あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 11日

京都へ一人旅するオレ←「アキタコマチ」

再来週の週末、「アキタコマチ」は京都へ一人で行く。
ogawaさんのおうちに泊まらせていただいて、京都で催される写真展と撮影会に参加するという。
私も行きたいところだが、持病が悪化して思うようにならず、今回は息子だけを行かせることにした。
持病ってホラ、不治の病。金欠病ですね。

「アキタコマチ」は写真が好きだ。
写真展と撮影会があると聞いて、「オレ絶対行きたい!」と言い出した。
持病があるからといって、うきうきしている息子を我慢させるのは忍びない。
先月から、貯金を始めた。
ブタの貯金箱に、500円貯金。
毎日の買い物でもらう500円玉のお釣りを、貯めていった。

一人で新幹線に乗ったことがないから、今日は練習として、家から品川駅の新幹線乗り場までいっしょに行ってみた。
「ブタの貯金箱を持って行きなさい。」
「アキタコマチ」に持たせた。

私:新幹線に乗るところまで一人でできれば、あとは乗っかっていくだけだから。京都駅のホームに、ogawaさんが待っていてくれるから。

ア:えっ。ホームまで?どうやって?

私:入場券というのを買えば、乗らなくてもホームまでは来られるんだよ。

ア:その入場券って……高いの?いくらぐらい?

私:(こういうことに気を遣うのがこの子だよなあ。)130円くらいかな。

ア:あっ、そうなんだ。安いんだね。よかった。

私:あんた知らない人とまちがえてついていったらダメだよ。ogawaさんは、……えっとー、えっとー、んー、なんて言ったらいいのか……ふつうのおじさん風。難しいな。特別大きくもなく小さくもなく、太ってもやせてもいなくて、ハゲてもいないし、ええとー、んー、いい人っぽい。うん。あと、眼鏡をかけてる。そんなおじさんいっぱいいるか。うーむ〜。

ア:……おかーさん、オレ、ちゃんとogawaさんの顔覚えてるし。2回会ったでしょ。大丈夫だよ。

私:あっ、そうだ目が垂れてる。ダメだこんな説明じゃ。

ア:だからー。覚えてるってば。知らないおじさんに付いていったりしないよ。

私:そうだよねぇ。うん。小さい子じゃないもんね。

品川駅に着いた。
新幹線の乗り場へ歩いていき、いよいよブタの貯金箱を出す。

c0042704_22522665.jpg


券売機で。
ところが、駅構内で買えるのは当日分の切符だけで、明日以降の切符は外の窓口でないと買えないのであった。
渋谷へ戻り、みどりの窓口へ。
さあ、ブタの貯金箱にはいくら貯まっているのでしょう。

c0042704_2255222.jpg


おお、意外とたくさんあったぞ。
窓口の前で、「アキタコマチ」が自分で時刻表を調べ、申込書に書き、500円玉をどっちゃり出して、ちゃんと切符を買えた。

ア:これで大丈夫だね!あとの残りは、帰りの切符とおみやげを買うからね。

私:あんたはこのブタの貯金箱といっしょに旅をしなさいよ。帰りにogawaさんが新幹線の切符を買ってくれようとしたら、すかさずサッとこれを取り出して固辞しなさいよ。「いえ、そんなことをしてもらっちゃあ困ります。母に怒られますから。僕、これを持っているんです。」と言って、さっきのように500円玉で自分で買いなさい。いいね。絶対に払ってもらったらダメだよ。

ア:……おかーさん、お金は言われたとおりに払うけど、オレはブタの貯金箱と旅をするのはいやだ。これは置いていくから。

私:なんでよ!絶対ウケるって!駅でこれ出したら!

ア:ウケたくないし。とにかくこの貯金箱は置いてくからね。

なんだよノリの悪いやつだなあ。
私ならこのまま持っていくのに。

トカナントカ、一人旅の準備は整った。
しかし、帰り道では、渋谷から自宅への電車の切符を、思いっきりなくしていた。
まだまだ心配。

私:なにやってんのよ!もし新幹線の切符をなくしたら、ブタの貯金箱から払って、そしたらもう帰りの分はないからね。帰ってこられないよ。きちんと管理しなさい!

by apakaba | 2007-02-11 23:10 | 子供 | Comments(12)
Commented by キョヤジ at 2007-02-11 23:14 x
帰って来られなくなったらogawaさんちの子になりなさい。(笑)
Commented by apakaba at 2007-02-11 23:31
あいつがいないと私が困るんだよね。
Commented by ogawa at 2007-02-11 23:35 x
ちゃんと来るんだよ。
乗り過ごすのは新大阪ぐらいならいいけど、まちがっても
岡山や広島にいかないよーに(^^;;

ブタの貯金箱抱いて京都駅のホームにいらっしゃい(^^)
Commented by apakaba at 2007-02-11 23:37
貯金箱ごと旅したほうが絶対ウケると思うんだけどなあ……
Commented by Morikon at 2007-02-12 00:16 x
ブタも旅させて写せば面白いのにね、「アメリ」みたいに(微笑)
Commented by のこのこ at 2007-02-12 02:03 x
ぎゃはははは。
笑った!
やはり豚といくのが条件でしょ!

しかし子供料金とはいえ新幹線なんて贅沢な。
せっかくなら若者らしく青春18切符で行くとか?ん?ありゃ小学生OKか?バスで行くとか?さらなる冒険の領域へ。(笑)
私も小学生のころ一人で福岡のおばあちゃん家まで行ったぞ。
頑張れアキタコマチ!
Commented by K国 at 2007-02-12 08:39 x
私が小学生のころ、自分で旅行した記憶は無いな~。
自宅から40キロ離れた模型屋に、自転車で買いに行ったくらいしか憶えていない。旅行なんて余裕の無い時代でしたから。
新幹線は油断したら乗り過ごすけど、その点飛行機の方が目的地で終わりだから、安心といえば安心ですね。
(民宿の親父)
Commented by 花岡じった at 2007-02-12 09:28 x
毎日、買い物でもらう500円てーのもスゲーよなぁ。
持病ぢゃねーじゃんよ。

俺は彼の年頃は毎年函館に行ってたぞ。(4年生から中1まで)
さすがに初めての時は同じように大宮駅までは母親同行、
青森終点からは向こうの親戚が青函連絡船乗り場まで来ていたが
翌年からは自宅から函館の家まで一人だったなぁ。
今思えばスゲーよなぁ。
うちの嫁は今でもそんなこと出来ないぞ!あはは。

自転車では自宅(岩槻市)から群馬県は太田市の先の親戚の家まで行ったっけなぁ。(小6の夏)
深夜12時に出て着いたのが朝の9時だった。
しかも1000円しか持っていなかった。
あはは、バカな小学生でしたわ。
Commented by ぴよ at 2007-02-12 11:33 x
ぴよんち超過保護だったから、中学に上がるまでは1人で電車に
乗っちゃいけないってキツク言われてた。
新幹線に1人で乗るなんて夢のまた夢。
正直言うと、結婚するまで1人で新幹線に乗った事がなかった。
子供の頃にこういう「1人旅体験」するのって、すっごく有意義だと思う。

あ、でも・・・ブタ君との2人旅?も捨てがたい魅力があります(笑)
Commented by はなまち at 2007-02-12 13:02 x
東海道線を乗り継ぎだと、早朝に出ると夕方たどりつく。
これは新幹線と違って、昔の東海道を意識しているから風景もいいし、
乗り換えるごとに言葉が変わってくるのが観察できて面白い。
そんな風に思うな。
だけど大変は大変。
もはやそんな悠長なことしている時間はなくなったが。
Commented by apakaba at 2007-02-13 09:27
旅するオレレス。
Morikonさん、アメリってそんなの出てきたっけ。出てきたような気もする。
よく、旅と写真が好きな人で、決まったマスコットを写し込むのをやっている人もいるな。
「新幹線に乗ったよ!ブー」とか?
「京都はまだかなあ。ブー」とか?
「車内販売でおやつ買っちゃった。少しお腹の中身が軽くなったよ。お兄ちゃんのお腹は重くなったけど。ブー」とか。

のこのこさん、長期休みになったらゆっくりの旅もやると言い出しそう。
まだまだこれから、あの子はいつでも前途洋々ですよ。

K国さん、飛行機は降ろされるのが安心、だけどこの前みたいに悪天候に弱い……新幹線は派手な乗り越しがコワイ。
母もインドの真ん中を派手に寝過ごしましたし。

じったさん、青函連絡船いいなあ〜!大好きでした。
しかし行動する子供だったんだね。ステキな話。
今やれって言われても絶対に絶対にやらないことを、子供ってやれてしまうのね。そこがいいなあ。
Commented by apakaba at 2007-02-13 09:27
旅つづき。

ぴよさん、一人っ子ならともかく、3人きょうだいなのに超過保護というのは、やはり女の子一人が大事!だったってことなのかな。
愛情を一身に背負ってきたのね。
厳重なる箱入り娘だったのね!
子供にも、そういうことをする適性があると思うんだけど、次男はやりそうなので私も積極的に外へ出させるようにしてます。

はなまちさん、そうそう、東海道を西へ西へ、いいですよね。
私も時間がたっぷりあった時代には、やっていましたね。
新幹線は乗っていて楽しい電車ではないので。
子供にはまだいくらでも時間があるので、そういう本来の旅の醍醐味を知る機会もあるんでしょうねー。


<< 受験に落ちる、とか合格するとか      人に判定され、選ばれることの意義 >>