あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 10日

お笑い係

「コシヒカリ」が学校から帰ってくる時間が、遅かった。
「どうしてこんなに遅かったの。」
と聞くと、
「うん、習字の授業がすごく長引いて、給食や掃除の時間もみんな遅くなって、それで。」
「へえそうだったの。」
「それと、あと、『お笑い係』のお笑いの時間がちょっと長くなって……」
おわらいがかり??
初めて聞いたよ?なにそれ?

保健係とか図書係といったクラスの係活動の、正式な係の一つなのだという。
立候補してお笑い係になると、ネタを考え、練習をして仕上げ、担任の先生に言うと、発表する場を設定してもらってネタ披露となるそうだ。

「じゃあ、その係活動は自分たちが自主的にやらないと、なんにもやらずに終わっていくってこと?図書係や保健係だと仕事が向こうからやってくるじゃないの。でもお笑い係は自らネタ作りに邁進しないと、なにもしなくていいの?」
「そうなの。前の学期のお笑い係は1回しか発表しなかったの。しかも教室で練習しているから、ネタもみんなにわかっちゃうし。今のお笑い係はやる気満々で、休み時間になると集まってネタを作って、空き教室でこっそり練習してるの。」
「はあ……それでそれも正式な係活動なんだ。」
「うん、そうなの。」

そんな係があることを、三学期になってから初めて知った。
レク係、というのとはちがうのね。
レク係だったらレクリエーション活動の案を出して調整して、司会進行とかする係だろう。
自分たちでオリジナルのお笑いを作って見せていくお笑い係とは根本的に異なる。
変わった係活動もあるものだと思った。
先生も度量が広いというか。

by apakaba | 2008-01-10 20:43 | 子供 | Comments(7)
Commented by メリー at 2008-01-11 00:01 x
へぇ~ 今どきは、そんなのがあるんや~。。。(* ̄m ̄)
担任の先生は、お笑い好きなんやね。
漫才とか、コントとかを披露するんかな~。 オリジナルなら、難しいやろなぁ。
Commented by k国 at 2008-01-11 07:41 x
お笑いブームなので、先生だけの意見じゃなくて子供の意向もかなりあるのでは、下手な勉強より奥が深い。
今のお笑い芸人の半分は面白くない、面白いのは筋書きがよく出来ているし、息も合ってる、バカじゃ出来ません。
子供でその粋に達せたら、どんな仕事にも役立つと思うけど。
Commented by apakaba at 2008-01-11 07:59
お笑い係。
メリーさん、担任は新任のとても若い女の先生なんだけどね。
口うるさい親から「こんなふざけた係があるんですか!」って怒られないかな?私はいいなと思ったけど。

K国さん、おきまりの係だけでなく、新しく子供が作りたい係を提案するそうです。
ネタを考えるだけでなく、人前で披露するのって勇気がいりますよね。
Commented by syunbick at 2008-01-11 17:25
辛らつな相手の意見をユーモアを交えて切り返す、日本人の一番苦手な部門ですね、場数をこなさないとなかなか出来ない芸当です。
外国の授業はディスカッションが多い、話術が優れてないといくら
良いことを考えていても認めてくれない。
好き嫌いはありましょうが、伸介、タモリ、所ジョウジ、タケシ等お笑い出身者の司会は面白い、意表をついた切り替えしいつも頭を回転させてるんでしょう。
フザケタ笑いじゃなくて、真面目にやって笑えるネタを作れたら凄いです。
Commented by apakaba at 2008-01-11 21:03
お笑い係の存在意義がつまびらかになってきましたねえ……
笑わせることって奥深いものですね。

頭の回転の速さは司会に大事ですね。
でもサッカー番組やサッカー中継の解説にお笑いの人が入るのはどうしてもヤダ
Commented by k国 at 2008-01-12 10:40 x
お笑いやゲーノー人がいるのも嫌です。安っぽくなってしまう。

NHK衛星のスポーツ中継が好きです,プロが謙虚に解説してる姿は
聞いていて奥の深さを感じさせてくれる。
Commented by apakaba at 2008-01-12 11:12
誰とはいわないけど、高校時代にサッカーやってたとか、海外リーグを見るのが昔から趣味とか、そういうレベルで起用されてぺらぺらしゃべられると本当にうるさくて嫌になります。
野球だったら掛布の解説なんかいいですねえ。


<< 2007年に読んだ本、Best...      1990年の春休み.76 ネパール篇 >>