あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2004年 04月 04日

ある大学に咲く桜

夫の実家に、家族で行ってきた。
クルマでいつも通る道のり、桜がそこここに咲いていて、ああ、ここは桜が植えてあったのかといちいち驚く。

通りかかった都内のある大学の校門も、桜がいっぱい。
ひとの家とちがって、学校に植えてある桜は、あまり切らなくていいからダイナミックでいいなー。
この学校は、あるサイトの管理人氏が大学時代にかよっていたところだったな……彼は、大学時代を、心の帰る場所として、大切に思っているようだ。
なのに、いまは学校から遠く離れたところに住んでいて、めったに行けそうにない。
私にはなんのゆかりも思い出もない場所だけど、実家への道中、頻繁に通りかかって眺めている。
ちなみに彼と会ったことは、ない。

おそらく一年で一番美しい校門の姿を、彼のかわりに私が眺めて……も、なんにもならんか?

by apakaba | 2004-04-04 22:58 | 生活の話題 | Comments(0)


<< モダンアートは苦手。六本木クロ...      六本木タワーでの回転扉事故 >>