2007年 02月 06日

やっと、CATCHING TALES

ジェイミー・カラムのニュー・アルバムを、やっと聴くことができた。

洋楽が好きなので、一応、若いアーティストの歌をひととおりは聴く。
Maroon5、ギャビン・ディグロウ、クレイグ・デイビッドなどなど、どれも“悪くない”。
でもジェイミー・カラムは、若手の中で“かなりよい”。
声がチャーミングだ。
やや鼻にかかった声が甘さを出し、かなりのハスキーさが甘さを消して渋い陰影をつける。

歌の一節を耳にするだけで、あ、この人、ちゃんとジャズの古典を勉強しているとわかるし、デビュー時に較べてすっかりjazzyになったプリンスあたりも聴き込んでいるな……とも想像がつく。
アルバムの1曲目Get your wayなど、タイトであでやかな作りがプリンスによく似ている。

顔はガキっぽいが相当に唄う。
ジャズボーカル好きにはオススメ。
関連ページ

by apakaba | 2007-02-06 23:45 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(9)
Commented by はなまち at 2007-02-08 10:10 x
ブログのデザインかわりましたね。おめでとさん。
Commented by apakaba at 2007-02-08 11:47
ブログのスキンはどんどん新しいのが出るので、シンプルで字の読みやすいものを求めてどんどん変更していきます。
まったくコメントがつかないのは、ここを読む人がだーれもイマドキの洋楽ボーカルを聴かないってことでしょうかね。
「ブリジット・ジョーンズの日記」で「エヴァーラスティングラ〜ヴ」って主題歌を歌っていたヒト……と言っても、ダメかなー。
まあそういう日もあるさ。
Commented by 喜楽院 at 2007-02-08 12:44 x
私に限って言えば、仰せのとおりでございます。
Commented by はなまち at 2007-02-08 13:52 x
I'm verry sorry not to know that kind of artists.
おっさんで、めんご。
Commented by apakaba at 2007-02-08 16:41
喜楽院さん、正直者のあなたが好きだ。
金の斧を差し上げましょう。もらっても困ると思いますが。

はなまちさん、It's no need that you feel so sorry.
Actually I'm waiting for your pleasant comments.
Commented by ogawa at 2007-02-08 22:21 x
私も喜楽院さんと同じ、今のアーティストは知らない・・・(^^;;

だからタワーレコードとか行って、ヘビーローテーション
でかかっている曲は知らない曲ばかり・・・(^^;;
Commented by apakaba at 2007-02-09 08:18
ogawaさん、正直者のあなたには金の斧を……もらってもねえ……
耳に入ってくる曲で「あ、なんかイイ」と感じたら、すぐ調べるようにしています。
どうしても音楽に対して保守的になりやすいので。
「どれもこれも、なんとなーく聞き飽きたなあ」って思ってしまうときがありますよね。そういうときに新しい人の歌を聴くと、ぱっと新鮮な気分になりますよ。
新しい人の中にも、実力ある人は(たまに)いるんですねえ。
Commented by Morkon at 2007-02-09 13:01 x
ハ~イ、保守派の一人です(苦笑)
ただラジオで流れる新曲でも、
たまーに「心に引っかかるヤツ」があります。
最近だとアジアンカンフージェネレーションとかDefTecかな。
まだCD買うアクションまで至ってませんが・・・。
Commented by apakaba at 2007-02-09 15:11
Morikonさん、、正直者のあなたには金の斧(いいよ殴って)

CDは買いませんねー。
レンタル、いいとこi Tunesですね。


<< サーティーワンアイスクリーム、...      アートの限界と可能性——国立新... >>