2005年 01月 12日

キスマーク。妙な場所に

眠っている夫に、目が釘付けっ!キスマークを発見してしまう!!
なななななんで?!
しかもその場所は……耳たぶ!
耳たぶがばっちり鬱血している。

「あなたその耳は、なんなの?!」
「なんだよ……(鏡を見せる)ウワーなんだこれ!なにもやってないよオレ!」
よほど激しいプレイがお好きと見える……耳に吸い付くとは……だけどどうも、夫が嘘をついているようでもない。

だとするとどうして。
ひょっとして、寝ている間に耳が折れ曲がったまま、ぐーっと枕か布団に押しつけてしまったのだろうか。
なんてバカなの。
そこまでぐっすり寝込んでいるアナタってば。

そこではたと考え直す。
世間的に見たら、この激しいプレイをやったのは、このアタシ、と、思われるの、か?
「ちょ、ちょっと、これ絶対人に見せないでよ。私が疑われるんだから。」
「オレだってみっともないからやだよ。だけどこんな場所じゃあ、隠すのが難しいよ!」
身に覚えがないのにあわてるふたり。

とかなんとかいうことが、しばらく前にあった。
ところが今度は、ウワアアアッ、私の耳たぶが!
例の、キスマーク状態にっ!!
なんもまずい記憶がない、ということは私もやってたのね。耳を折り曲げての熟睡……ああ、バカな夫婦だとも。

by apakaba | 2005-01-12 23:25 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 土蜘の精      ふるさとは遠きにありて…… >>