あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 26日

愛されていることを知っている子

「アキタコマチ」が関西遠征に行っている間、お兄ちゃん子の「コシヒカリ」は機嫌が悪い。
何度も電話をしたがる。
「アキタコマチ」がうるさそうに返事していると、
「『アキタコマチ』お兄ちゃんは自分だけすっかりおとな気分になって、わたしのことをじゃまにする!」
と、ますますむくれる。
なのでなるべく週末は「コシヒカリ」と話をするようにしていた。
ふだんは、ついつい「アキタコマチ」に任せきりにしてしまうからである。

「おかーさん、首の下のとこにブツブツが出てるよ。」
「ああ、そうね。ここにたまにブツブツが出るときがあるのよね。」
「たいへん!おかーさん、それは病気だよ。“いしゃさま”に行った方がいいよ。」
口調が少し芝居がかっている。
医者サマと聞いてぴんときた。

「『コシヒカリ』さん、学校で『モチモチの木』を習っているでしょうー。」
私も芝居がかって言った。
『モチモチの木』の中に、“いしゃさま”という言葉が出てくるから、すぐわかったのだ。
目をまん丸くして驚く。
「え!どうしてわかったの。今、ちょうど国語でやってるの。」
「おかーさんは遠めがねで『コシヒカリ』さんを見ています。だから知っています。」
“遠めがねで見ている”というフレーズは、亡くなった父がしょっちゅう言っていたのだ。
幼いころ、会社にいるはずの父が、帰宅すると私のことをなんでもよく知っているのが不思議でたまらなかった。
「眞紀のことを、昼間は遠めがねで見ているんだよ。」
と言うのを、“ウソだぁ”と半ば疑い、“でも、だったらどうしてお父さんは知っているのかなあ?”と首をかしげた。

私は、子供にウソばかり言っていた父のことを疑いのまなざしで眺めていたのに、娘はうふふっと可笑しそうに笑うだけ。
そして、
「おかーさん、わたしもおとなになってお母さんになったら、遠めがねをもらいます。遠めがねは“うけつがれる”んですよ。」
「へえ、じゃあおかーさんの遠めがねはどうなるの。おかーさんがおばあさんになったら、もうなくなっちゃうんですか。」
「なくなりませんよ。遠めがねは増えていくんですよ。もうわたしがもらいましたよ。」
と言い、手で丸を作って、双眼鏡で私の心をのぞくようなしぐさをする。
「ふむふむ。おかーさん、今、わたしのことを、“かわいいなぁー”って思っていたでしょう。」

もちろん、
「うん、思ってた。」
と即答。

幼かったころの私とちがい、大人のウソに調子を合わせてその上を行くのも大した神経だと思うし、それ以上に、自分が無条件に愛されていることにほんの少しの疑念も抱かないことには感心もするし呆れもする。
遠めがねを用いるまでもなく、娘を見る私の顔に“かわいいなぁー”と書いてあったことは間違いないだろうが、もし幼いころの私だったら、とてもそんな言葉を親に向かってぬけぬけと言ったりはしなかったはずだ。
すごい自信。
この図々しさは、将来どんな性格となって表れていくのだろう?
この子の強みになってくれればいいのだが、と思う。

by apakaba | 2007-02-26 18:01 | 子供 | Comments(7)
Commented by 喜楽院 at 2007-02-26 18:52 x
久し振りに、一読しただけで、自分の体に「す~っ」と
染み入ってくるような、素敵なタッチの文章を読ませて頂きました。
うちの小4の次女を連想してしまい、それが頭から離れません。

さすがは眞紀さん。お見事であります。
Commented by のこのこ at 2007-02-26 21:15 x
ああ素敵な話!

女の子は自分が愛されていることに疑問を持たないというか当然と思える子のほうが断然かわいくて愛される子になると思います。
愛されてることに素直になれない子はかわいげないし、いつも自信がないし、遠回りしてばかりで大変!
私も結構というか相当ヒネた子だったからうらやましい〜!
Commented by ぴよ at 2007-02-27 00:21 x
>この図々しさは、将来どんな性格となって表れていくのだろう?

それはね、将来ぴよのようなキャラになるという事ですよ!(きっぱり)
親は自分を愛して愛して愛し抜いてくれいてると信じて疑った事等
生まれてこの方一度もありませんっ!
そして今もその考えに一点の曇りもありませんが。それが何か?(苦笑)

でもね、
親に愛されているという自信に溢れている子って・・・
自分で言うのも何だけどホントに幸せなんだよ。
それだけコシヒカリちゃんが幸せな人生を歩んでいて、
眞紀さんがコシヒカリちゃんの事を愛している気持ちがきちんと伝わってるって事。
それって、親子関係でとっても大切な事だとぴよは思うよ。
Commented by K国 at 2007-02-27 07:52 x
子供が3人いると思うのですが、私も3人兄弟で、私の子供も3人兄弟です。
成績優秀でチョット神経質な一番目、チョット脱線気味な二番目に
甘え上手な三番目ってな図式で、我が家でも二番目と三番目が良くも悪くも絡んでました。
今度はコシヒカリちゃんが脱皮する順番になってきた。
最後の甘えかも、今のうちにかみしめといてください。
Commented by apakaba at 2007-02-27 09:26
「コシヒカリ」レス。
喜楽院さん、「おかあさーん、寝ましょうよー」の次女さんですか。
うまくフレーズを再現できなくてごめんなさい。
女の子って声もかわいいですよね。
日々、ドラマティックな大事件は起こらないんだけど……些細なやりとりとかが心にしみるのはトシのせいかなー。

のこのこさん、なんかね、「この女〜、この先一体どうなるんだ〜!?」って心配でもあるけど、自分の子供時代、多くの人からの愛情をどっさりもらってこなかったような気がするので、まぶしいなあと思いますね。

ぴよさん、そうか……将来はアナタか。

うれしい。

ナゼ、一行あくのか。
いえ、感無量だから。そうだね、親から否定されていたら、自分に自信を持てない子になってしまうもんなー。ナルホド。

K国さん、うちの3人もだんだん大きくなり、ますます、どんどん、K国家のモデルに近づいていっています。
ていうか、そっくりです。どうしましょう。
Commented by 満腹ボクサー at 2007-03-02 12:25 x
コシヒカリさんに座布団百万枚!

……って座れねーか。
Commented by apakaba at 2007-03-02 15:53
やっぱり、愛なのかなあ。
大事なことは。


<< 巣立っていけ。      育てたように……育ってきたのか >>