あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2003年 10月 28日

おみそ汁の中にはなにを入れる?

晩ごはんのお味噌汁は、しじみにしよう。
私は味噌汁の具の中でしじみがいちばん好きかもしれない。
貧血防止&肝機能強化、私のためにあるような貝だ。

大学生のころよく読んでいた、椎名誠のエッセイだかなにかに、
「子供のころ、海のものが入っている味噌汁が苦手だった・・・芋や山菜など、山のものが入っているときはうれしかった」
と書いてあるのを読み、へぇーそんな人もいるんだ!ととても驚いた覚えがある。
私は塩味の潮汁(うしおじる)やエビ・蟹などが入っている味噌汁も好き。
もちろん家庭ではそんなぜいたくなものは出さないけど。

いつもぜんぜん入れないのは豆腐。
豆腐の味噌汁がきらいというわけではない。
大豆(味噌)&大豆(豆腐)という取り合わせが、栄養の面からどうももったいない気がしてしまうのだ。
それならほかの野菜などを入れておいて、豆腐は豆腐単体として奴(やっこ)などにしたい(そのほうが一品増えて助かるし)。

うちで人気のある具は、わかめ・なめこ・しじみ、あたりか。
キャベツ・玉ねぎなど甘みの出る野菜を入れるのが好きな人もいるが、うちでは「味噌汁が甘ったるくなって気持ち悪い」と人気ナシ。

お宅ではなにがよく入りますか。

by apakaba | 2003-10-28 15:11 | 食べたり飲んだり | Comments(13)
Commented by chasse_spleen at 2005-02-14 15:17
しじみの味噌汁は大好きです。
美味しいし二日酔いにいいし、肝臓にいいし。
ただ、自分で味噌汁をつくる、というのができないので
家ではインスタントばかりです。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-02-14 22:02 x
>美味しいし二日酔いにいいし、肝臓にいいし。
そうですそうです、そうでえす!そして貧血防止にもなります。
お酒を飲む人は、毎日でもしじみを摂るといいらしいですよ。
でもどうしておうちで作ることができないのですか?
なにか事情があるのでしょうか。
インスタントも、バカにできずおいしいですよね、みそ汁だと。
でも私は薄味が好きなので、分量通りにお湯を入れると、塩味がきつく、二倍くらいに薄めてしまいますね。
Commented by chasse_spleen at 2005-02-14 23:38
お恥ずかしいことですが、作り方を知らないんです。
しじみの調理法も、どれくらいの水に味噌を溶かせばいいのかもわからなくて。
しかも一人分なんて器用につくれないし。。。
Commented by はなまち at 2005-02-15 09:32 x
薄味ってねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・淡味だよ。
こっちの字使って欲しいなぁ。
淡口醤油とかね。

作り方なんて、砂を出させた後、鍋に入れ、火にかけます。
貝が口を開け出すと、味噌を入れます。
こればっかりは、味をみながら確かめてみるしかないです。
使っている味噌によって、塩分も味も違いますから。
味噌を入れてからはぐつぐつ煮ず、すぐにあげること。
それから、葱を切ったのを適当に入れれば最高。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-02-16 09:28 x
しじみ、の場合。花街さんのレシピでは、水からしじみを入れているようですね。あさりやはまぐりのように大きい貝では水から、しじみは小さいので、お湯が沸いてから入れてよしというレシピもありますね。美味しんぼでも話題になっていたような。
私は、しじみではお湯になってから入れてます。
強火だと身が貝から離れて情けなくなりますね。
chasse_spleenさんはグルメのようですから、テキトーにやればお料理はおいしくできるはずだと思いますよ。
はじめはだれだってヘタですから、がんばってください。
ただ、しじみのおみそ汁は、野菜のおみそ汁と違って、翌日になるといきなり匂いが変わって風味が落ちるので、ガックリするかも。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-02-16 09:39 x
薄口を淡口、薄味を淡味と書くのは、ちがってはいないけどいわゆる正式表記ではないでしょう。「表外字」って奴ですね。
どちらを採用するかは好みの問題だと思います。
想う(思う)とか、逢う(会う)とか、ポエティックな表記としては意味あると思いますが。
「薄」と書くと、たんに水で薄めたような、味わいまでも薄まったような印象を受け、「淡」と書くと、だしや素材の持ち味はしっかり残ってますという微妙なちがいが伝わる感じがしますね。
でも淡口ってどうしても巨人の淡口が浮かんで……
Commented by はなまち at 2005-02-16 09:40 x
家庭料理はどちらでもいいが、料亭料理は、出汁用と食べるものとは
別の貝と言う贅沢しているようです。
Commented by はなまち at 2005-02-16 09:54 x
薄と淡の違いは、3000円の料理と1万円以上の料理の差であり、厳然としています。
京料理の人が書いた原稿を東京の編集者に口うるさく説明しておいても、できたらそうなっているとかでよく大げんかになっています。
幽庵と言う料理を柚庵と直され、激怒しているとかよく聞きますもの。
http://www.misbit.com/recipe/mid00327.html

単に塩を控えただけというのと、調味料の直接的な味をまろやかにして、
ふくらみを出したものの違いですか。
国語表記の制限では、そこらへんのニュアンスは無視されるわけですが、
その辺の本はそもそもいろいろな表記方法取っているでしょ。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-02-16 10:21 x
どうもあまりにもものを知らなくてすみません。
これからもご指摘願います。
Commented by chasse_spleen at 2005-02-16 23:16
作り方ありがとうございます♪
今週の日曜にがんばってトライしてみます!
Commented by 三谷眞紀 at 2005-02-17 11:15 x
「しじみ」>やる気を出してくださったようで私もうれしいです。
だしをとる必要がないので、かなりありがたいメニューです。
老婆心ながらあとの留意点は、しじみなどの貝類は貝自体に塩気があるので、味噌をいつもの気分で入れていると塩辛くなること。
それから、砂を吐かせた貝を洗うときは、貝殻に細かい砂がついているのでこすり合わせて洗ってください。
幸運を祈ります。
Commented by はなまち at 2005-12-01 15:29 x
もはや書いたことも忘れたのだったが、へべれけさんとこ見ていたら、
はなまちのおっさんとのうわさが。
くしゃみ出たわけだ。
足跡、残して来ました。
Commented by apakaba at 2005-12-01 17:04
ウワーこんな昔の記事、よくまあ発掘しましたね。
すごいすごい。だからブログはおもしろい。
へべれけさん、いいでしょ。私もファンなの。


<< おもちゃを買ってみた      「ニューヨークの恋人」 >>