あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2003年 07月 01日

一瞬だけ椎名桔平

「アキタコマチ」のクラスの保護者会(父兄会・父母会という言い方は適切ではないということで、小学校では保護者会という言葉を使うらしい)に出席した。

学校の先生ってどうしてあんなに話し好きの人が多いのかなあ。
立て板に水でとどまることなく、学級の生活についてしゃべっている。
教室の机に目を落として聞いているうち、寝不足のせいで眠たくなってきてしまった。
まぶたが下がってきて、瞳が寄り目になってきたら、机の木目と、細かいキズやなんかが、人間の上半身になった。
男だ。はんぶん後ろ向き、左の肩越しに私をふりかえって見ている。口元に不敵な笑みが浮かぶ、短髪で流し目の男、あんたは誰?
ちょっと椎名桔平に似てるなぁ・・・

「あ、専科の先生が参りましたので、音楽と保健の先生方から、挨拶します。」
担任の先生の声でびくっとして、眠気が吹っ飛んだ。
はっきり開けた目で机の木目をいくらさがしても、流し目の男はかき消えていた。
あれ?椎名桔平、どこ?
むりやり寄り目をつくってもう一度さがしたが、やはり二度と見つからなかった。

by apakaba | 2003-07-01 12:25 | 生活の話題 | Comments(0)


<< シャールク・カーンのD.D.L.J.      木の間をわたる風 >>