2003年 05月 19日

夢を見るのが好き。寝るの大好き

けさがた、押入の中に、MSG(マジソンスクエアガーデン)のボストンバッグがどっさり入っているという夢を見た。
「うわあ、すごい、私ったら。いつの間にこんなに買ったのかしら。うんと子供のころ流行ってて、すっかり廃れて、また70年代ファッションで戻ってきてるのよねえ。ようし、今日はこれ持って出かけよう。もちろん裾がとても広がったジーンズに、そうだなぁ、ピンヒールがいいわ。」
と、押入の前で独り言を言っているのである。
(ちなみに、現在の私はMSGのバッグも、ベルボトムジーンズも、ピンヒールも所有していない。)

日頃の寝不足がたたって、今日は午後になってついうとうとしてしまった。
そうしたらこんどは、その短時間のうちに、私の家が森の中の広大なおうちで、数えきれないくらい部屋があって、という夢を見てしまった。
トイレ(いくつもあるトイレのうちの一つ)に行ったら、水がどんどん出て止まらなくなり、ついには天井にまで達し(その水は不思議とキレイ)、家中が水槽のようになり、泳いで別室へ移動し・・・みたいな、子供のころからよく見ている定番の展開だった。
子供のころからよく見ているからわかっている。
この夢のときは、トイレに行きたいのである。

私の夢は、毎日たいていたのしい。
寝るのが待ち遠しいくらい、夢を見るのが好きなのだ。

by apakaba | 2003-05-19 08:43 | 生活の話題 | Comments(0)


<< SARSの流行から、浄・不浄の...      旅で出会ったベジタリアンたち >>