2007年 03月 15日

ニュージーランド土産話

きのう、夫がニュージーランドから帰ってきた。
修学旅行で、200人の女子中学生を引率して行っていた。
これまでの観光中心の旅行を、今回初めて、ホームステイがメイン、語学研修を目的とした旅行に様変わりさせたという。

長年つづけてきた、ありきたりでお仕着せの修学旅行を変えることを提案したのは夫で、企画段階では古参の先生方から猛反対に遭ったらしい。
じゃあ保護者にアンケートを採ってみろ、と実施したら、90%以上の保護者が改革に賛成。
ほら見ろ!絶対に成功させてやる!息巻いて、しかしなにもかも初めてづくしの責任の重さにそうとう緊張しながら出かけていった。

これまで、彼が海外から帰ってくる日に迎えに行ったことはなかったが、きのうは初めて駅までクルマで行ってあげた。
私も、立案から準備の段階での夫の意気込みを見てきたので、不備や事故がなかったかが気になっていた。
首尾よくいったというので一安心。
ずっと土産話をしゃべりつづけている。
(ほんとのお土産は一個もなし。そういう人なの。)

家に着いてからもしゃべっているので、一緒にお風呂に入って話を聞いていた。
うちのお風呂はせまくて、洗い場と湯船を交互に出入りしないとふたりは入れない。
夫は、自分はもう上がるばかりになっているのに、まだ洗い場に座ってしゃべっている。
私はお湯につかっているのが厳しくなってきた。
「あのー……、悪いんだけど、早く出てくれない?あたしのぼせちゃいそうだよ。」
ととうとう言ってしまった。
「なんだよ、てっきりのんびりあったまってるのかと思ったぜ。」

飛行機の中で映画を観たとか、ホテルの食事が単調で参ったぜとかいろいろ言っていた。
「お昼は先生も各自でしょう。どんなとこ行ったの。」
「俺も30過ぎてあなたと旅行に行くようになってから、街歩いてて、どのへんでどんなもんを食べられそうか、みたいな勘どころがわかってきたからさ(1999年、イスラエルとフランスに、まさに私が“連れて行った”状態だった。それまで彼は自由旅行をした経験がなかった。メインサイト旅行記参照)。中華とケバブはどこにでもあるから。そんなの食ってたな。ケバブは偉大だぜ。安くて、うまい。」
「ははあ、経験がものを言うねえ。酒はなにがあるの。なに飲んでた?」
「まあ、ビールだな、ワイン買うヒマはなかった。仕事で行ってるからほんとにちょこっとしか飲まないし。その国に行ったらその国の酒……NZ国産ビールがあるから。」
「ウマイ?」
「うまいよ。」

「トラブルなかった?」
「目立ったトラブルはないけど……まあ、ほら、あっちの人たちってすっげえいい人ばっかりなんだけど、ステイする部屋が汚いとか、そんなので参ってる生徒はいたみたい。清潔の基準がちがうっていうか。ガイジンてアバウトなところあるじゃん。それでホームシックになる子は少し出るんだよな。でも修学旅行でホームシックになる子は毎年出るから、そのトラブルは折り込み済みなんだ。」
「へえ!ホームシックねえ。うちの子供には縁がなさそうだけど……でもまあ、中学生でいきなりNZ訛りの英語でずっと生活して、ステイする部屋がきれいじゃない、とかってちょっと刺激が強すぎるのかもね。それもわかるな。」

「俺さ、向こうからずっと修学旅行日記を学校のHPに載せてたんだよ。読む?」
「ん、あー読む読む。こんなの書いて出すんだー、へえ、隔世の感ありだなあ。」
「今の親ってさ、子供のことなんでも知りたがるんだよ。昔は修学旅行なんて、子供預けてそのまんま帰ってくるまで待ってたじゃん。でも今はちがうんだよ。学校にじゃんじゃん問い合わせが来ちゃうから。今なにしてるのかとか。だから先回りしてこういうの配信するわけ。」
「へええ。これも仕事なんだねえ。」
「でもよかったよ、みんな喜んでおおかた成功して。」

今日は通常どおりに出勤していった。
実はまだ、大半の生徒があっちに残ってロングステイをしている。
修学旅行の代金にプラス10万円を上乗せすると、オプションとしてホームステイを3月いっぱいまで延長できる、という企画も実行したのだ。
これこそが、先生方の大反対に遭い、しかし蓋を開けてみたら申し込み90%超となった目玉企画だ。
夫は一度帰国して学校の仕事を片づけ、またすぐニュージーランドへとんぼ返りする。

自分が旅行に行くわけじゃないし、夫も仕事だから旅気分というわけではない。
それでも、やっぱり外国へ行くのは楽しそう。
人の旅の話を聞くのが好きだ。
夫の生徒さんたちが外国でどんなことを感じるのかなあ、と思いながら土産話を聞くのは楽しい。
(でもお土産もちょっと欲しかった。)

by apakaba | 2007-03-15 09:50 | 生活の話題 | Comments(14)
Commented by のこのこ at 2007-03-15 10:28 x
すごいすごいすごい!!!

よくぞまあそんなべらぼうに大変な変革を提案実行したもんですね!
しかも中学生!

いや〜すごい。全くすごいですマキダーリン。

居残りロングHSしかも二週間かあ〜。
責任取る側は痩せそう。
いっぱいいたわってあげてくださいね!

大量のステイ先は紹介業者がいるのですか?
ラクダ家も学生HS受け入れたいんだけど市の募集とかないかなあ?
Commented by apakaba at 2007-03-15 11:29
まああの人はなんでも変えちゃう人なんで、敵も多いでしょう。
他学年の遠足も、遊園地みたいなとこを登山とか農村体験ステイに変えたり。
年配者にとっては、新しい企画はマニュアルがないから、扱いにくい人ですよ。
そうやって仕事を自ら背負い込むから忙しくなるのよね。
私は忙しいの大嫌いなのに、よく働く男だ。

ホームステイは専門の仲介業者が仲立ちに入ったのだと思います。
そういえば、私の実家も昔やってたな。マレーシア人の女の子とか泊まっていた。K国さんのおうちもよくやっていたと言っていたなあ。
Commented by キョヤジ at 2007-03-15 12:44 x
お土産ははっきりとこれこれが欲しいと言った方が良いんじゃないの。
ほっとけば何も買ってこない。どうやらこの辺は似たもの夫婦らしいからさ。(大笑)
Commented by apakaba at 2007-03-15 12:49
>どうやらこの辺は似たもの夫婦らしいからさ。(大笑)

あはあはあは……すっごい笑った……私もお土産ってほぼ買わないんだわ……自分で忘れてた。
キョヤジさんがくれたパミール高原の石はバッグの底にいつも入っているというのに。
Commented by K国 at 2007-03-15 17:26 x
前例どうりが好きな世界で改革するってカッコイイですね、インパクトのある先生ですね、子供はかかわった大人で人生が変わる事もある、素晴らしい体験をプレゼントできてそのひとかけらに貢献してますよ。
Commented by apakaba at 2007-03-15 20:40
K国さん、以前の修学旅行は、バス何台も連ねて、観光地へガイド付きで行って……という典型的な旅行だったらしいです。
「こんなのつまらーん!」と言い出して、周りはぎょっとしたみたい。
でも夫が自信を持って海外旅行を自力で生きるステイ形式に変えてしまったのも、アタクシが旅に連れていったからなんだわーと気づく。
あー内助の功なんだわ。と誰も言ってくれないからここに書く。
Commented by 花岡じった at 2007-03-15 20:40 x
をー、NZネタかぁ。
俺の第二の故郷だぞ。

まー、よっぽど楽しくて思い通りにいった修学旅行だったんだな。
そんな時は「うんうん」と聞いて「へぇ~、凄いねぇ♪」と
言ってやるべきだな。
そんな程度で野郎は↑気分だな。

>NZ国産ビールがあるから。
ライオンレッドかスティインラガーだぞ。
俺はどちらかというとライオンレッド派だったな。

あの国はね「世界の田舎」なんで治安はスゲーいいのよ。
修学旅行ではもってこいの国だよなぁ。

ほぉ~、NZにとんぼ返りかぁ・・・・
マジで羨ましいぞ♪
老後はNZかフィリピンだな。

で、NZの何処行ったん?
Commented by apakaba at 2007-03-15 20:49
じったさん待ってたよー!
>そんな程度で野郎は↑気分だな。
はい、またーくそのとおり。聞き上手さんは円満のヒケツです。
夫はラガーを飲んでいたって言ってたような。
それで「しばらく住んでもいいと思ったぜ」と真剣に言っていた。
あたしも行くのかなあ?
どこにいたのかは知りません(きっぱり)、オークランドというところかな?ごめん無知で。
Commented by 花岡じった at 2007-03-15 21:18 x
なぬ?
オークランドかぁ。(首都ではないがNZ最大の街である)
まさしく俺の故郷だな。
でも、自然を追求するなら南島だけどね。

あーー、きっとカナーリ変わったんだろうなぁ。
と・・・よっし!GWはNZに行くぞ!と思い
トラベルコちゃんで検索したら撃沈だった。(悲)

いやぁ、でも老後に住むならホントいい街ですよ。
嫁はあと一歩で永住権取れなかったよ。(悲)
Commented by apakaba at 2007-03-15 23:35
自然は南か。じゃあ、ロード・オブ・ザ・リングのロケは南なのかな。
ケバブに中華食って、タクシー運転手はインド人と。
じったさんはNZと魂で結ばれているんだね。
そういう地があるって、とてもよくわかる。
Commented by Amano at 2007-03-16 00:28 x
NZはrじったさんの言うとおり老後に住みたい国
ですね。

このブログを読み出しでは「修学旅行でホームスティ
?期間が短すぎて物足りないんじゃない?」と思って
ましたが、後段のオプション設定で納得!!
やっぱり1ヶ月くらいはいたいですよネ。
Commented by apakaba at 2007-03-16 08:04
ホームステイも期間が長くなると、ホテルで待機している先生たちは気が気じゃないみたいですが……ま、それも仕事だし。
生徒や親御さんが満足して、学校の評価が上がれば疲れも吹っ飛ぶんだろうな。
Commented by ぴよ at 2007-03-18 00:15 x
春休みなのでぇ・・・

いっそ、子供達を連れて、旦那様がNZに再来する時に一緒に行っちゃって
(勿論ホテルは別でもいいっすよ)
「春休み家族旅行@実はファミリー全員で海外って初めて?」
という企画を組むのは・・・ダメっすか?(苦笑)
Commented by apakaba at 2007-03-18 14:15
そんな資金はありません。
あったとしても家族で海外なんていやーん。


<< 1990年の春休み.54 ふた...      担任の言葉 >>