あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 22日

夢は叶ったか

久しぶりに、1日限りで家庭教師に行ってきた。
赤インクの万年筆。家庭教師の仕事が終了(長めですがいい話です)』という日記に出てくる女の子が、中学生になって古文が始まり、試験直前になったがよくわからないということで、お助けに。
古文というもの自体を“複雑怪奇・無理難題”と感じつつあるようなので、まずは古文の総論から解説して、苦手意識を取りのぞくことからスタートした。
「あなたの性格に古文を読み解くのは向いている、あなたはこのあと必ず古文がグッと伸びる」
とくり返す。
私も古文を教えることなど何年ぶりかわからないくらいだったから、とても懐かしく感じて、楽しかった。
彼女の、漠然とした不安そうな様子は、終わりごろには“これとこれをたたき込めばいいのか。でも、間に合うかな?”という、具体的な目標に対する感情に変わっていった。
勉強の筋道をつけたくらいで終わったけれど、まあ、言ったとおりのことをこなせば大丈夫だろう。

少し前に、他所で「自己紹介バトン」というものに回答した。
その中に、“生まれてから今まで「将来の夢は?」と聞かれた時に自分の回答”という質問があった。
私の回答は次のとおり。

 小学校→お嫁さん
 中学校→女優
 高校→ 国語の先生
 大学→ 新聞記者とか、なにか文章を書く仕事に漠然と、つきたかった

叶ったのは、小学生のころの夢ひとつだけ。
お嫁さんになって、
小学校へ行って子供相手に読み聞かせや人形劇などを演じ、
友だちの子供に国語を教えて、
毎日毎日、飽きもせずなにかしらの文章を書いている。

結局、プロにはなれなかった。
(お嫁さんのプロかどうかもはなはだあやしい。)
でも、今の自分でも、いいかぁと思う。

先日は、6年生相手に『注文の多い料理店』を一冊とおして読んだ。
大人数を相手にするときは、もちろん注目されることが最重要だから、かなり芝居風にする。
ぶっつけ本番だからどうかなと思ったが、その日のうちに、6年生からのお礼状を綴じた立派な冊子をいただいた。

「ミタニさんの音読。とてもわかりやすくて、まるで劇でもやってるようでした。私は小さいころ、絵本が大好きでよく読んでもらっていました。ミタニさんの音読を聞いて、また少し読もうかな?と思いました。」
「話し方がすごくうますぎる上に迫力があります。」
「読むときに、心がこもっていたので話にひきこまれて、とてもおもしろかったです。今月は宮沢賢治の本を読んでいきたいです。」
「これからもその声を使って読んでください。」
「童話だって小説だって心を込めて読むとすばらしく面白い本となるんですね。心を込めて読みたいです。」

このお礼状をいただいたことが、最近で一番うれしかったことだ。

文章を書いてそれなりに反応が返ってくる私の毎日は、ここを読んでいる皆さんならご存じのとおり。ただの素人の文章を読んでくれるだけでうれしい。

夢は……ほとんど叶わなかったのかもしれない。
でも、もしかしたら全部が叶ったのかもしれない。
自己紹介バトンの質問の最後に、
 今→あと20年くらいしたら文章を書く仕事をしていたいな。
とも回答した。
最後の夢まで、あと20年と設定した。ふふ、長いね。
イケルかな?

by apakaba | 2006-10-22 00:35 | 生活の話題 | Comments(5)
Commented by 花岡じった at 2006-10-22 01:08 x
をー、良いねぇ。
今日のblog。
いつも結構楽しく読んでいるが今回は特に良いね。
(実は帰宅後はmixiの次にここをポチっと押すんですよ)

夢ねぇ・・・
定番ではあるが叶わないからステキーであって叶ったらつまらんよ。
でもある意味叶ったと言うならばそりゃぁ叶ったんでしょうな。
つーと、次なる夢を探さなくては人間老けますな。
それが20年後の夢かぁ・・・
>イケルかな?
さぁ、どーでしょうか?(笑)
イケタらいいよね。
またそん時は次なる夢を探さんと。。。。
俺の夢かぁ・・・・(ひみちゅ♪)
Commented by Morikon at 2006-10-22 09:49 x
ホント、いい話ですね。
私も以前、保育園で下手な太鼓叩かせてもらった後に、
顔だけ知っていた男の子(年長さん)に「カッコよかったです。
どうもありがとう」と言われた時は嬉しかったですよ。

夢ですか、個人的にはマキさんが女優を断念したあたりの
エピソード・きっかけに興味があるんですが(微笑)

20年後といわず、10年・5年後を目指してみては?
前にも掲示板に書きましたが、エッセイ・コンテストに応募してみるとか。
上手く行けば、来年あたり「塾のない日は原稿書きで忙しくて!」
なんてことになってるかもしれませんよ。
Commented by ぴよ at 2006-10-22 11:45 x
子供の頃に願った夢が、今別の形で花を咲かせて実を付けているように
思える、本当にいい日記でした。

女優であれ、教師であれ、文筆業であれ、
自分の中の何かを表現して誰かに影響を与え、自分の思いを後世に伝える
という作業をするという意味では、子供の頃から今も夢が一貫してますよね。
眞紀さんの朗読を聞いて、本を読んでみたい・もっと知りたい聞きたい
と感じてくれた子供達が沢山いたという事実を鑑みると
今の段階で「生業」にはなっていなくとも、夢はある意味達成されつつある
ような気がしますね。

後20年ですか?
既にその足懸りはしっかり出来ているようですから大丈夫でしょう!
Commented by K国 at 2006-10-22 18:39 x
全部かなった、そう思えば後は気楽です
レベルアップしていくだけですから、いやレベルはしっかりあるから
知ってもらう事かな、一つ売れれば勝ったも同然ですが、売れすぎると
また別の悩みも出てきそう、取らぬタヌキですけど
キッカケが難しいな、週刊誌か夕刊のコラムかなんかに売り込んだら
延々と採用されるまでアピールし続ける、20年後なんていってると
脳ミソは今と同じじゃありません
Commented by apakaba at 2006-10-22 22:50
夢レス。
じったさん、ありがとう!最近のコメントの中でもかなーりうれしかったよぅ。

Morikonさん、女優をやめたのはですね。よく覚えていないけど、きっとだんだんと興味が変わっていったんじゃないかな。
あと、「愛してもいないヒト相手にキスしたり、ベッドシーンとかもあるのぉ?!そそそそんなことできない!」とか思ったような……オウ、ノウ。

ぴよさん、
>自分の中の何かを表現して誰かに影響を与え、自分の思いを後世に伝えるという作業をするという意味では、子供の頃から今も夢が一貫してますよね。

こんなこと、考えたことなかった。
そうだったのかーそういう志向があったのか私!

K国さん、夕刊コラムいいですねえ書きたいなあ!


<< 木曽駒旅行その3・木曽駒ヶ岳登頂?篇      木曽駒旅行その2・千畳敷カール... >>