あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 11日

「アキタコマチ」の二度目の撮影

子供の話題が連続するが……今度は次男「アキタコマチ」のこと。
三日前の日曜に、京都へ単身で行き、あちらの写真集団の皆さんに混じってまたも撮影をしてきた。
またもいろいろ教えてもらったようで、夜になって満足そうな顔で帰ってきた。

2月の散策撮影会のときは、ビギナーズラックというのか、センスと直感で撮り進めていくという感じの写真だったが、今回は明らかに撮影の腕を上げていた。

あちらの臨時保護者のogawaさんが、また息子の写真をまとめてくれた。
少年、京都の桜を撮るというページを見て、夫が言った。
「あのなあこれはな、この文をつけてくれた人に、(「アキタコマチ」への)愛情があるんだよ。これはこの人がすげえんだよ。」
私も、感動した。
ogawaさんは詩人だな。
「アキタコマチ」は、たくさんの大人に愛されて、幸せだな。

夫はぼそぼそと、
「なんだぁそろそろ、俺のNikon FEを修理に出してあいつに持たせてやるか?あれまだうまく動くかな?」
とか言い始めた。
今回の写真を見て、心を動かされたらしい。
がんばれ。
あの年頃の子って、“沈滞”とか“後退”とは無縁なの。
スランプ、なし。ずっと前進していっちゃう。
やればやるほど、どんどん欲が出て、撮りたい絵のイメージができていくんだな。
がんばれがんばれ。

by apakaba | 2007-04-11 01:33 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(10)
Commented by nokonokoblog at 2007-04-11 01:43
わ~いアップしたて!
見た見た。 すごかった。びっくりしました。
これ、先月まで小学生だった子の写真じゃないよね。。。

でもダーリンの言ってた「ogawaさんがすげーんだよ」ってのもとてもわかります。
彼のあの言葉で写真をつむいでささっと一冊の物語にしちゃうあのセンス、すごいと思う。

いいなぁ・・・・こんなにみるみるぐんぐん上達していくってすごいよね。キラキラまぶしいよね。

私も得意なことをがんばろう。 
苦手なことはとことん苦手なので・・・ええ、語学とか、メニューのオーダーとか。それと数字と、お金のかかることと、体型の話もダメだ。そこらへんはつつかないでねー。(笑)
Commented by apakaba at 2007-04-11 09:50
のこのこさん、そちらのブログでメニューのオーダーの話を読んでヒトゴトとは思えず。私も片っ端から訳がわからなくなる口だから。

「アキタコマチ」は、いいなと思った大人の写真を素直に真似てみているので、やっぱりものを学ぶ人間に素直さは絶対に必要なんだなと思います。
写真に添えたogawaさんの言葉にはじーんとしましたね。
ogawaさんは「アキタコマチ」が病気で苦しんでいたころにだいぶ心配してくれて私もお世話になったので、感慨もひとしおですわ。
Commented by たがめいぬ at 2007-04-11 12:42 x
そう 旦那の見方って素晴らしいよね。

自分の子供の写真だから贔屓目に見ちゃうんだろうけど ogawaさんの気持ちに感謝できるのだから。

でも ogawaさんのコメントを抜いても 今回の写真は好きな写真が沢山あったよ。
Commented by apakaba at 2007-04-11 13:23
神田川で漠然と撮って玉砕していたから、今度はしっかりイメージを固めていったんでしょう。いろんな人の桜写真を見て研究していたし。

夫が、一面識もないogawaさんの、「アキタコマチ」への愛情を感じ取ったのにはびっくりした。やっぱり、表現は敏感な発信者と敏感な受け手で成り立つのねと思ったよ。
Commented by K国 at 2007-04-11 18:09 x
アキタコマチを師匠と呼ばなきゃならね~かな。
私ただ撮るだけの人ですので、テクニックはありません
今度来た時に、教えてもらいます。ウンチク言われるだろうな。
Commented by apakaba at 2007-04-11 19:36
ヤツのうんちくにつきあうのも、大人のつとめか……私も、やたら写真のうんちくばかり語られて耳学問ですわ。
Commented by ogawa at 2007-04-11 22:08 x
たまたま私が臨時保護者だったけど、アキタコマチ君の写真は
かぶんさん、qooさん、大魔王が教えて、それを彼が撮ったのです。

「りある」のメンバーは、彼が上手くなるのが嬉しくて、
そして自分たちが刺激を受けるのが嬉しいのですよ。

私は、その写真に流れをつけただけですよ(^^)
Commented by apakaba at 2007-04-11 22:16
みんなで育てているんだなー。
子供が、親から徐々に手放れていって、社会的存在となっていくのに、たくさんの大人に見守られていくのが、理想です。
フジハラさんがよく言っている「ナナメの関係」。
親・子とか先生とかのタテの上下関係でもなく、友だちとのヨコの関係でもない、他人の年長者の温かい目と手。それに守られて、子供は育つんだと思う。
あの子はそれを一番うまく自分のものとしています。

でもogawaさんのアシスタントっぷりは各所の書き込みを見てうかがい知れました。たいへんだったでしょう。モミモミ←肩
こちらへお越しの際は大サービス!!しますわ。
Commented by ミケ at 2007-04-12 12:29 x
乗り遅れてのコメントですが・・・
写真に詳しくない私が見ても上達してるのがよく分かります!
ステキ~な写真達でした♪
ogawaさんもステキ。(←オマケじゃないですよ)
Commented by apakaba at 2007-04-12 16:02
ミケさんありがとうございます!
9月の写真展には正式メンバーになるらしいので、また行ってください。

>(←オマケじゃないですよ)
あーあのねこういうときはね。順番を入れ替えるの。
とにかく最初に書いちゃうんです。
「ogawaさんステキ。そして写真が上達してステキ」と運ぶと、うまくいくのです……私はよくやります。コメントの手の内幕の内。


<< マグナムが撮った東京——本当の...      長男が高校生になったよ >>