あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 27日

下半身露出男の恐怖

ある夕方、犬の散歩に行っていた「アキタコマチ」が家に駆け込んできた。
ヒーッヒーッと、息が上がっている。
顔が真っ赤で、目が飛び出している。
「どうしたの、怖いことあった?」
「こわかった!怖かったよ!変な人を見た、追いかけられた!!」
ひどくおびえて、パニックになっているので、少し落ち着かせてから話を聞いた。

「川沿いの遊歩道を散歩していたら、キリスト教会の前の橋に、男の人が立ってて、この寒いのにTシャツ1枚で、下はなんにも穿いてないの。」
「なんにも?パンツも?てことは、ぶーらぶらと?」
「そう!黒くて英語の文字が書いてある野球帽をかぶっていて顔は下半分しか見えなくて、歯が4本しかないの。その歯がすごくきたないの。髪は白髪がだいぶ交じっていてだらしなく伸びていて、ひげももじゃもじゃ伸びててきたならしいの。身体がすっごく臭いの。手の爪がすっごく(5センチくらい)伸びててもう固くなっていて巻いちゃってるの。手にはなんにも持っていないし、荷物もなかった。ズボンを脱いで持ってるとかもなくて。年は40歳くらいかな。」
怖がりながらも大した観察力だと感心する。
でも子供の言うことだから、確認も取る。
「40歳?うちのお父さんだって40だよ。お父さんは若く見えるにしても、もう少し年上じゃないかな。身長はどれくらい?お父さんくらい?おじいちゃんくらい?」
「うんそうだね。よく考えたらお父さんの年のわけがない。もっと年だった。身長はおじいちゃんくらいだった。」

「それで、なんか怖いことされたの。」
「あのね、『げひ、げひ』って言って笑うの(不覚にもウケてしまった)。すっごく気持ち悪いの!『げひ、げひ』って笑いながら、こっちにちょっとずつ近づいてきて……」
「ぶらぶらしながら?」
「ぶらぶらしながら。コーシローはほら、なにしろぶらぶらしているもんだから近づいてにおいを嗅ごうとして……オレは怖いからコーシローを無理に引っ張って逃げたんだけど、そのおじさんはちょっと追いかけてきたの!『げひ、げひ』っていう声が追いかけてきて……でも足がすごくのろくて、こーんな感じで(ホップステップのような飛び跳ねるような駆け方。また少しウケてしまった)本気で走ってるとは思えないんだけど……でもあの気持ち悪い声が追いかけてくるから!オレほんとうに怖かった!思い出してもぞっとするんだよ!今こうしてしゃべってると可笑しいように聞こえるかもしんないけど!!」

本気で怖がっているので、
「じゃあ、警察に通報しようか。」
と言った。
今まで、不審者はたまに見かけたけれど今回のおびえ方がひどいので、通報することで気持ちが落ち着くかもしれない。
「アキタコマチ」は急に活気づき、
「え!110番!?オレが電話かけるのっ!?どうしようオレ、緊張しちゃう!ひゃあ!」
「でもさっきの説明はとても詳しくてわかりやすかったから、おかーさんが言うよりもずっといいと思うよ。細かいところまでよく覚えてたね。えらいよ。」
「だってオレって説明とか得意だから!よし!電話するよ!!ああドキドキ!よーし!」
思ったとおり、恐怖感は薄れ、110番通報をすることに飛びついた。

通報してひととおり説明すると、今から警察官が直接来るという。
入れ替わり立ち替わり、全部で6人が来て「アキタコマチ」に事情聴取をした。
「アキタコマチ」は辛抱強く、同じ話をくり返して説明した。
私は口を出さずに、すべて「アキタコマチ」にまかせた。
被害届を出すほどでもないので、この辺りの巡回を強化すると言って、皆帰っていった。

オレってばあんなにいっぱいのおまわりさん相手に、立派に事情聴取に答えちゃったよ!
オレってすごい?!
……「アキタコマチ」の興奮が収まってくると、まただんだん怖さがよみがえってきたようだ。
「オレは、後ろが怖い!暗いのも怖い!暗くなってからの散歩にはもう絶対に行かないからね!」
「うーん、話からして、多分浮浪者だと思うけど、下半身になにも穿いていないで脱いだものも持ってないということは、だいぶ近くにいるのかもしれないね。下半身を露出する人は、危害を加えようとする人はほとんどいなくて、ただ見られるのが好きで、びっくりされるのが楽しいだけだから、さほど心配することはないと思うけど。追いかけたのもからかうだけだと思うよ。でもやっぱりどんなことがあるのかわからないから、注意しないとね。」
「どうしてそんなことするんだろう。もうほんとに気持ち悪いよ。ああ、今日は嫌な夢を見そう。」

それから数日は“怖い、気持ち悪い”と言っていたが、だんだんショックを忘れてきたようだ。
「世の中には、ちょっと理解しにくい人というのはやっぱり、いるものだからね。」
という話をしておいた。

by apakaba | 2006-10-27 18:33 | 子供 | Comments(10)
Commented by 与太郎 at 2006-10-27 21:10 x
> 「世の中には、ちょっと理解しにくい人というのはやっぱり、いるものだからね。」
 この言葉はどこの世界でも当てはまるようです。6チャンネルで朝5時10分頃から「ドクター月尾・地球の方程式」という番組をやっており、今週は「奇人・変人」の特集でした。今週の特集は今日で終わってしましまいましたが、偉大な作曲家もかなり奇人・変人だった人が多いようです。具体的に書くには文字数が足りないけどかなりひどく、上記を猛烈に逸していたようです。
 マイケルの姉(妹だったか?)が公衆の面前で上半身露出をしたらやはり警察沙汰になったようだが、いかに女性が演ずるにしても、下半身露出では喜ぶ人はほとんどいないだろうけど(興味がないのは私だけか?)、上半身露出なら迷惑する人はほとんどおらず、喜ぶ人の方が多いはずなんだが。アレがヨーロッパならどうと言うこともないのでしょうが。
 アメリカの小説を読んでいると、そういう面ではアメリカという国はものすごく遅れているようですね。進んでいるから良いと言うものでもないが。
Commented by apakaba at 2006-10-27 23:29
ジャネット・ジャクソンですね。
まあ、ネタですよね。あんなうまい具合になんというか、乳リングのようなものがはまっているのも不自然ですから。
ネタのつもりが異様に過剰反応され……話題にはなったけど。
Commented by 与太郎 at 2006-10-28 00:28 x
 そうなんですが、警察の反応がアラブ並みなので、アメリカという国は「風と共に去りぬ」の時代から全く変わっていないなと感じた次第です。
ミッチェルの書き方では、妊娠した場合、お腹の張り出しが目立つような格好をするのは「はしたない」と言うことが書いてありました。今は妊娠についてどう考えているか分かりませんが、上半身露出に関してはヨーロッパより100年以上考え方が遅れているなと感じた次第です。ちなみに、イタリアのチチョリーナ先生は公衆に乳房をさらし、信任を得て、国会議員に当選しました。ま、どちらが良いかはその民族の思考の問題なので、ここでは論じませんが。
Commented by ぴよ at 2006-10-28 03:10 x
いるね、変質者。
子供には恐怖の対象だと思うよ。納得させるのは難しい。
特別危害を加える訳じゃないけど、見て不快にさせる露出魔ね。

本当ならコーシローが臭いを嗅いだ後にガブリ☆とやってくれれば
大団円のネタになったんだろうけど(出来過ぎか?)
子供にとっては「理解不能な不気味で恐ろしい人」でしかないもんね。
この出来事がアキタコマチ君のトラウマにならなければいいな、と思うよ。

むしろ、こういう反応をしたアキタコマチ君は
将来的にも変態プレイに走る可能性は限りなく皆無に近いという
精神的に成熟した証拠なのかも?・・・考え過ぎか(苦笑)
Commented by Morikon at 2006-10-28 08:39 x
私は遭遇した経験がないのですが、
近所での変質者出没情報、多いですね。
ほとんどが団地か住宅街。
そんなに見てほしいのなら、駅前の●●銀座でやれってばよ(笑)
Commented by ミケ at 2006-10-28 13:03 x
アキタコマチ君とっても怖かったでしょうね(@@)
私は子どもの頃、スカートの中に手を入れてくる変態オヤヂや、
交通事故被害者(のフリだった)を助けようとしたら突然足に
絡まりついて腰を振ってきたジジイとか、まぁ他にもいろいろ
変質者に遭遇してきたので、怖い気持ちがとってもよくわかります。
お母さんにすぐ話せるのは男の子だからなのか、性格なのか、
私はショックで大人になるまで誰にも話せなかったです。
今では平気でベラベラ喋っていますが。
母が眞紀さんのような人なら子どもの頃喋っていたのかも。
Commented by 与太郎 at 2006-10-28 16:29 x
>交通事故被害者(のフリだった)を助けようとしたら突然足に
絡まりついて腰を振ってきたジジイとか、まぁ他にもいろいろ
変質者に遭遇してきたので

 ホントにとんでもないヤツが多いですね。私も出勤時、公園でひっくり返っているオヤジがいたので、声を書けたらいきなり胸に手を伸ばし来て。声で男か女か分かりそうなのにこの男バカか、と思いましたね。しょうがないから警察に連絡して放置しといたけど、警官の胸も揉んだのな(爆)
警官はどういう顔をしただろう?

 弱者のフリして女性にいたずらするヤツは許せない。触りたいなら金を出してそれなりのところへ行けと言いたいね。具体的には知らないが、今のご時世、金さえ出せばかなりのことができるらしいから。
Commented by apakaba at 2006-10-28 22:57
露出レス。
与太郎さん、しかしアメリカの雑誌「ハーパーズ・バザー」で妊婦ヌードのブリトニー・スピアーズが表紙を飾ってどうのこうの……は記憶に新しいですよね。

ぴよさん、我々のよーなスレた大人ならね、なんとも感じなかったでしょうねえ。私がいっしょにいてやれば……げひげひぶらぶら男を捕獲してもよかったんだけど……でも子供にはわけのわかんない人間て怖いんでしょうねえ。

Morikonさん、彼らには彼らの行動パターンというか、出没パターンがあるのよね。
○○銀座には現れないですね。
うちのほうで言えば差詰め神社、川沿いの道、住宅街の真ん中のうっそうとした裏道。など。

ミケさん、すごい災難つづきの青春!(青春?)
私はカラダに触られていやな思いをした経験がほぼ皆無なので、こんなに列挙されるとパニックになってしまいそう。
娘が心配だあ。でも、あまりにもショックなことだと、なぜかそういう目にあった自分を責めてしまうこともあるので、気をつけてあげたいと思っています。

与太郎さん、なんとまあよりによって与太郎さんがムネを揉まれるとは……すみませんややウケてしまいました。
Commented by メリー at 2006-10-30 12:02 x
なんかアキタコマチくんの説明を読んでたら、以前S木さんのところで読んだ
インドとかネパールのサドゥ(修行者)を、イメージしてしまった。
下半身に、石とかぶら下げてなかったか?とか・・・ いやいや・・・
私も中1の夏、自分ちの玄関に男の気配がしたので、客かと思って戸を開けたら
戸のすき間から、自分のモノを出して、うにゃらうにゃらと触ってたのに遭遇。
んもう!気持ち悪いったらありゃしない。あれは一生忘れん。
でも今なら、なにそれ?と冷静に言えるかな・・・とか思ったりするけど。。。^^;
Commented by apakaba at 2006-10-30 15:12
メリーさん、サドゥーのあれはほぼ3本目の手ですから。
なんでも持ち運べまっせ!


<< 蚊をつうじて……大人の世界と子...      柴犬は嫌われ者 >>