あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 15日

友だちと恋人

「ゥおかーさんっ!おかーさんは、“愛”と“恋”のちがいって知ってるッ!オレは調べたんだよ広辞苑で!だからオレにはちがいを言えるのさ!」
「ゥおかーさんっ!6年生でエロ本見るのっておかしいと思わない!?オレ、この前コンビニで××が立ち読みしてるの見ちゃったんだよ!早すぎるよ!バカだよあいつ!!」

まだまだ言うことがガキっぽいが、それなりにそういうことに興味が出てきたみたいだ。

6年生の「アキタコマチ」には、恋と友情のちがいがどうしてもよくわからないらしい。
仲のいい女の子と……友だち……じゃ、ダメなのか?
友だちと恋人は、どうちがうんだ?
どっちも似たようなものだとしか思えないんだけど?

広辞苑にも、ちがいが書いてありません。

友だちと恋人ねえ。ふーむ。
会って、別れたときにちがいがわかるんだよ。
会ってるときは似たような感じでどっちも楽しくても……
友だちは、サヨナラしたら「今日は楽しかった。」って思って、満足して帰ります。ただそれだけ。
恋人は、その人の姿が視界から消えて見えなくなったとたんから、もう次に会うときが待ちきれない。
そこの差かな。

by apakaba | 2006-11-15 12:27 | 子供 | Comments(13)
Commented by Morikon at 2006-11-15 13:33 x
エロ本の洗礼を受けたのは、確か小五の秋。
完成間近の団地群のなかで友人たちと「かくれんぼ」をしていて、
足元を見たら、知らないタイトルのマンガ雑誌が。

気が付けば、かくれんぼそっちのけで一時間くらい眺めていた(笑)
Commented by 那由他 at 2006-11-15 14:05 x
平尾昌晃さんの作詞作曲の「恋」によると、

♪恋というものは
不思議なものなんだ
・・・・
逢うたびにうれしくて
逢えばまたせつなくて
逢えなけりゃ悲しくて
逢わずにいられない♪

だって。
さすがに、うまいこと、詩にしてはりますね。

それも、漢字の使い方が、「会う」より「逢う」…。
Commented by はなまち at 2006-11-15 15:47 x
新漢字は駄目だなぁ、いとしいとしといふこころ。
Commented by K国 at 2006-11-15 17:42 x
ドキドキするのが恋愛してる頃なら、今は奥方が黙って横に来られると
別の意味でドキッとする、やましい事はしてませんよ
小学校の高学年頃がエロ本の解禁時期、友達のお兄さんが隠してたのを遊びに行って発見したとか、ひょんな所から目覚めます
Commented by apakaba at 2006-11-15 23:48
恋レス。
Morikonさん、ピンポイントにエロ本のオモヒデだーけーに反応、さすがおじさ×……いえ、R35ですからココ。
裏山とかなんかの建設予定地とか、そういうトコに捨ててあるんですよね。あれって。

那由他さん、「逢う」はオモヒの込め方が強すぎて、どうにも使いこなせませんね。
「遭う」は困りますけど。
平尾昌晃できましたか、ううむおみそれしやした。

はなまちさん、「いとし」は古語でいっぱーい出てくる、由緒あるコトバですね。

K国さん、私も夫が「ちょっと、話があるから。」というと恐怖でドキドキです。なにを怒られるのかと……
Commented by 那由他 at 2006-11-16 08:04 x
「逢ひみての 後のこころにくらぶれば. 昔はものを 思はざりけり」

「逢ふ」は確かに、「想い」(これも、また「思い」ではなく)の込め方が強いかも。

>「遭う」は困りますけど。

人生には、「遭ってしまう」恋もあるかも、ですね。(^^)
「遇う」なら、まだましかな?
Commented by ぴよ at 2006-11-16 08:58 x
相手が高校生以上だったら「友達と恋人の違いは好きのベクトルが
セクシャルな方向に向いているか・いないかが一番大きい」
とか言っちゃいそうだけど。
でもオトコの場合、情のないオンナにもセクシャルな欲求はありますからねぇ。
感情論の違いを問われると一口に説明するの、難しいですよね。

友情と恋愛は似ていて非なり。
恋愛と言っても恋と愛では似ていて非なり。
でも「恋」は男女間のセクシャルなイメージが強いけど
「愛」はもっと大きなモノを感じるね。「親子愛」「人類愛」という言葉はあっても
「親子恋」「人類恋」という言葉はありませんから。
セクシャルを超えた相手に対する無償の奉仕精神が愛・・・なのかな?
うーん。うまく説明出来ませんなぁ~
Commented by たがめいぬ at 2006-11-16 12:28 x
時が教えてくれるよ。

って答えはだめ?
Commented by Morikon at 2006-11-16 12:55 x
たがめいぬさんのをアレンジして、
「時と経験が教えてくれるよ。」ってのはどーでしょ?

アキタコマチ君くらいの頃の自分、妙に異性を毛嫌いしてたなぁ。
これは意識していたことの裏返し・照れ隠しでもあったんだけど。
まぁそのうち「あのコと手をつなぎたい」「チューしたい」
「裸を見たい」(以下自粛)という時期が
彼にも自然と来るんでしょうねぇ、フォフォフォ。
Commented by apakaba at 2006-11-16 14:31
おお、暴走寸止めの術。
Commented by apakaba at 2006-11-16 15:21
那由他さん、「あひみての」とか読むと、なんというか、驚きますよね。
1000年前の日本人と、今の自分らと同じ恋愛感情を持っているのか?と思うと、不思議です。

ぴよさん、んー朝からコメントがアダルト。しかも冷静に分析してるし。
で、女の場合もあるだろ、情のないオトコにセク(以下自粛)

たがめいぬさん、うん、きっとだめなんだと思う。
子供にとって一番イラつく答えが「大人になったらわかるよ」ってヤツじゃないかな。
とにかく理解できる範囲内で、今すぐ説明がほしいお年頃。
だから「会って別れるときの気持ち」で説明……と。

Morikonさん、……キャラ変えてない?
Commented by Morikon at 2006-11-16 18:57 x
え、キャラ変えてないってばよ。
「フォフォフォ」というフレーズを使ったのは初めてだけど、たぶん。
・・・・・・違和感アリ?
Commented by apakaba at 2006-11-17 11:52
フォフォフォはいいんだけど、寸止めキャラに。


<< ボジョレー・ヌーヴォー解禁日だぁ      1990年の春休み.44 ふた... >>