていて、1時から小学校の同窓会へ出かけていきました。

by apakaba | 2006-03-21 14:45 | 子供 | Comments(19)
Commented by のこのこ at 2006-03-21 15:34 x
う~んコレってまさしくハプニングで、誰が反省するって問題でもなさそうな。。。遅いとはいえ連絡も入ったことだし。
ただ無事に帰らせてくれた引率の方達によくお礼を言っておけばいいのでは??? 

しかしコレ、意味わかんない~。

>そのご両親も、子供の集団を前にして、帰宅が夜中になるなど許されないことだから帰る、とは強く言えなかったのだろう。

なんで帰るって強く言えなかったんだろ?
最初から帰りの時間を決めておくのって子供でも常識なんじゃ?
せめて夜8時ごろに帰るよ!と引き上げれば10時ごろには家につけるし自分達の責任にならずにすむのに。 謎だわ。
Commented by ogawa at 2006-03-21 16:41 x
顛末というには、現場の状況が見えるようで見えないなぁ。
眞紀さんもそうだったでしょう。
ともかく無事帰ってきて良かった・・・としか言えないですね。
判断、難しいなぁ。

先ほど神戸から戻ってきて、娘はこれから3年のクラス全員で
焼き肉屋で宴会(もちろん酒無し)をやるそうです。
元担任の先生もくるそうですが、中学生が30人焼き肉屋で宴会とは
卒業したことでハメを外さなければいけど。
Commented by K国 at 2006-03-21 20:27 x
さすが都会はそんなに遅くまで営業してるんですね、帰ってこれる
交通機関があるのも素晴らしい、最終電車が11時の田舎では後は
タクシーしかない
中学生が午前様は遅すぎる、そんな時は問答無用で怒るべきと思う
明るいうちから行ってるのだから子供は暗くなったら帰る
そうしとかないと、だんだんエスカレートするかも知れない
一緒に行った親がいたなら、号令一発で帰さなきゃ
とにかく何も無くてよかったけど、危ない危ない
Commented by マツイ at 2006-03-21 22:22 x
本当、ハプニングでしたね。
でも帰宅1時過ぎってあまりにも遅いような。。。
とにかく無事でよかったです。
Commented by 喜楽院 at 2006-03-21 23:09 x
22時を回ってますので、当然ケムール人と化してします。
三谷様が期待される「本来の趣旨」とはかけ離れた内容ですみません。

ジェットコースターなどという、まともな神経の持ち主であれば
まずは乗らない類の遊具がありますが、結構、喜楽院は
娑婆中のソレを片っ端から乗らなきゃならない習性がありまして。
好きなんです。

TDL開業当時、スペースマウンテンに乗って驚いたのは
「なんら変哲も工夫もないジェットコースターに、天幕、つまり、
覆いをつけて暗くすること」によって、あれだけの恐怖感を
演出できる、ということに対して随分感動した記憶がございます。
その当時日本屈指の実力を誇る「河口湖の富士急」や
「那須ハイランド」あたりのコースターよりは、恐怖感は上、と感じました。
しかし、後年、富士急の『フジヤマ』。
史上最恐レベルのコースターが出現いたします。
これは凄い。乗ってみて驚いた。
いい大人である、しかも経験豊富な私が泣き叫びました。
乗車中、ずっと「止めてくれ~。」と絶叫していました。
乗ったのは昼間のでしたが、夜間営業のポスターが
貼ってありました。
(続く)

Commented by 喜楽院 at 2006-03-21 23:11 x
ちょっと待て。「フジヤマ」の夜間営業だと?。闇の中で?。
もし、スペースマウンテンごときのコースターで、かつそれが
陽光の下、オープンエアな状態で恐怖レベルが「1」で、
天幕の中、暗闇において仮に恐怖感が3倍に増殖され、
レベルが「3」になったとしてもだ、その恐ろしさは
昼のフジヤマには到底、及ばない。
では、夜間のフジヤマの恐怖感とは、一体どれほどの
ものになるというのだろう?。

そのフジヤマの増殖された恐怖の、ナイトランの実力って
どんなん?
想像も出来ない。
Commented by apakaba at 2006-03-22 00:32
午前様バナシにコメントありがとうございます。
のこのこさん、今回は、私も事前の約束事をきっちり決めておかなかったのがいけなかったと思いました。
携帯を持たせていると、どうしても細かい連絡や約束事がルーズになりがち。
でもそれって大人同士だからなんとか回っているだけなんだよね。

ogawaさん、この前、塾からちっとも帰ってこない!バカタレ!という話をしたと思うけど、ほんと、帰らない子供を待っているのってアタマ来ます。
帰るに帰れない状況とか事情とかがあるのはわかるので、頭ごなしにはしないようにしているけど、やっぱり親は決していいよいいよとは思っていないってわからせないとね。
しかし焼き肉屋で宴会とは、なんだかやることが自分の世代より3年くらい早くなっているような……ワタシは高校生からだったぞ!かちかちな冷凍肉の焼き肉屋で打ち上げ。予約するのに、店には「横浜国大です」とかウソばっか言って。ぎゃはは!

いったん。
Commented by apakaba at 2006-03-22 00:42
つづき。
K国さん、問答無用でぶん殴るのは、人として道を外れたときのために一応、とっておいています。
自分が引率していれば対処も変わってきたと思うのですが、まあ、私が事前の取り決めを知っていなかったことがいけませんでした。
二度とないようにします。子供にも約束させました。

マツイさん、遅いでしょ!遅すぎるよ!!
ワタシだってフツーに飲んで帰ってくる時間が……うーん、何時だっけ。
いや、大人と子供はシバリがちがいますよね。
私は大学生のころ、門限は12時でした。
12時過ぎると、母親が(父は早くに死んだので)じとーっとウイスキー飲みながら待っていてすごく怒られました。
私もその年になりつつありますわ。

喜楽院さん、ぎゃ!出たなケムール人。
男のほうが、コースター系こわい、高い所コワイ、という人が多いような気がする。
女ってぎゃーぎゃーいうわりには平気なんですよね。
喜楽院さんはコースターが好きなんですね。
フジヤマよりドドンパだ、と、妊婦臨月の某奥様が言っていましたが。
私もコースター系は得意なほうです。
でもさすがのケムール人の文章力で、なんだかフジヤマ(未体験)がとてもこわいような気持ちがしてきたぞ!
Commented by のこラクダ at 2006-03-22 05:29 x
弁当作って見送りしてココ見たら。

ふにゃ〜ん私が世界最高と賞賛してるのはドドンパじゃなくてフジヤマですっ!
これだけは譲れないゎ!あいらぶニッポンあいらぶフジヤマ。

しかしそのナイトラン、乗りたい。乗らなくては。
スペースマウンテンはつまんないコースとそこそこのコース二種類あるけどまあホントにコースターとしてはたいしたことないよね、うん。
Commented by 喜楽院 at 2006-03-22 05:43 x
のこラクダ様。初めまして。
おはようございます。まあまあ早朝から、お疲れ様です。
コースターのコメント、有難うございます。
話をちょいと本題の『門限』の方に戻しますね。

喜楽院、中学3年。春。(30年前かい。)
19:30に始まり、21:00に終了する「学習塾」の授業の終了後、
当時つきあっていた?、同じ受講生の女子生徒と、
すぐ近くの小学校のプールサイドまで行って、それぞれ
飛び込み台に座り、22:00くらいまであれこれ話し込んでた。
(ま、いわゆるデートみたいなもんだろか。
ですが、いやらしい内容は一切、ございません。)
内心、ずいぶん遅くなってる、まずいな、とは思いながら。
話がはずんでいる中、1台の灯火をつけた自転車が近づいてくる。
彼女の父親だった。
(続く)
Commented by 喜楽院 at 2006-03-22 05:47 x
彼は、隣にいる私の存在になんの気をとめることもなく、
彼女の前に進み寄り、罵声、怒号とともに
いきなり平手で2発、彼女の頬を打った。派手な音がした。
そして私になんら声を掛けることなく、彼女を連れて行ってしまった。
帰宅が遅い娘を、血眼になって捜し回っていたであろうことは、
ボンクラ中学生の頭でも容易に想像出来た。
教えられた、と素直に反省した。

とても勉強ができた彼女。その後喜楽院と同じ高校に進み、
いつぞやの定期試験の「物理」において、喜楽院が総力を挙げて
臨んだにもかかわらず、人生最初で最後の、屈辱の「0点」に
終わった試験で(平均点20点台。)、ぶっちぎり学年首位の83点を
たたき出し、某国立大学へ進んだ彼女は、その後どうして
いるのだろう。
一度、会いたいものだと切に願っています。
向こうも私以上にそう思っているでしょうけれども。(^^
Commented by apakaba at 2006-03-22 07:37
早起きだなあ……5時台にキーボード打てるってスゴイぞ。
のこのこさん、ワタクシまたウソを言ってしまいました。
ごめんなさい、あんまり区別ついていませんでした。
待てよ、あれ、のこのこさんじゃなくてのこラクダかよ。
ごめんなさい、あんまり区別ついていませんでした。

喜楽院さん、絵的にはすっごくロマンチックでステキー。
人間、水辺で語らいたい習性があるものなのかしら。
いま「ササニシキ」が行っている塾は、6時半から9時半までの3時間ぶっとおし、いつも居残りで10時半くらいまでやっているので、帰宅が11時くらいになってしまいます。
なので平日はデートなどぜんぜんできそうにないです。
Commented by 紫陽花。 at 2006-03-22 08:45 x
今朝は4時半に起きてしまった。早朝覚醒・・私は老人性のものかと。

喜楽院さん、「向こうも私以上にそう思っているでしょうけれども。」こういう考え方大好きです(^^)
Commented by apakaba at 2006-03-22 09:30
私に会いたいと思っている人が、どこかにいる。
なんて思うだけで、幸せですよね。
Commented by Kay at 2006-03-22 12:09 x
息子に旧石器時代の人間と言われる私の門限は大学生で9時半でした。主人と結婚するまで、この時間を必死に守りましたね。そして今25歳の息子が香港でインターナショナルスクール在学中も門限は日没(特に何かがある場合を除いて)でした。これはブーイングだらけでしたが、スクールは3時半に終わるし、ドラッグ問題も多々あったことから、ガンとして死守しました。冬の日没が早くなるころ必死に走って帰ってきた息子を思い出すと、悪いことしたかなーと思います。今、その息子は仕事について連日の接待で毎日午前様ですわ。
Commented by はなまち at 2006-03-22 13:23 x
私はフジヤマよりゲイコ。
Commented by apakaba at 2006-03-22 14:28
その家なりに決まり事ってありますね。
どの家が圧倒的に正しい、というのはないと思うんですが、家族として暮らし、その家族の成員である以上、やっぱりルールを守るのは大切だと思います。ひとりで生きているんじゃないのだから。

はなまちさん、話はわかった皆まで言うな。
Commented by はなまち at 2006-03-22 16:35 x
何言うの?
言うこと思いつかないなぁ。
ちょいと不良ぐらいが丁度良い。
Commented by apakaba at 2006-03-23 11:00
ちょい不良(ワル)オヤジですか。
毎号なんとなくチェックしてしまいます、LEON。


<< 1990年の春休み.14 パキ...      初めてのこと、いくつか >>