あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 07日

俺の話を聞け!

お友だちからランチのお誘い。
久しぶりに会ってあれこれ話す。
でも途中から「あれっ……!?」と気づいてしまうワタシ!
私は……私は……「どうしてこんなにべらべら一人でシャベっているんでしょう!」

誰かといるとき、ずうっと“聞き役”だと自分では思ってきた。
それがなんだかここんとこ、よくしゃべるんだよねえ。

この前、女4人ほどで飲んでいたとき、私が「ねえ聞いて!」と言ってなにかつまんないことをしゃべりだしたら、仲間の一人が、
「眞紀ちゃんが『ねえ聞いて!』って言って話し始めるのを初めて聞いた。そういう言葉って言ったことなかったでしょ。」
と、あとで妙に感心していた。
そうなのよ。自分でショックでした。

シャベリ始めた理由、そのひとつは。
おばさんになったってことなのかな。
私のイメージする“おばさん”というものは、“自分の話をする”ものなの。
相手が聞いていようといまいと関係なし、おもしろいかどうかなんて吟味しないの。
あれだけはイヤだようと思っていたのに、どうも私のイメージの“おばさん”に近づいてきてしまいました。

もうひとつは、“生身の”“大人の”“人間”と、ほとんど口をきかない生活だからだな。
・生身の——画面上では毎日かしましくおしゃべりしていますが、なにせ声を出さない!
・大人の——自分の子×3、プラス他人のお子様どっさり、コドモと話すのには事欠きませんが!
・人間——犬には声をかけておりますよ。「待て」とか「よし」とかね……

宮台真司氏と神保哲生氏のインターネット放送局「ビデオニュースドットコム」というオンデマンド番組が大好きで、よく聴いているのだが、ゲストに漫画家の江川達也氏が登場していた回があった(その回の案内を含むページはこちら)。
江川氏については、発言そのものはよかったが、その内容以前に、彼のしゃべり方がどうにもこうにも耳障りでたまらなかった。
トーンが、高すぎる。
押しまくるばかりで、引きの間合いがゼロ。
これでは、聴衆は話し手のもとから逃げる。
逃げれば逃げるほど、首根っこをひっつかんで「俺の話を聞けぇー!(クレイジーケンバンド)」って言っているみたいな……耳を傾けたくならない話し方だった。
作品は「BE FREE!」ひとつしか読んだことないけど、それなりにおもしろい人だと思っていたのに、このやたらと頭にカンカンくるようなシャベリは意外であった。
“しゃべりを、渇望している人”の話し方なんだな……。
きっと、ふだんは仕事場にこもって、ずうっと人と口をきかない暮らしなのだろう。
あきらかにこのシャベリっぷりは飢えている、“生身の”“大人の”“人間”と話すことに。
イヤだー私と同じだわ。

今日は、途中から江川氏の映像を思い出したのだけれど、話題の流れ上いきなり黙るのも変なので、なるべくトーンを下げて話をしてみたのでした。
なんか、反省したなあ。

by apakaba | 2006-09-07 00:48 | 生活の話題 | Comments(12)
Commented by 花岡じった at 2006-09-07 00:59 x
おばはんは「へぇ~そうなの。。。でね、私の方はね・・・」とな。
相手の話は一言で完結して(5秒程度)自分の話をし始めるんだなぁ。
それも全く関係ないお話と。
よく旅行先で日本人に話しかけられるがあの輩は自分達の話しかせんよ。
たまにはさ「そちらはどこを旅行された事ありますか?」なんて聞いてくれよ。
「初めてです♪」と答えてやるから。
まぁ、ちょっと脱線しましたがそんなことでとにかく旅先で日本人に話しかけられるの嫌なんですよ。いちいち聞くの面倒で。

うぉっと、こーして俺もテメーの話しかしませんでしたな。

そー言えばミタニさんはよく俺の話をウンウンって聞いてましたもんねぇ。
だから俺も図に乗ってエロ談話しちゃうんだよなぁ。。。

つーことで寝るね。
Commented by Morikon at 2006-09-07 01:08 x
私も在宅勤務と、マキさんと似たような環境ゆえ、
家族以外との会話に飢える時が、ままありますね。
和太鼓の練習に行っても、雑談ゼロで黙々と叩くタイプですし。
で、いざ会話し始めても、滑舌悪いんだよなぁ自分(苦笑)
しかも気のきいたトークできるテクニックもないので、
大抵は、おとなしく聞き役にまわるのでした。
あ、イヤイヤ聞き役になるんじゃなくって、
人の話を聞くのは元々好きです。
30代になってから、自己顕示欲が
めっきり衰退したためか、「聞き役」傾向は
余計に強まりましたね。
Commented by Morikon at 2006-09-07 01:34 x
江川達也の喋り、確かに好き嫌いが分かれると思います。
とにかく落ち着きがないし、
他者と言葉のキャッチボールをする姿勢が全く見られないし。
でも、これは稼業ゆえではなく、彼の性格から来るものですよ。
例えば、TV・ラジオへの露出度が多い
他の漫画家(弘兼憲史・やくみつる・小林よしのりetc)は
聴き手を意識して、理路整然と語られていますし。
Commented by apakaba at 2006-09-07 10:43
じったさんのいない飲み会なんて……魅力半減ですわ。
じったさんのエロ談話はほんっとに可笑しい!もう、なんかねー、疲れた身体に愛情一本て感じ。いやぜんぜんちがうけど!

Morikonさん、黙って太鼓たたいてるのかぁ、でも雑談したほうが、もしかしたらたたく仲間とも息が合うのかもしれない。
江川氏はシャベリを渇望する生活、ではなく性格、なのね。ナルホド。
Commented by キョヤジ at 2006-09-07 15:28 x
ワシも会話には飢えているかも。。
一人仕事だし、うちのジジイは耳が遠くて会話が成立しないし。(苦笑)
で、酒が入るとべらべらしゃべるのかも知れないなぁ。
Commented by apakaba at 2006-09-07 16:47
渇望しているモンだらけじゃねーか!@飲み会
Commented by キョヤジ at 2006-09-07 20:34 x
>渇望しているモンだらけじゃねーか!

一番渇望しているのは・・・愛だな・・・ポッ♪
Commented by apakaba at 2006-09-07 20:58
おお〜ぅ。
Commented by Morikon at 2006-09-07 23:02 x
よく野原しんのすけが
「おお〜ぅ」って言ってますよね(笑)
Commented by apakaba at 2006-09-07 23:18
じゃ、その声の「おお〜ぅ。」で。
Commented by 満腹ボクサー at 2007-07-10 12:24 x
>おばはんは「へぇ~そうなの。。。でね、私の方はね・・・」とな。
相手の話は一言で完結して(5秒程度)自分の話をし始めるんだなぁ。
それも全く関係ないお話と。

あはは、まるでこのブログにおける満腹ボクサーさんみたいじゃん。
Commented by apakaba at 2007-07-10 17:34
みんな自分の話はしたいのだ。


<< 1990年の春休み.38 パキ...      1990年の春休み.37 パキ... >>