あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 17日

親孝行とはいえないだろうが

義母から「子供たちの冬物、買いに行かない?」と電話。
今日は夫が泊まりがけの出張だというと、
「あらっ。(←あからさまにうれしそうな声)じゃあ、晩のごはんもいっしょにどう?」
義母にとって一人息子だというのに、夫はいないほうがさっぱりしていていいようなのだ。
子供服の買い物の間はむっつりしてるし、食事はなるべく自分の家で食べたがるから。
義父のほうは、私もいっしょに食事となるとおおっぴらに飲めるからうれしいらしい。
義母は飲まないので、酒好きな義父に対してとっても口やかましく、飲むな飲むなという。
ふたりで暮らしていて、傍らでずうっと「飲むな」と言われつづけながら飲むのは、きっと健康のためにはいいのだろうけどそれはそれでしんどいことだろう。
イタリア料理の店に入ると、ワインを一本頼もうとして、さっそく義母から
「フルで一本頼むの、そんなに飲むの?」
とヤラレている。
私が
「ああ、べつに大丈夫でしょ、おとうさん。ハーフじゃ少ないでしょ。私も飲みますから。」
と言ったら、喜んでたちまち一本空けてしまった。

いつも、服を買ってもらって、食事をごちそうになって、私からはほとんどなんのプレゼントもしないまま。
こんなんでは親孝行とはいえないだろうが、いつかパァッと恩返しするつもり……(だけはある)。

by apakaba | 2004-10-17 10:58 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 和菓子が好き      オースターの三部作『THE N... >>