あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 12日

平日日中にご活躍する、お年寄りたち

夫が休みなので、朝だらだらと布団の中でしゃべる。
夫はGR DIGITAL2を買ったばかりなので、写真の写り方についてひとりで語っている。
私はどっちにしろわからないから適当にうなずき、
「写真もさー、元気なお年寄りがすごいよね。」
という話をする。
「そうそう、すんげえよいろんなとこで撮っちゃって。それでまた、カネがいっぱいあるからいいキカイ持ってんだ。しかも時間がいっぱいあるから、ずーっとねらってけっこういい写真撮るんだよなーこれがまた。」
「あはは!若いモンはノリだけでばしゃばしゃ撮ってるとこあるけどね。」
「年寄りの写真はそうじゃないからな。もうプロの写真家という職業は滅びるぜ。これだけシロートが撮れる時代になると。しかし年寄りが元気っていうのはいいことだよな。」
「そうね、写真は体が元気であちこち動いていかないと撮れないもんね。写真をやっているというのは元気な証拠だもんね。」

いっしょに昼ごろプールに行く。
冬の日、ちょうどお昼時はとても空いている。
姿見に映る自分の水着姿には毎度ながらガックリするが、周りはみんなお年寄りばかり。
水着の善し悪しやプロポーションなどなんにも気にせずに、マイペースで楽しそうに泳いでいる。
ぜんぜん泳がないで、体は水につけたままでずっと話し込んでいるおじいさんたちもいる。
更衣室では、「ここから横浜へ電車で行くには何通りの行き方があるか」を真剣に検討しているおばあさんたちもいた。

60代半ばに見える女性が、脚だけ水につけてプールサイドに腰掛け、コースをこちらへ向かって泳いでくる男性に視線を投げている。
顔を上げると、ちょうど同年輩くらいの男性だった。
すっかり白髪で、あごひげも白くなっているその彼が気づくまで、すました表情でじっと見ている。
「あっ、ご無沙汰。来てたの。」
やっと彼が気づくと、ふふっと笑って、
「久しぶり。ヒゲなんか生やしちゃって、カッコつけちゃって。」
と小津安二郎の映画に出てくるいたずらっぽい女優さんみたいなセリフを言う。
うわー、プールサイドの恋の予感って雰囲気だわあ、と思いつつ壁を蹴って平泳ぎでその場を離れた。

そばが食いたいと夫が言うので遅めのお昼にはそば屋さんに入る。
地元では人気の店だ。
並んではいなかったが満席。我々以外は皆かなりご年配のご夫婦ばかりだった。
皆さん、そばがのびるぞ……と心配になるくらいのんびりと味わっている。
ここの店員さんもみんなご高齢。
レジのところで、ウエイトレス(というのか)が「あたしも80になりましたよ、お互い元気でいたいですねえ。」などとお客さんに話している。
張り紙の「パート募集」の要項には、“年齢、55歳くらいまで”と、世間の常識からするとたいそう緩やかな年齢上限。

男性客はみんなそろって杖と帽子。
帰り際に、みんなそろって帽子がどこへ行ったかとさがし、上着を着るのを奥さんに手伝ってもらっていた。
私は、夫の着替えに手を添えたことがあっただろうか?と、その様を見ながら考える。
脱いだり着たりすることに、直接手を出したことは、たしか一度もなかったと思う。
長生きすると、そういうこともすっと手伝えるように、なるんだろうなあ。
でも私の方が先に体が利かなくなるかもしれないね。

食べ終わったので、私が「行こう。」と夫に声をかけると、座ったまま、
「まあ、お先に行ってもらえ。」
と言って待っている。
先客の、お年寄りのふたりがゆっくり席を立ったところだった。
こういうところは年寄りっ子のやさしいところだ。
「じじいばばあはしょうがねえな」と、ふだん口では悪態をつきながら、こういうときはちゃんと年寄りのペースを知っている。

「今日はほんとにあちこちでお年寄りだらけだったねえー。平日だから、子供は学校に行っているし、お父さんたちはふつう働いているわけだから、まあ当然なのかもしれないけど。それにしても。ふふ。」
「ほんとだよな。でもそれも地域性かもしれないぜ。平日、大人はきちんとそれなりに仕事して、引退した年寄りがゆっくりと一日を過ごせるっていうのは、街としてきちんとしているからだろ。これがほら、渋谷とか、六本木とかだったら、またがらっと街の雰囲気も変わるだろうし、そこにいる人々の年齢層とかもぐちゃぐちゃになるぜ。」
「そうか。そうだね。」
などと語り合って今日はおしまい。

by apakaba | 2007-12-12 22:56 | 生活の話題 | Comments(4)
Commented by k国 at 2007-12-13 17:19 x
今の老人が一番恵まれてる、徐々に団塊世代が定年になると
労働人口が急激に減って、若者の負担が増えるので年寄りも
ゆったりとした老後などと言ってられなくなる時代が来る。
特に職人は動ける間は働かないと、技術の停滞もある
私もそのつもりで、半月ほど働いて後はノンビリが理想だけど
10年20年後のことはどうなっている事やら、どっちにしても日本は
下降線でしょう。莫大な借金のツケがいつ来るか。
徐々には来ない、時代の変化は一気に来る、カウントダウンです。
Commented by のこのこ at 2007-12-13 18:38 x
私には日常的な世界ですね。
ほんと年寄りは元気ですよ。
60代やんちゃ時代、70代青春時代、80代でひ孫ができてやっと大人の悠々時代って感じ。
ついでにいえば50代は恋愛時代。

年寄りという言葉は健康であるかぎりいつまでも当てはまらないご時世です。
本当にこの大量のスーパー元気な人たちを我々や子供の世代が20年30年後にどうやって支えていくのか、途方にくれてしまいますわ。

頑張って人口増やしましょう!!
Commented by Kay at 2007-12-13 19:04 x
なるほど、そうなんだ。今は恋愛時代であと3年すればやんちゃ時代が待ってますわ。なんか楽しくなりますね。。。。
Commented by apakaba at 2007-12-13 21:47
老人レス。
まとめレスにて失礼……過去ばかりなつかしがって振り返っているのもつまらないですよね。
周りを見ていると、いろんな人生があるなあ、とつくづく感じます。
しかし国力低下を防ぐために、人口分布図が正常になってくれないかなー。


<< スターあっての、クリスマスツリー!      親の愛を当たり前に享受する >>