あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 26日

たわし考

晩ごはんにきぬかつぎを出すため、たわしで里芋をこすって洗う。
洗いさえすれば蒸かすだけだから楽なものだが、私はこの作業がとっても嫌い。
理由は簡単、食べる芋の数が多いからだ。

たわしを使うときにはいつも、“たわしを作っている会社は、大丈夫なんだろうか”ということを考える。
どのスーパーでも、たわしは売っている。
でもたわしを買っている人を見たことがない。
私自身も、結婚してもうすぐ17年たつが、買い換えた記憶は1,2度しかない。

洗い物をするのに、私はいろんなものを使っている。
最もよく使うのは、洗剤の使用量を減らせる(一応、環境保護派なので)メラミンスポンジ。水を含ませて消しゴムのようにこすって落とすという化学スポンジだ。
それで落ちない油汚れにはいわゆるふつうのナイロンスポンジ。
スチールウール。
鉄製のフライパンと中華鍋専用に、カルカヤのたわし(あるいはささら)。
そして亀の子たわし。

亀の子たわしの出番は一番少ない。
せいぜい、ざるを洗うか、泥付きの野菜の泥を落とすのに使うくらいだ。
それでも、晩ごはんにするために洗う里芋の泥を、これ以外のもので落とすということが考えられないので、たわしがうちからなくなるということはないと思う。

たわしって、いつ買い換えるものだろう?
ちょっとずつちょっとずつ、毛(というか繊維)が抜け落ちているものの、半永久的に保ちそうにも見える。
見切る頃合いが難しい。
こんなに買い換えるサイクルの長い台所用品って、他にないにちがいない(あ、スチールウールも長いな。でもあれって愛着という言葉からは遠い製品だな)。

1991年に、NHK朝の連続テレビ小説『君の名は』を放映していた。
私は新婚ほやほやで、新郎の夫は鈴木京香見たさに毎朝このドラマを見ていた。
鈴木京香扮するヒロイン真知子さんは、ドラマの中で私と同じように結婚して人妻となり、台所に立つ。
真知子さんは、いつも洗い物をするときにたわしを使っていた。
「この時代(戦後間もなく)のご家庭では、なんでもかんでもたわしでこすって洗い物をしていたのか。」ということが、同じ新妻として鑑賞している私にはいやに印象的だった。
「あんなのたわしで落ちるのかなあ?あれ。もう洗い物終了?ずいぶん簡単だなあ。あまり油汚れに困るような食事をしていなかったってことかしら。それにしても魚くらい食べただろうよ。魚の脂はたわしだけじゃ落ちないだろうに。お湯を沸かしてかけたりしていたのかな?そんなことまでいちいちドラマで見せていたら話が進まないもんね。」
等々と、23歳の新妻は考えた。

あのころ、きっとたわしの需要は大きかったにちがいない。
あれしか使える道具がなかったのだから。
今では絶対に右肩下がりだと思う。
丈夫さが災いして、なかなか買い換えないし。
でもなくなると困る。
やっぱり昔ながらの道具には、新しい道具に替えられない良さがある。
人の家の台所ってよく知らないけれど、一家に一個、あるのかなあ?たわしは。

by apakaba | 2007-11-26 21:51 | 生活の話題 | Comments(7)
Commented by 喜楽院 at 2007-11-26 22:28 x
私、結構、ひんぱんに台所に立ちます。
タワシは自宅にも実家にも標準常備されています。
あと、カナダワシって言うの?。
ブライアン・メイの頭みたいな銀色のヤツ、あれもあるよ。

平日の早朝、シンクに山のようにたまった食器は
スポンジで洗い、うむ、これはスポンジではちょっと、と
思われる汚れの鍋、ボウルのタグイはタワシで
おおまかな汚れを落とし、あとはスポンジで洗います。
ですが、それをフライパンの際にタワシで行うと、妻が怒ります。

Commented by apakaba at 2007-11-26 22:56
ブライアン・メイの頭みたいなのがまさにスチールウールでは。
でもほんとのスチールだったらとっくにサビサビじゃないか。
実はアルミのようですね。

台所仕事、えらいえらい。
えてして男はなんでも泡を盛大に立てて洗いたがる人が多いですが喜楽院家にはその心配はなさそう。
Commented by ぴよ at 2007-11-27 02:45 x
亀の子たわし、以前は使ってたけど今はないなぁ。
言われてみると、きぬかつぎって亀の子たわしが家にあった頃にしか作ってねーわ(苦笑)、ここ何年も作ってなかった。
筑前煮はしょっちゅう作るんだけどな。やっぱたわしを捨てたから作る理由がなくなったって事なのか?←こらこら

今台所にあるのはスポンジたわしが3種(食器の用途に合わせて)
スチールウール(こびり付いた汚れを落とす用)だけだな。
たまに沢山食器を使うと、面倒だから食器洗浄機使っちゃうし。
ちなみに亀の子たわしが常備されてた頃は、1年に1回位は買い換えてたような気がするよ。
ぴよはあんまり家事上手じゃないので、こびりついた汚れを落とすのに亀の子たわしを駆使しまくって、毛が抜けて来るとガスコンロや諸々の台所の掃除に使ってポイ、という展開だったかな。
Commented by k国 at 2007-11-27 07:30 x
亀の子たわしでタイヤを洗うと綺麗になった。
昔のモトクロスコースは山奥が多くて、車で行くにもダートが多かった。特にコースの近くは泥んこの所ばかりで、タイヤが汚れて借り物のトラックの時は、きれいに洗って返すのだけどタイヤの汚れは
洗車ブラシぐらいでは落ちなかった。いろいろ試した結果、亀の子たわしに石鹸をぬってこするのが一番落ちた。フロアーのマットも
然り、今では車が汚れるコースは皆無です。
Commented by apakaba at 2007-11-27 08:24
たわしレス。
ぴよさん、たわしないと、ごぼうとか洗うのもイマイチじゃない?
なんかほら、泥付きのままで売っている野菜って意外とあるでしょう。
あれはみんなたわしでよろしくという感じだな。
でも年に一回ってすごい更新頻度!
たわし会社はぴよさんが支えていたのか!
って、話題になると買いたくならない?私は今日新しいのを買ってこようかなっと思っています。

K国さん、まあアレですよね、靴を洗う柄付きブラシはたわしのミニ版で同じパームヤシの繊維なので、泥汚れをこすって落とす効果は高いんでしょうね。

>今では車が汚れるコースは皆無です。

アレレ??
Commented by k国 at 2007-11-27 13:00 x
レーサーはナンバーが付いてないので、公道を走れません。それで
トランスポーターとして皆さん綺麗なワゴンかピックアップで来ます
ので、車が汚れるコースは敬遠されます。
バイクは汚れても構わないけど、車は汚れたくない(本音)
Commented by apakaba at 2007-11-27 16:21
ナルホドー。
今、RV車が無駄に流行っていますよね。
つねにピカピカに光っている、街乗りRV。
あれももの悲しいですわ。


<< 1990年の春休み.73 ネパール篇      ○井虎次郎さんのお店 >>