2002年 11月 30日

かくし芸「外郎売りのせりふ」

今日は、忘年会のため、当欄以外の更新はなしです。ごめんなさい。

私は「忘年会」ということばがとても好きだ。
「新年会」よりよほどワクワクする。
いいじゃねえか飲んじまえば、って感じの、やけっぱちな語感が性に合う。

今日はかくし芸を披露しなければならず、私は歌舞伎十八番のひとつ「外郎(ういろう)売りのせりふ」というものを演じた。
高校時代、演劇部だったときに公演でやったのを覚えていたのだ。

ほぼ20年ぶりに人前でやってみたけど、意外とできるものだね。
あのころ記憶したものって。

それからたくさん唄ったので、今日はお休みなさい!

by apakaba | 2002-11-30 14:46 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 小学生のころから、顔が変わらない      アシュケナージ、ビル・エヴァン... >>