あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2002年 11月 19日

煮玉子のような夕日

新宿の雑踏を歩きながら、機質さん(常連さん)がBBSで書いてくれた「煮玉子のような夕日」ということばをずっと心で反復していた。

色、のことをいっていたのではないんだろうな。
夕日が沈む直前の、ぼってりと重そうな楕円形のことを、言ってたんだろうな。
昔は「たまご」を「玉子」と書くのは子供っぽいと思って、かならず「卵」と書いていたんだ。
でも最近は「玉子」のほうが好き。
卵だと、生殖機能を連想しちゃう。
玉子だと、愛称みたいだし・・・、中国語では「カワイイ」という意味で「子」をつけるんだったな、たしか。

by apakaba | 2002-11-19 14:30 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 思春期の入口