あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 22日

夏休み大好き

きのうが小学校と中学校の終業式だった。
通知表、やめてよ。
「コシヒカリ」・・・いいのは図工だけかい!
「アキタコマチ」・・・見たことを忘れよう。
「ササニシキ」・・・「うふふ、見なくてもわかるでしょー」とかいって見せません。見たくないし。

そんなきのうだったけど、私は子供たちの夏休みが大好き。
だって「アキタコマチ」が、昼と夜のごはんを作ってくれるから。
私は夏休みの特別教室というのを、朝から昼過ぎまでやっている。
今日は仕事が終わって、「おなかすいたー、なんか食べたいー。」と言うと、ささっと稲庭うどんをゆでて、冷やしうどんを作ってくれた。薬味に生姜も削って、梅干しも刻んでくれました。

晩ごはんはさらにありがたいことに、
「おかーさん。オレ、夏休みの自由研究は、料理にした。ごはんを作って、写真を撮って、レシピをノートに載せるの。それやるから。晩ごはんはオレに任せて。」
やっっったああああ、バンザーーーイ!

ゆうべはゴーヤチャンプル、今夜はピーマンの肉詰めを作りました。

c0042704_22214482.jpg


本当はこの2.5倍くらい作った。

この肉詰めは、肉を挽肉ではなく細切れにして、クリームチーズと味噌を隠し味にしている。
そしてごま油で転がしながら焦げ目をつけ、レモンを搾って食べるのです。

長男が6年生だったころ(2003年参照)は、中学受験の夏期講習で、家の手伝いなどまったくさせていなかった。
次男は体をこわしてあっさり中学受験をあきらめたから、夏休みはヒマだ。
でも、来年からは部活や(さすがに)塾に行くだろうから、こんなにごはんを作ってくれないだろうな。私にとって、最後のうれしい夏だな。
ずっと6年生だったらいいのになー。助かるなー。

by apakaba | 2006-07-22 22:28 | 子供 | Comments(14)
Commented by メリー at 2006-07-22 23:22 x
へぇ~ いいねぇ。 うちのぼんぼんより、ずっと上手だ。
なるほど、クリームチーズと味噌か。
クリームチーズはちょっと苦手なヤツがいるから、味噌だけでもいいな。
最近、ピーマンも安くなってるから、いいよね。
肉は、牛?ブタかな?
Commented by ぴよ at 2006-07-23 03:59 x
えー。他人様が作った飯を食い散らかして来たぴよです。
ちょっと国内某所を旅していました。ご無沙汰です。

料理が出来るオトコ、最高だぜぇーっ!!
ってか、夏休みの自由研究と言わず、今ココでこのピーマン肉詰めの
レシピを公開してもらえないものだろうかと。
いや、自分が作るかどーかはまた別の問題として(をい)

料理好きのオトコって、何度も言うけどシビれるよねぇ♪
高価なプレゼントよりも、ウソ臭い「愛してる」の言葉よりも、
「お疲れ様。ご飯作っておいたよ」と言って差し出される心づくしの手料理程
オンナの心を鷲掴みにするものはありませんよねぇ♪

・・・まず、母のハートをゲット出来たアキタコマチ君。
世間のお嬢様方へ披露してハートを掴む日は近いのか?遠いのか?
Commented by 紫陽花。 at 2006-07-23 07:35 x
ムムム、コメント職人のコメントに続くのはちょっと恥ずかしいのですが。。 
コマチ君の相変わらずのよい仕事ぶり、いいですねー。ピーマン丸ごとってとこもまたいい。かぶりつきですねー。味噌とクリームチーズですって!わぁ、ますますいいなぁ。次もまた楽しみ^^。
Commented by K国 at 2006-07-23 18:11 x
小学校の頃は川と海で時間を過ごし、工作だけはたくさん作りました
あの薄っぺらい夏の友でさえ全部は出来なかった、根性無し
中学校は野球部で朝から晩まで野球漬け
遊ぶ暇などありません、これまた夏の宿題するよりローカに座るを取った
同級生5人、来年も裏切るなよを合言葉に部活に精を出しました
セピア色時代のおもひで
Commented by apakaba at 2006-07-24 07:22
料理レス。
メリーさん、クリームチーズと味噌の味はほとんど感じません。
なんとなくコクがあると感じるだけなの。肉はもちろん豚コマです。
牛肉が食卓にのぼることはほんとにめったにないな。

ぴよさん、おかえり。
レシピはですね、ピーマンの中をくりぬいてレンジで下ゆで。
肉を炒めて、砂糖、酒、クリームチーズ、味噌、醤油で適当に味つけ。
ピーマンに肉を詰め、ごま油で転がして焼き、レモンを搾って食べます。
2回焼いてけっこう油っこくなるから、よく火を通して油を出してしまいます。
まだ「アキタコマチ」にはオンナはいないので、家族のためにせっせと作っています。
まあ、今年限りだろうなー。

紫陽花。さん、きのうは「コシヒカリ」の誕生日だったので、またごちそうを作っていましたよ。もちろんケーキも。

K国さん、夏休みの部活は独特の疲れがありますよね。
私もなつかしーです。
学校の宿題は、ここ何年も減少傾向で、「家の手伝い」とか「はぁぁ〜?」っていうものだったんですが、今年は増えた気がします。
Commented by ぴよ at 2006-07-24 09:52 x
コシヒカリちゃんは7/23生まれですか。
・・・なんとなーくボーッと文面を読んでいて思い出しました。
7/23はぴよの兄貴の誕生日でもありました。アヒャヒャー

ずーっと離れて暮らしてるから「おめでとう」すら言った事もないですよ(苦笑)
カレコレ25年も離れて暮らしてて、実家に帰ってきたのはぴよの結婚式と
パパの葬式くらいだから、既に「親戚のおっさん」状態ですな。
せっかく思い出したんだから、久しぶりにメールでもしてみようかな・・・
Commented by apakaba at 2006-07-24 10:13
いえ、22日生まれでした。
25年も離れてってすごいな。トシの離れたお兄さんなのかしら。
私も、ぎゃーぎゃー怒りながらせまい家でひっついて暮らしている今という時間は、二度ともどってこないときなんだろうなーと思いますね。
Commented by のこのこ at 2006-07-24 12:50 x
とっくに読んでたけど今頃コメント。
へええええ。ピーマンは丸ごと使ってコロコロ焼くのね。
ひき肉とピーマンがあるから今晩弁当のおかずに作ってみようっと!
アキタコマチレシピは毎度役に立つから子供部屋でもココでも日々アップして閲覧できるようにしてくださーい!!!!
Commented by apakaba at 2006-07-24 15:36
のこのこさん、ゆうべはまた、「セロリと茄子のカポナータ、牛ロースのグリル」というオサレな料理と、ベークドチーズケーキを作っていました。
今日はいさきを蒸した料理をします。
あ〜楽な夏休みだ〜。
Commented by キョヤジ at 2006-07-24 17:27 x
>あ〜楽な夏休みだ〜。

夏休みが終る頃「ダメな母親」の一丁上がり~。(大笑)
Commented by apakaba at 2006-07-24 18:26
息子と結婚したかった。
Commented by PEKO at 2006-07-24 21:57 x
まきさん、こんばんわ。お久しぶりのカキコミです。
私も、今年から夏休みバンザイになりました~!
学校の休み時期、娘が学童に弁当を持参します。
毎回「わたしにも・・・作って・・・」とお願いしていたのですが、いつも断られていました。
多分この夏休みも。。。とダメモトでお願いしたらOK!!!!!
どんな心境の変化かな?まぁ~なんでもいいです。
本当に手作り弁当は、うれしい。
感謝を込めて、空になった弁当箱にいつも感想のお手紙を入れている私です。
お互い、夏休みがずっと続くといいですね~!

Commented by のこラクダ at 2006-07-24 22:44 x
>息子と結婚したかった。

あ!ウチのラクダ夫に「結婚してくれ~!」って叫んでたのに。(涙)

今日つくってみましたよ!
ひき肉しかなかったからひき肉だけど。
さっき今日は夜勤のラクダ夫がお弁当に持って行きました。
私はまだ食べてないの。明日の朝の一人ごはんのとき食べるの。
先に肉にしっかり味をつけておけばケチャップとかいらないもんね。
調理済みの肉を詰めるから焼き具合心配してピーマンこがすことないし。
作るの楽だった。目からウロコでした。

のこラクダ、レシピ活用2度目。役に立っております。ご本人にお伝えください。
Commented by apakaba at 2006-07-24 22:56
ピーマンレス。
PEKOさんお久しぶり!
あのー、微妙に主語がないので確認なんですが、お弁当を娘&奥様に作っているのがMorikon夫、ということですよね?(他にメンバーがいないもんな。)
ナルホド。いい話だー。心境の変化って、けっこう長年いっしょの夫婦にも、ころっと訪れたりしますよ。
「あ、あれ?どういう風の吹き回し?」って思うようなことが。
でもいいな、愛がたっぷりだわ。

のこラクダさん、私どうも感激すると「結婚してくれー」と口走る癖があるようで。
いまはMキョショーに口走りたい気分になったけど私が弁当作ってもらってもしかたがないのでやめております。
でものこのこさんもマメだねー。
テキトーレシピ(大さじ何杯、とか細かくなくても)でちゃんと作れるところはセンスがあるからだね。
センスのない人は、数字で書かないとシンジラレナイようなちがうことをしてしまいます。
でもだんだん自分ち風にアレンジして、好みに変わっていくのもおもしろいものです。


<< DisneyStore@渋谷、...      1990年の春休み.32 パキ... >>