あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 16日

べつの“あの人”が撮ったポートレイト!

昨年、”あの人”が撮ったポートレイトを見たMorikonさんが、ヤル気を出してくれたらしい。
「春になったら、海で眞紀さんを撮影しましょう。」
と約束してくれていた。
海かぁ、いいなあ。
Morikonさんは光と影をあやつることにかけてはピカイチの腕だ。
しかもぎりぎりまで発色をあげて、他の人がまねできないようなグルーヴィーな画面を見せてくる。
“寄りのMorikon"
“光の魔術師”
“Morikon Blue”
いろんなキャッチコピーを提供されてきた彼が、人物を撮ると、どんな絵になるのかな?

ずっと楽しみにしてきたのに、撮影当日、これ以上考えられないような悪天候!
激しい風雨、冬に逆戻りしたような寒さ。
Morikonさん、暗いぞ。どうしようしょげてるぞ。
も、もっと明るくなろうよ。
私は写真を撮らないのでわからないけど、きっと、写真て漫然とシャッターを切っていてもなにも写らなくて、頭に欲しいイメージを持っていて、そこへどれだけ近づけていくかが勝負どころのひとつなんだろう。
それが、嗚呼、この数ヶ月間で思い描いていたイメージのすべてが、ガラガラと崩れてしまったのね。

「今日はもうこれくらいに……」
と何度言われたかわからない。
でも柴犬みたいな悲しい目で見られると、
「もう少しがんばろうよ。ちょっと移動すると撮れそうなポイントがあるかも。」
「せっかくだからあと一箇所くらい回ってみよう。」
と言いたくなる。
朝から夜まで、すごい距離を移動して撮影を強行(強要?)してしまいました。

渋谷の居酒屋で、ウーロン茶飲んで反省会。
あいかわらず柴犬のようなもの悲しい目のままだった。
「たぶん、こうして撮影なしでふつうに話しているときの方が、私もいい表情をしていると思うのね。それをいかに撮影の場で再現するか、なのかなあ問題は。」
とか知ったような口をきいたりしちゃった。
「うまく撮れたか撮れていないかわからない。というより、撮れていないと思う……」
と言いたげな様子のまま、その日は解散した。

それから一ヶ月たって、きのう、photobackで作った写真集が届いた!
モデルが全部、不肖このワタクシ!うひゃあこんなの初めて見たよ。
まあ顔がこの程度なんで多くは望まない……と思ってたけど、予想とまったくちがう、というよりあの日の前にもともと予想していたとおりのカッコイイ出来栄えだった。
やっぱり、ものづくりのプロなんだなあこの人って。
「とにかくこれだけでやってくれ!」と差し出されたしょぼい素材(アタシじゃん)を、意地でも“作品”にしちゃるぜーっ!!!という気迫がみなぎっているよ……いや、もう、ほんとに感心しました。
あの日のしょんぼりしていたMorikonさんもめずらしい雰囲気でよかったけど、カッコイイ作品作って「どうだ!」って自信を持っているMorikonさんのほうがやっぱりカッコイイ。

by apakaba | 2006-06-16 19:14 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(10)
Commented by Morikon at 2006-06-16 20:07 x
嬉しい内容の記事、ありがとうございます!
当日は暗かった、というか悩んでいましたね、
「撮ってはいるけど、ちゃんと写ってるんかいな」と。
現像に出す時の気持ちは期待と不安が半々、いや不安がほとんど。
ただ、予想以上に上がりが良かったので、だいぶ救われました。
もちろん私の腕ぢゃなくって「モデル」のおかげです(微笑)
ただ、あの凶悪天候下での撮影は、
あれが最初で最後にしたいです(苦笑)
Commented by apakaba at 2006-06-16 23:01
いやーあのー、私といっしょだとだいたい天気悪いですよ。
これからもワタクシを撮るなら屋内を想定してくださったほうが話が早いです……というくらい。

「どうなんだろう?どうしよう。大丈夫かな?」と対象(アタシじゃん)を前に逡巡しているMorikonさんというのがとても頼りなく、励ましたい感じだったんですよ。
でもおもしろい経験でした。
ふつう、人が見る部分は一番最後の、できたモノだけでしょう。
それをゼロから立ち会うというのは、まあ単なる趣味の世界といっても、とてもおもしろいしエキサイティングですよ。なんにもしてない私が言うのもえらそうですが……もしテキストを書けとかいうことになったら、いくらでも喜んで協力しますよ。
最後に、いろいろとたいへんおつかれさまでした!
Commented by ぴよ at 2006-06-16 23:35 x
お天気のいい日にいくらでもリベンジ出来るじゃないですか。
師匠の「光の魔術師@眞紀さん編」も見たいですよ。
是非リベンジもご検討下さい!

でも、逆に限られた光源(悪天候)下での師匠の絵にも
非常に興味があります。
そしてシッポを垂れてしょげてる柴犬ちゃんのよーな師匠にも
とっても興味がありますネ!(笑)
Commented by apakaba at 2006-06-16 23:38
私も小さいカメラ持って行って悲しい目の柴ちゃん師匠を撮ればよかったなあ。
Commented by Morikon at 2006-06-18 15:25 x
雨やら湿気やらで髪が濡れてて、おまけに悲しい目を
してたんじゃ、まるで捨てられた子犬ですね。
もちろん、子犬みたいに可愛くないのは自覚しておりますが(苦笑)

TOPのコーシロー君、顔がマキさんに似てますね。
Commented by apakaba at 2006-06-18 16:56
自分の写真を見て、私って、イヌに似てる……と、犬を飼うずっと前に気がつきました。
Morikonさんは犬には似てないですよ。
柴っぽい雰囲気があるというだけで、やっぱココリコ遠藤だ(?)
Commented by Morikon at 2006-06-19 02:08 x
なんちゃって遠藤、ただいま肉体改造中です。
何せ柴犬は太りやすいもんで(苦笑)
さすがに宮本やアンディ・ラウは無理ですが、
せめて本家・ココリコ遠藤より
男前になるよう目指します(あ、書いちゃったよ)
Commented by apakaba at 2006-06-19 07:56
宮本……ああ宮本。ブラジル戦どうしたらいいんだよ。
いいですね、顔がいい男は大好きです!
ハンサム大好きだよう。
しかしMorikonさん、すでにヒゲと白髪でかな〜りお父さん連中の中では反則入ってるのに、それ以上男前をめざしてどうするつもりなんだ。
あやしいぞお。
Commented by Morikon at 2006-06-19 13:36 x
個人的には「真横から見た時、胸より
腹が前に出ているのはNG」なので、
そーならないよう鍛える、ということです。
↑のコメントで、だいぶ敵を作ったかな(苦笑)

始めて10日ほどですが、腹まわりや顎の下が
だいぶスッキリしましたよ。
Commented by apakaba at 2006-06-19 14:47
私もムネより腹が前に出たらNGですかね……て女の人がそうだったらかなりのNGですよね!
しかし10日ですっきりするなんて効果が早すぎます。
それってもともと大したゆるみじゃなかったんですよ。
もうすぐ宮本だぁ。ぎゃはは!(でも顔はとりかわらないよう!)


<< 書き続ける      体に触れる手 >>