2006年 08月 26日

冴えない暮らしでも

今日は贈り物がいろいろでうれしいな。

お友だちが、私が興味のありそうな新聞の切り抜きを送ってきてくれた。
新聞を購読しておらず、ふだんは不便を感じていないけれど、こういうときはその気持ちが嬉しい。

旅先からの絵はがき。
これもうれしかった。
特別なことが書いてなくても、絵はがきが好きなので。
旅行に行ってもいつもたくさん買ってしまう。
美術展でもたいてい買う。

何年も会っていない人からの“プレゼント”と題されたメール。
旅先で会った人。僕からのお中元……?
その、旅の土地の航空写真だった。
ああ、これってグーグルアースかあ。
アドレスを開いてみたら一面の土色。
一瞬なんのことやらわからず、でも土の色でわかった。
スピティ・バレイだ。
(メインサイトのインド旅行記を読んでいない方、ゼヒ読んでください。
土色を見てみたい方は、こちらを見てね。)

子供は旅行と塾に行き、私はずーっと家にいて、独り言か、犬としか口をきかない。
でも会っていなくても、人からのアクションがあるととってもうれしい。
今日はそれが重なったわ。

by apakaba | 2006-08-26 23:02 | 生活の話題 | Comments(14)
Commented by ogawa at 2006-08-26 23:14 x
旅先からの手紙。
それは質の悪い紙に印刷されて発色の悪い絵はがきでも嬉しいものですよね。
最近は大概の都市からメールを送れますので自筆の手紙は嬉しいですね。
しかし「プレゼント」のメールは格好良すぎます・・・ねぇ。
Commented by apakaba at 2006-08-26 23:26
エアメールは自分が長旅をしていたころ、さんざん出したので、あの手間暇を考えるとね。やっぱりかなーりうれしいです。
「G.P.O.はどこ?!」とか言って一日がかり。
今日の仕事はそれでおしまい!みたいな。

>しかし「プレゼント」のメールは格好良すぎます・・・ねぇ。
まあ、いろんなコトをしてくれる人がいるものです。おほほ。
Commented by ぴよ at 2006-08-27 00:13 x
旅先からの絵葉書ってすっごく嬉しいよね!
ぴよもここんとこの暑さにやられてひきこもり状態だから
1日誰にも会わないドコロか一歩も外に出ない事もザラの状態。
そんな時、絵葉書やメールが届いたら嬉しくて泣きそうになっちゃうかも!

誰かが自分の事をどこかで一瞬でも思ってくれている、
そう思える瞬間があるだけで、生きていけるような気がするんですよ。
大袈裟じゃなくて、ホントに。
Commented by 花岡じった at 2006-08-27 03:38 x
あー、次回行ったら出しますよ。(行ったらの話ですが・・・悲)

昔、NZの南島を旅行していた時にBPに手紙が届いていた時は
嬉しかったなぁ。旅先で出会う手紙もこれまたステキーですなぁ。

さて、偽善番組もそろそろつまらなくなってきたので寝るべ。
Commented by apakaba at 2006-08-27 21:00
ぴよさん、ワタシもほんとに出不精なもんで……実生活でもネットでも……
>そう思える瞬間があるだけで、生きていけるような気がするんですよ。

ううむ、スピッツの「チェリー」入ってるなぁ。

じったさん、いや、あの、そういう意味じゃなくて……そういえば今日、銀座に行ったんだけど、やってたよ偽善番組の中継。黄色いシャツで。
じったさんの次の旅はどこかなー。
Commented by Morikon at 2006-08-27 21:08 x
愛されてるからねぇ・・・。

旅先からの絵葉書、受け取るのも書くのも好きですね。
Commented by apakaba at 2006-08-27 21:40
ケアンズからも書くのじゃよーっ。
Commented by はなまち at 2006-08-28 00:13 x
8000円の電話か・・・・これはいらんわな・・・・
Commented by Morikon at 2006-08-28 00:54 x
住所録、手荷物に入れました。
これでもし、絵葉書届かなかったらイジメて下さい(笑)

「オモテ裏PCで刷りました。しかも直筆ナシ」みたいな年賀状だと、
送り主には大変申し訳ないですが、
DMと大差ないように感じます(苦笑)
逆に旅先から届く絵葉書は、旅人の想いと共に
「この一枚は何人、いやもしかしたら何十人の手を経て、
私の手元に届いたんだな」とイメージするだけで、
とっても愛しく思えますね。
Commented by apakaba at 2006-08-28 12:54
愛はほしいですが電話代はすごいな。8000円あったらランチでもごちそうしていただいたほうが……
いえ、私は「電話代が大変だろうな。どうしてはなまちさんはこんなにのんびり話しているんだ?!」と不思議だったんですよほんとに。
べつにルクセンブルクから電話してくださってもうれしいですが。
コレクトはイヤよん。

Morikonさん、絵はがきを書かないと、じっ×さんのようにオミヤゲを自宅へ配達してくれることになってしまいますので。それは大変なので。
くれぐれも過度の日焼けに気をつけて、いってらっしゃ〜い。
Commented by 満腹ボクサー at 2007-07-10 12:03 x
>誰かが自分の事をどこかで一瞬でも思ってくれている、
そう思える瞬間があるだけで、生きていけるような気がするんですよ

なんだか、ついパクリたくなるような言葉ですね。
次の歌にパクっちゃおうかな。
「誰か」を「あの人」に変えて。
Commented by apakaba at 2007-07-10 17:34
パクったらここに報告をこっそり書いておいてください。
Commented by 満腹ボクサー at 2007-07-11 12:01 x
さっそくパクリます。歌ではなく、文章で。

神木君が舞台の上から自分のことを一瞬だけでも見ていてくれた、
そう思える瞬間があっただけで、生きていけるんです。

「お父さんのバックドロップ」「インストール」「ZOO」「妖怪大戦争」
舞台挨拶に行きました。
Commented by apakaba at 2007-07-11 13:28
そんなに愛していたのか。


<< プレゼントのお返しに。銀座伊東...      船上 >>