2008年 01月 24日

運転が遊び

めずらしく一日中、予定がなくて、晩ごはんの支度も半分くらいできていたら、なにをするか。
どこか行きたい。
冬物最終処分のセールに行く?
行かないわなあ。
服買うのは概ね、メンドクサイタイプです。

用事はないけど渋谷までクルマで行くことにした。
行って帰るだけでは芸がないので、渋谷では一番いいホテルへ行くことを思いつく。
セルリアンタワー東急ホテルのティーラウンジでも行くか。
おしゃれな服を着て、めったに履かない黒のショートブーツを出したりする。
U2のHow to Dismantle an Atomic Bombを、家では決してかけられないくらいの大音量にする(よい子は真似をしてはいけませんね。)。

電車で行くことが多いいつもの繁華街へクルマで行くのは好きだ。
新宿へもよく運転して行くが、渋谷のほうがさらに好きだ。
視点が変わるのが楽しい。
ちょうど、カヌーをやっていたころ、岸から眺める風景と川から眺めるそれがまるでちがって見えたのが楽しかったように。

スクランブル交差点は平日の昼間でもどっさりの人だ。
自分が渡る側ではないとみんなバカ面に見えるから可笑しい。
横断歩道で信号待ちしていると、クルマは自由に前へ進むことを妨げるただの物体。
人が乗って運転しているなんて誰も考えていない。

高速道路を運転するのもいいが、あまりよく地理のわからない街を冷や汗かきながら迷うのもいいものだ。
東京の都心は、時間さえたっぷりあれば好きなだけ迷っていられる。
カーナビつけない派なので、道路地図を見たり見なかったりしながら、いつの間に思っていたのとぜんぜんちがうルートを走行している。
立体交差!
一方通行!
右折禁止!
幅員減少!
工事中につき他の道へおまわりください!
幹線道路から脇道へまちがえて入ってしまうと、延々と遠回りすることになっている。
次々とやってくる困難にあえぎ、半べそで自分の方向音痴を呪う。
これがまたおもしろいんだ。
危機脱出したときの快感はカーナビ頼みでは味わえない。
ま、時間がなければ「なんでうちはカーナビないの!?最悪だよこのクルマ!」などと罵るのだが。

学生だったころ、夜中に意味なく運転して出かけた。
横浜のはずれだったから、行くのは鎌倉か横須賀、または横浜の港方面。
夜道の暗さが好きだった。あの辺、夜が暗いんだ。
今は都心の道が愉快だ。
東京を運転するようになって、初めて圧倒的な都会の運転が楽しいということを知ったなあ。

あー、ホテルのお茶?高いよ。もう行かない!

by apakaba | 2008-01-24 16:58 | 生活の話題 | Comments(25)
Commented by タカモト at 2008-01-24 23:00 x
げっ。
俺は休みの日は極力運転はしない。
基本的に運転が好きではねーのだよ。
しかも意味無くは絶対に嫌っ♪
普段乗ってるからってのもあるが・・・
でも近所のコンビニまでも車で行くんですがね。

確かに若かりし頃は無意味に運転したなぁ。
まーそれはガソリンが親のお金ってのもあったが。(笑)
免許取りたての頃の小さい夢が「真っ赤なGTO(三菱)に乗って湾岸線を「摩天楼ブルース」って曲で走る」っての。
あはは。
「摩天楼ブルース」ってのは大昔のドラマ「少女に何が起こったか」(小泉今日子主演)の主題歌です。
あー今でもそーしたいなぁ・・・とな。
Commented by apakaba at 2008-01-25 08:04
タカモトさんは否応なくクルマでいろんな街へ仕事で行くでしょ。
場所を探したり駐車場さがすのも日常だろうし。
そういうのがマタークない生活だと、運転自体がとってもお手軽なレジャーになるのよね。
毎日おんなじ道を近所のスーパー往復、だとつまんないのよー。

真っ赤なGTO、今でもたま〜に見るね。
きのうは前のクルマがマツダRX7で、新車のようにピカピカだったなあ。
「少女に何が起こったか」見てなかった……
Commented by k国 at 2008-01-25 16:03 x
十代の頃はどこに行くのもバイクでしたね、月給の半分をローンで払って残りで生活してました。
会社の車からガソリン抜いたりしてました(時効でしょう)、リッター45円の時代ですね、友達と夜になると意味もなく走り回ってました。
赤い回転ライトからもよく逃げました、40年前の出来事ですが
昨日の事のように覚えています、別大国道に九州横断道路カーブの形まで覚えてしまうほど走りこんだ。
その合間に草むらで寝転がって夜空を見るのも好きでした、寝てしまったこともあったな。
仲間内ではチョット早くて天狗になって、この後レースを始めてへし折られました。
ジュースを買う金も無くてロマンスなどとは縁遠い生活でした。
しかし自分の人生の中で一番面白かった時期ですね。
Commented by apakaba at 2008-01-25 16:37
K国さんほどの男前がロマンスと縁遠くなる二輪のミリョクって。
一体。
Commented by 喜楽院 at 2008-01-25 18:42 x
1980年代初頭。
バイト先は、銀座三丁目にある麻雀クラブ。
お客は、三越、松屋、資生堂ら、層々たる企業の
おエライさんばかり。

23時で閉店。
30分で片付けを終え、鍵をかけ、外へ出る。
Vツイン400㏄エンジンに火を入れ、やおら走り出す。

銀座通りに出て、新橋方面へ。
銀座四丁目交差点で信号待ち後、右折。
有楽町駅を過ぎ、日比谷交差点で信号待ち。
喜楽院の日課である、タイムトライアルのスタート10秒前…。
呼吸を整える。

信号が青に変わる。
スタート。
クラッチを乱暴につないでアクセル全開。
皇居と日比谷公園の間のストレートをフル加速。
制限速度の2倍を優に越えるスピードで、
桜田門:警視庁前の左カーブに突入、
マシンを深々と倒し込んで駆け抜ける。
次に現れる国会議事堂前の信号は?。
黄色。
よし♪。
ここを強引に突っ切り、最高裁判所までの
緩やかな登りを再びフル加速で通過、
今度は半蔵門の三叉路でフルブレーキング、
減速した後、左折して新宿通りへ。
またまたフル加速し、麹町~四谷~四谷三丁目を疾走。

Commented by 喜楽院 at 2008-01-25 18:43 x
交通量が段々増えていく。
タクシーばかりだ。
停車しているように見えるタクシーの群れ。
一台一台を右に左にかわしながら、突き進むが、
しかし、とうとう新宿三丁目で信号につかまる。
ここまでノン・ストップ。

またここで捕まったか。
残念。

一度でいいから日比谷からノン・ストップで
新宿大ガードをくぐり抜けてみたかった。
Commented by k国 at 2008-01-25 18:49 x
ロマンスは無かったけど、会費500円のダンスパーティーにはよく行きました。
ジルバとかマンボとか、その場で出会った彼女達とはよく踊りました。しかしその場限りでしたね、なにしろ金が無かった、付き合うには男が奢る時代、余った金は部品代でした。
なにしろ勝ちたかった、テクニックが無いので度胸の部分で勝負してたアホな時代でした。
ショッチュウぶっ飛んでましたが、骨折一回で済みました。
40過ぎて2回も骨折りましたが、それでも懲りない面白さです。
ダートはスキーの感覚で走れるので楽しいですよ、スライドで停めるってやつです。
Commented by k国 at 2008-01-25 19:02 x
喜楽院さん、18歳の頃まだレースをする前です。
所は大分の繁華街、一番人通りの多い通りで何を血迷ったか若者
当時のビッグバイクW1を歩道に停めていて、信号停車で車が停まったので、かっこよく歩道からウィリーで発進したのです、歩道の段差で一気にまくれ上がってしまった。
修復不可能に至ったので当然ハンドルを放します、20メータほど先で転がってます、痛い体を引きずってバイクを起こして路地のほうに
ふと通りを見ると黒山の人だかり、良いもの見せてしまいました。
バイクで一番恥ずかしい思い出です。
Commented by k国 at 2008-01-25 19:04 x
Vツイン400、GL400ですか?
Commented by apakaba at 2008-01-25 20:08
くくく、いい時代だねえ。
Commented by 喜楽院 at 2008-01-25 23:12 x
>K国様。

正解。
トロい、バイクでしたから。^^

>マキ様。

一番いいのは2008年の、「今」ですよ、きっと。
Commented by はなまち at 2008-01-26 11:34 x
車ですかぁ、駅まで乗るの程度ですかね。
エンジンが暖まったらもうおしまい。
だから、燃費としては最悪のパターン。
車で決して走りたくないところ。大阪。
東京は走ったことないですなぁ。
京都市内もあんまり走りたくないけれど、これは仕方がない。
カーナビはついているけれど、必用なところまで走らない。
Commented by Kay at 2008-01-26 11:43 x
この一ヶ月インドの悪路をずっと運転しっぱなしでした。シンガポールに戻って空港からタクシーに乗って感激したのが揺れない!ということでしたわ。どこででも運転しますが、はなまちさんと同じで大阪は行きたくないですね。一方通行が多くて、御堂筋なんて一つ間違ったらまず元の道に戻れない。。。。目的もなくドライブなんてほとんどありませんわ。
Commented by apakaba at 2008-01-26 20:09
クルマ。
喜楽院さん、都心は年々クルマの台数が増えています。
東京の死亡事故の数は減りましたが。
あのあたり、クルマさえすくなきゃ走るのはほんと気持ちいいんですよね。

はなまちさん、大阪は走ったことないですがいらちだとか、幅員減少のときなんか入れてくれないとかで有名ですね。
ほんとにみんなそうなのかなあ?
ハンドル握ると別人格になる人って、私は大ッ嫌い。

Kayさん、インドに較べたらシンガポールの道はいいですもんね。
クルマ自体もいいし。
私はヘブライ語の標識しかない道を運転して参ったことがあります。
せめて、英語表記をプリーズ。
でも大阪を半べそで運転するのは私には向いているのかもしれない……(マゾ傾向があるようです。)
Commented by はなまち at 2008-01-26 23:07 x
大阪は単に走るだけなら問題ないです。
ただ、目的地に行こうとするとねぇ、あまりやさしくないですね。
概して、京阪神は運転マナーは感心しませんね。
名古屋まで行くと、なんて紳士なのかと。

ヘブライ語ですかぁ・・・・ここまではたどりつきそうもなさそうだなぁ。
Commented by apakaba at 2008-01-26 23:24
へえー名古屋で感心、なんですか!ナルホド。
北海道の奥地を、真っ暗闇のなかマニュアル車で飛ばしたことあります。
動物をはねるんじゃないかということが一番怖かったです。
田舎道と都会の道は怖さの種類がちがうんですよね。

亡父がよく唄っていた歌で「シャローム」という歌は、ヘブライ語だったのか……と、大人になってから知りました。
れっひーとらおれっひーとらお
とか唄っていた。
レッヒトラオットがまた会いましょうという意味だとは……
Commented by はなまち at 2008-01-27 11:08 x
シャロームということばは意味はよくわからんけれど、知ってたりしますね。
で、くしゃみ出ません?某大分方面で梅が呼んでます。
Commented by apakaba at 2008-01-27 11:43
シャロームはサラームと同じ……ですかねー。
こんにちはさようならといったときにシャローム。
アラビア語とヘブライ語は共通点が多くて、やっぱり似ているんだなあと感慨深くなりました。
言葉も似てるんだから仲よくしろよと。

梅ですか、いいですね。
Commented by 喜楽院 at 2008-01-27 21:08 x
>ハンドル握ると別人格になる人って、私は大ッ嫌い。

すみません。
車のハンドル握ると、別人格になります。
自分でも、嫌になるくらいの。
うーん。
でも、マキさんには嫌われたくないので、
この性格は直したいなあ。

で。

二輪のハンドル握ると、
もう、別人格どころか、別の生き物になります。
これは直せません。

Commented by はなまち at 2008-01-27 22:52 x
ハンドル握らせると、本当の性格でます。
ハンドル握った性格が本当の姿、酔いつぶれた姿が本来の性格。

Commented by apakaba at 2008-01-27 23:27
まーでも別人になるときって、それぞれにあるものだと思いますよ。
私だってあのときとかこのときとかは(では、おやすみなさい。)
Commented by はなまち at 2008-01-28 12:52 x
おやすみなさい・・・・
どてっ!
Commented by apakaba at 2008-01-28 15:43
もう寝ちゃうの?
Commented by はなまち at 2008-01-28 23:03 x
ボンヌィ。
Commented by apakaba at 2008-01-29 10:03
ボンジュール!


<< 朝ごはんのメニュー覚えてるかーい      2007年に読んだ本、Best... >>