あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 09日

子供に宛てる手紙

おととい、「アキタコマチ」の担任から電話がかかってきた。
封筒入りのお便りは見ていますかとのこと。
見ていません。ランドセルでぐちゃぐちゃになっているかなくしてるな。
「道徳の授業で、いのちの大切さという単元をやります。授業の最後に、お母さんがたから、お子さんに宛てた手紙をサプライズで渡そうということになっているんですが。」
「ははあそうなんですか、すみません知りませんでした。私がその手紙を書いて提出するということですね。」
「そうなんです。お便りには説明が書いてあったんですが、説明をご覧になっていないのならいきなりなので大丈夫ですか書けますか。」
「どんなことを書いたらいいのかをお教えくだされば、書くこと自体は問題ないと思いますが……」

要するに、生まれてきてくれてうれしいわ、みたいな泣かせる系のことを書いてそれぞれの子供が感動すればよいのだと。
先生も読まないしクラスで公開もせず、本人しか読まないとのこと。

簡単そうだと思っていたら、またしてもけろっと忘れてしまった。
提出期限は今朝だった!
たいへん、早く書かねば。

最近、メールばかり使うからろくな便せんもない。
1990年の春休みに買った、ネパール手漉き和紙のレターセットがあった。
朝7時にいそいで書いた。
あまりに急いだから詳しいことは忘れたが……たぶん以下のような内容。


「アキタコマチ」が生まれたとき、寒がってやせていってしまったのでとても心配しました。あたためてあげたらだんだん元気になってきて安心したのを覚えています。
今でも、3人の中では体が丈夫でないのが心配です。
去年、学校にぜんぜん行けなかったときも、きっといつか行けるようになるとお父さんとお母さんは信じていました。
でも、お休みしていたときは二人でいろいろなところへ行ったりいろんなお店でごはんを食べたりして、それはとても楽しかったと思っています。
「アキタコマチ」はお母さんの自慢の子供です。
お母さんはよく「アキタコマチ」をお母さんの友だちに会わせますが、それは「アキタコマチ」がどこへ出しても恥ずかしくない子供だからです。
そして、お母さんは「アキタコマチ」をとても頼りにしています。

云々。
最後のほうはどう結んだのか、とにかく焦りまくっていたのでどうしても思い出せない。

by apakaba | 2006-06-09 16:47 | 子供 | Comments(14)
Commented by K国 at 2006-06-09 18:41 x
確かにアキタコマチはいい子です
ウンチクにも磨きがかかってきたことでしょう、会うのが楽しみです
Commented by apakaba at 2006-06-09 18:51
いま、勉強させようとして机に向かわせたばかりなのですが、いつの間にか台所に妹と立って、なんだか知らないけど小麦粉を練っています。
台所が粉だらけです。
ごはんの支度もできませんどうしましょう。
Commented by 花岡じった at 2006-06-09 19:18 x
・・・とても頼りにしています。
この言葉ってとても嬉しいよね。
子供もそうですが大人でもこれ言われたら(ある程度本心で)
頑張る気にもなりますなぁ。。。
ん~、幸せな子だなぁ。。。
Commented by K国 at 2006-06-09 19:23 x
いいじゃないですか、任せて作ってもらいましょう
なんか微笑ましいですね、目に浮かびます。好きなことにはパワーが出る、うちの次男も妹とよく作ってくれました。

Commented by apakaba at 2006-06-09 20:03
ゲエエ、だめです!
砂糖と塩をまぶしてオーブンで焼いています!
こんなのおかずにもつまみにも犬の餌にもなりません!!
しかもふたりでおいしいと言って食べています!

おやつを作ったようです。
Commented by apakaba at 2006-06-09 20:04
じったさん、私はあなたのコメントにすでにもらい泣きしかけました。
最近どうも泣きっぽくていけません。
Commented by のこのこ at 2006-06-10 06:37 x
アキタコマチくんはとにかく人のために動く人だなあという印象です。
常に先を読んで頭の回転も行動もあっと言う間。

頼りになると言われたらとても嬉しいでしょうね。彼の行動の全ての動機が人を喜ばせたり安心させることにつながっているような気がしますから。
旦那にしたいタイプですね。

ササニシキ君は恋人にしたいタイプ。
個性的で謎めいてる。色気がありますもの。
私だけが彼を理解していると思いたくて、そばにいても心はどこかにいってしまいそうで、いつも彼をふりむかせようと必死になってしまいそう。

私は個性的な人が好きなので友達も付き合った人もササニシキ君タイプが多いですがラクダ夫はアキタコマチ君タイプ。

二人とも素敵ですよ。

そして私はプリンセスコシヒカリのプリンセス的今後に興味があります。
結構小悪魔的な素質がありそうでワクワクしてしまいます。
Commented by K国 at 2006-06-10 07:16 x
子供って親をよく見てますから、その上を行く可能性大!
Commented by apakaba at 2006-06-10 08:25
のこのこさん、3人ともまたそちらへ遊びに行くことを楽しみにしていますよ!
「アキタコマチ」を頼りにしているのは他が頼りにならないせいで……ゆうべは小麦粉をやめてから、おみそ汁と干物と、もやしとニラの酢浸しとを作って、兄と妹に食べさせていました。
「ササニシキ」は変なヤツで、追えば追うほどムカツクって感じ。
なにも言わないからってなにも考えていないわけじゃないんだけど……なにも言わないとなにも考えていないものと大人から見なされる。
「コシヒカリ」は悪党ですから。
K国さん、以下同文(失礼!)
Commented by のこのこ at 2006-06-10 08:45 x
〉追えば追うほどムカツク

素敵!惚れそう。(笑)
大丈夫。他人に迷惑をかけないことと警察にお世話にならないことさえか守れば何やってもいいよとほおっておけば、自分でかっこいい男になりますよ。頭もいいんだもの。私の好きなタイプ〜☆

ところで真紀さん私の破廉恥記事に是非率先してコメントを。
自信作なのてすが真紀さんに口火切っていただかないとつながらないよお。(笑)
Commented by apakaba at 2006-06-10 09:02
今行きまーす。
Commented by apakaba at 2006-06-10 09:36
のこのこさん、ついでに携帯メールどうも。
私もヨッパライで変なことを書くことはよくあります。
ドンマイだ。
Commented by ぴよ at 2006-06-12 13:04 x
うちは今でもしょっちゅうママが
「あんたを産んで本当に良かった」
「あんたがママの子供で本当に良かった」
ってしょっちゅう言うよ。

嬉しいに決まってる。親が自分の事を認めてくれている、自分の誕生を
喜んでくれていると聞かされて喜ばない子供はいませんよ。
うちの場合、それを私に言うだけに留まらず、私の友達にも平気で言う。
友達からよく「ママって本当にぴよの事が大好きなんだねー」って言われて
猛烈に照れますが・・・やっぱり物凄く嬉しいものです。
Commented by apakaba at 2006-06-12 15:08
ぴよさんのご両親は本当にすばらしい方たちなんだね。
いろんなエピソードを読むにつけても、心が温かくなります。
親子って不思議なものだなーと思う。
自分が育てたような、勝手にいい子に育っていってくれたような、そこらへんがよくわからない。


<< めぐりきた、ワールドカップの季節      私のふだんの生活 >>