あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2003年 12月 31日

大晦日に考えること

今年最後の日記、すこし長めに書こうかな。

子供と夫が冬休みに入ったので、毎日、朝昼晩と家でゴハンを作ってみんなで食べている。
休みの日の朝は毎回パン食。
今日の昼は年越しを兼ねて蕎麦、夜はピェンロー(扁炉と書く。中国の鍋)にするつもり(年越し蕎麦ってほんとは何時ごろ食べるといいのでしょうか?)。
きのうの昼は汁ビーフン(タイ)、夜はサルサ・デ・ポモドーロのペンネとスーパートスカーナ(伊ワイン)。
おとといの昼は焼きビーフン(タイ)、夜はくさやをあぶって焼酎。
その前の昼はラーメン、夜はヤンソンの誘惑(スウェーデン)、クレソンのクリームスープ(仏)とボルドーのワイン。
そして、明日からは怒濤のおせち料理だ!

各国の料理を日々ふつう〜に味わえる、この身の幸せを噛みしめるとともに、世界平和を思っちゃう、歳末ってそういうシーズン。
来年、安寧に旅をできる世界に近づくといいな。


さて本日の紅白歌合戦、白組のトリはSMAPらしい。
『世界に一つだけの花』を初めて聴いたときは、なんてくだらない歌だろう、いくらアイドルだからっていいオトナが唄う歌詞じゃないよーと思った。
でも、一学期の小学校の運動会で、長男の学年がこの歌をバックに組み体操を披露しているのを見たら、「いい歌なんだな」と思った。

二学期の音楽会では、合奏でこの曲を演奏した学年があった。
自分の子供がいない学年にもかかわらず、知っている子たちが演奏する姿が、とてもカッコよくて胸が熱くなった。

子供たちが、掛け値なしで真剣にがんばっている姿に、この歌はとてもよく似合う。単純な曲だけど、感動の場にうまく寄り添う歌だと思いながら、今年の学校行事を見せてもらった。
あの歌がトリをとるとは、とっても個人的ながら今年の象徴という感じでうれしい。
ま、見ないんだけどね。映画観てるだろうから。


たくさんの方に支えられ、当サイトも続けてこられました。
来年も当欄を読みに来てください!
カキコもよろしくね。

by apakaba | 2003-12-31 23:04 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 大晦日の交通事故現場。      三 >>