あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 16日

クリスマスツリーを買いに

スターあっての、クリスマスツリー!なんて書いたわりには、うちにはまともなクリスマスツリーがなかった。
ビーズで作った高さ7センチくらいのものや、教会のバザーで買った、手作りの高さ20センチくらいのものや、ろうそくがツリーの形をしているものとか、そういう飾り物はたくさんあるが、ちゃんと組み立てて飾り付けをいちいちするツリーを買っていなかった。

今まで、「場所ふさぎになるだけだ」と冷淡だった夫も、娘には甘いので、娘の「コシヒカリ」が
「ツリーほしい!ちゃんとしたツリー!」
と何年もほしがるのをとうとう聞き入れ、“部屋をいつもきれいに整頓すること”を条件として、買うことにした。

渋谷西武のLoftで1時間くらいかけて、どの高さでどんなオーナメントを選ぶか、検討する。
私も飽き飽きだが「コシヒカリ」が興奮しながら一生懸命選ぶので、辛抱してつきあう。
こういうのが本当にうれしくて、ちょっとも妥協できないことは、自分だって昔は子供だったからわかる。
悩み抜いて、やっと、ひととおりのものをそろえた。

その隙に、「アキタコマチ」は「コシヒカリ」に内緒でブーツの形をしてお菓子が入っているオーナメントを買った。
「おかーさん、これはオレのお小遣いで『コシヒカリ』にプレゼントするから。クリスマスの朝に目を覚ますとオーナメントが一つ増えているんだよ。ふふふ。『コシヒカリ』に内緒にして、おかーさんのカバンに入れておいて!」
とこっそり持ってきた。

休日で混んでいるレジでやっと会計をすませて、「コシヒカリ」はどっと気が抜けたらしい。
「さ、じゃあ行こうか。」
とみんなでエレベーターに向かうほんのちょっとした時間で、迷子になってしまった。
夫と私と「アキタコマチ」はそれぞれ携帯電話を持っているから連絡をしあうことにして、手分けしてデパートの中を探す。
外に行ったかもしれないと思って、外の通りも見に行った。

15分か20分くらいたって、3人で首をひねっていると館内放送があり、泣いている「コシヒカリ」を拾えた。

子供が3人いると、迷子にしてしまった経験も数えきれない。
池袋駅、いろんなデパート、スキーに行ったときのホテル、渋谷のスクランブル交差点でも。
親の監督不行き届きといってしまえばそれまでだが、本当に、ほんの「アレ?!」という隙に、子供っていなくなってしまう。
それはある種、防ぎようのない事故のひとつだ。

私は、子供と人ごみを歩くときには、「迷子になったら大変だから!」と、うんと怖く脅かす。
そのかわり、本当に迷子になってしまって見つかったときには「どこに行ってたの!」「だから言ったでしょう!」などと追い打ちをかけるような言葉は言わないことにしている。
大人より何倍も心細い思いをして、必死で探して、駅員さんや店員さんや近くの知らない大人に助けを求めるところまでできたんだから、もうそれだけで十分立派なことだと思う。
離れている間に子供がとっていた行動やおびえきった暗い表情などを想像するだけで、健気さに泣けてきてしまう。
だから、
「ちゃんと連絡できてえらかったね。迷子になったときは、その場をあちこち動いたらいけないよ。探す方はまずはぐれた場所まで探しに行くんだからね。それに、大事な子供を『いなくなっちゃったねえ。見つからなかったね。じゃあ、まあしょうがないから帰ろうか』なんてそのままにして帰っちゃうなんてことは、絶対にないんだから安心して。」
と声をかける。
今日は、私がなにも言わなくても、このとおりの言葉を「アキタコマチ」が妹に言っていた。だから駄目押しはせずに私からは黙っていた。

「アキタコマチ」も、昔は迷子になる天才だった。
2歳のとき、ホテルで迷子になって、館内呼び出しがあったときには、
「こびとがたすけてくれたんだよ。どうしようって思ってトイレで泣いていたら、こびとがおでこに『ホテルの人を呼ぼう』って紙をぺたっとはってくれたんだよ。」
とか言っていた。

ともあれ、ドキドキのショッピングをして、今、子供部屋には美しいツリーが飾られた。
夜の12時までイルミネーションがぴかぴか光るタイマーをセットして(なんでそんなもの持ってるのか?と思ったら、「アキタコマチ」が熱帯魚を飼っていたときの電気のタイマーを応用したらしい。)ぴかぴかを見ながら寝たようだ。

by apakaba | 2007-12-16 22:38 | 子供 | Comments(10)
Commented by kajikko at 2007-12-17 20:20 x
いい話だなあ。我が家のツリーはと見てみると、室内のはスターあったけど、外のにはありませんでした。
Commented by apakaba at 2007-12-17 22:17
えー、家の中と外にツリーがあるなんて、豪邸ー。
子供はクリスマスツリーがびっくりするほど好きだよね。

子供がらみの話って、そのつもりがないのにいい話になるのよねー。
Commented by Kay at 2007-12-17 22:59 x
素敵なクリスマスツリーが出来たようですね。コシヒカリちゃんも嬉しくて仕方ないでしょうね。この子達がお父さんお母さんになったときに自分の子供達に同じことをするのでしょう。うちの息子夫婦も来年はベビーと一緒にしっかりと自分達のツリーを飾ることでしょう。今年は何もせず、クリスマスランチに我家に来るといってますわ。
Commented by ぴよ at 2007-12-18 00:16 x
今は携帯持ってるのが基本だからやらないのかな?
ぴよが子供の頃は、近所のデパートに行く時にも必ず「もし迷子になったらおもちゃ売り場にいる事」みたいなお約束を決めてから入店していました。
我が家(実家)も3人兄弟だったから、必ず誰か迷子になってたし(笑)

でも「お兄ちゃん」ってどのご家庭でも頼れるアイテム?ね。
アキタコマチ君のセリフなんて、「俺が父親の代理」位の頼れる兄貴しちゃってるじゃないですか。うん。いい感じ♪
こういう兄妹なら大丈夫。ツリーの輝きもさぞかしまばゆい事でしょう♪
Commented by 那由他 at 2007-12-18 10:56 x
お兄ちゃん二人いて、末っ子が女の子なら、一家のアイドルでしょうね。

迷子といえば、長男が3歳くらいのころ、駅に併設された大型スーパーで、ふと目を離した隙に、長男の姿が見当たらなくなったことがあります。
大慌てで、そこらあたりを探して回っていたら、
「♪ピン ポン パン ポ~~ン。
○○△△子ちゃん(私の名前)とおっしゃる3歳くらいのお子さんをおあずかりしています。」
と店内放送が流れました。
「え、私が迷子?」

迷子になった息子は店員さんに、「お母さんの名前」を告げたのですが、言った名前が迷子本人の名前だと思われたようでした。
当時、息子はちょっと眺めのヘアスタイルで、色白で優しげな顔つきだったので、女の子と間違えられたようです。
そんなこんなで、無事、息子と再会!
何事もなく済んでよかったです。
Commented by apakaba at 2007-12-18 12:14
ツリーレス。
Kayさん、私もうんと小さいころにはとても大きなツリーを飾るのが楽しみでした。
といっても、自分が小さかったからツリーが大きく見えただけかもしれない。いずれにせよ、昭和30年代ころに買ったと思われる古色蒼然なツリーでしたね。
私は年の離れた姉しかいませんが、きょうだいがいるとイベントの盛り上がりようが段違いですね。
アドベントカレンダーも、しばしば3人でじゃんけんしながら窓を開けています。

ぴよさん、あー携帯もねえ。
過信するととんだ目に遭いますよね。
でも携帯を持ってない年頃の子が迷子になるもので……
きょうだいというのは見ていておもしろいものですわ。ホント。
仲がいいのか悪いのか。
Commented by apakaba at 2007-12-18 12:17
ツリーつづき。
那由他さん、あーありますねそういうマチガイ。
でもすぐわかってよかったですね。
店内放送って、家から近いほど恥ずかしいんですわ。
私も渋谷西武でお名前呼ばれてしまいました。

子供のうちは性別がわかりにくいときがありますね。
うちも、次男は小さいころよく女の子とまちがわれていて、娘はいまだに男の子とまちがわれています。
でももうちょっと成長すると、みんなそれなりに見えてくるものなんだな。
女の子は声が断然かわいいですわ。
Commented by Kay at 2007-12-18 14:56 x
私も日本で長女を迷子にしてしまったことがありました。4つぐらいのときだったのでしょう。神戸の三宮センター街で青くなって探していたときの放送で「5つぐらいのピアスのイヤリングをした女の子をお預かりしています。。。」と出たときにはほっとしました。何しろ日本語がほとんどだめでしたからどうしたら見つかるかと。あわてて迎えにいったら、いろんな人に可愛がってもらってましたわ。たくさんのお菓子やらお人形まで誰かに買ってもらってました。
Commented by 喜楽院 at 2007-12-18 16:30 x
「こびと」って…、やっぱ、本当にいるんだなあ。

Commented by apakaba at 2007-12-18 17:18
ツリー(迷子)レス。
Kayさん、よかった、やっぱり迷子にしてしまう経験は誰でもあるんですよね。ホッ。
お嬢さんはお人形みたいにかわいらしかったんでしょうねえ。
ピアスしているところがナイスだわ。

喜楽院さん、大人には見えなくなるらしいです。

http://writingkid.exblog.jp/958772/
詳しくはここを読んでください。


<< 1990年の春休み.75 ネパール篇      スターあっての、クリスマスツリー! >>