あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 12日

メルセデスC280を、転がしまくるッ!

うちの車はメルセデスA160、すべてのメルセデスの車の中で、一番安くて小さい車だ。
ただでさえ一番安くて小さいのに、私が単身でヤナセに行き、悪魔的に値切り倒して買った愛車である。

3年目の車検の時期がやってきた。
ヤナセのサービスから「車検は当方で」と手紙が来た。
電話を入れ、「代車出してくれるなら」というと、代車は店に二台しかなく、なかなかローテーションが大変だという。
ようするになるべく我慢してほしいということだ。

「代車を出してくれないなら、お宅で頼まないわ。」
と強気で押す。
なぜ私はこんなに食い下がるのでしょう。
うちの車はメルセデスで最低ランク、ということは、代車はうちよりイイのが来ると考えてまずまちがいない……。
案の定、
「承知しました。代車がご用意でき次第、車検は当方でお願いします。ところで代車の車種なのですが、ミタニ様のお持ちのお車よりも少し大きくなりまして、Cクラスのご用意になりますがよろしいでしょうか。」
やっっったああああああ〜〜〜。
自分じゃ買えっこないCクラス、一週間だけでも乗ってみたいー!

予想はしていたけど代車のC280は、10年落ち、7万キロ走っている、外見はかなりヨレヨレの車だった。
しかし、走ってみたらやっぱりすごいぞ。
外装・内装とも、見た目はいまのスタイリッシュなCクラスには及ばないものの、足回りはさすがの一言。
衝撃の吸収ぐあいがすばらしい。
6気筒エンジン、排気量2800㏄という、いまのCクラスではなくなってしまった妙に馬力優先のクルマだ。
連休最終日でがらがらに空いた都心を、意味もなく走り回る。
子供たちも、
「この、ドアの“ばん”って閉まり具合が、いい。しっかりしてる。」
「なめらか〜に走る!道にデコボコがないみたい。」
と、子供ながらにランクのちがいをわかるようだ。

ボロイ代車でこの有様なんだから、新型CクラスやEクラスにいたっては一体どんな世界になっちゃうことやら。
とりあえずこの一週間、タダでCクラスオーナーになったつもりを満喫します。

by apakaba | 2004-10-12 00:01 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 東京六大学野球      市場の狙いは、中国……? >>