2008年 03月 07日

「ねんけど」でええねん。

きのう、掲示板を閉めるのになかなか苦労し、グッタリしてよく眠れず。
どんよりと起きてお弁当作ってみんなを送り出す。

朝9時に携帯メールでデートのお誘い、ただし2時間前に送り出した夫から。ツマラン。
明日つとめ帰りに待ち合わせして、ロートレック展に行こうとのこと。
彼はずっと行きたがっていたのだが、仕事の都合で行かれる望みが薄くなり、私だけ先に行ってしまっていたのだった(レビューまで書いてしまった)。
もう一度行くのはもちろんかまわないので、OKする。
すると返信が奇妙。
「混むだろねんけど、4時くらいからかな。」

返信「なんで関西弁?」
予測変換で手が滑ったのだろう。
バリバリべらんめえの夫が「ねんけど」って、ものすごく不似合いでひとりで笑い転げた。
彼の口からは生涯聞くことのない「ねんけど」がこんなに笑えるとはね。
それにしてもどうして、関西弁だけが予測変換候補に入っているのだろう。

by apakaba | 2008-03-07 16:27 | 生活の話題 | Comments(13)
Commented by タカモト at 2008-03-07 23:23 x
怒涛の晩でも翌日は平常で弁当作り・・・
いやぁ、マジで大変だよ。
家族は関係ないから平常心でいないと・・・・

俺はメールだと妙に優しい口調になってしまうなぁ。
よく嫁メールで最後に「!」って入ってるとなんか怒られてるみたいで嫌だな。
我が家では「了解」は「り」でお終い。(笑)

>混むだろねんけど
関西弁か?
Commented by apakaba at 2008-03-07 23:31
ネット遊びには家族は巻き込まないと決めているので、なんも話しません。
夫婦ともにネットに登場しているおうちは、楽しいことも2倍だけど嫌なことがあったときにはストレスも2倍だろうなあ。
まあ、家族ぐるみのレジャーの一形態と考えればいいのか。
ゆうべはやっぱり長年つづけた掲示板をおろすのが寂しいのと(これでも寂しかったのよ)、最後のほう気分悪かったのでよく眠れなかった。でも朝になったらせいせいもしていた。
不思議な感じです。
タカモトさんにはすばらしい書き込みでお世話になりました。

メールだとやさしいというより、基本的に嫁に優しいってことじゃないの?
語尾すべてに「!」を付ける人いるけど、なんかコワイ。

混むだろねんけどと言ってる関西人はいないでしょう……めちゃくちゃな変換が可笑しかったの。
Commented by ぴよ at 2008-03-08 02:02 x
全ての語尾に「!」を付けるぴよが来ましたよー「!」←ココ、ポイント
怒ってないよー。強調したいだけなんだよー。
あ、しまった・・・「強調したいだけなんだよー」の後に「!」付けるの忘れた!

うん。今度は「忘れた」の後にちゃんと「!」を付けれた。満足♪(笑)
Commented by たがめいぬ at 2008-03-08 09:45 x
掲示板由々しき事態しからば大変だったであろう。
まあそれがしのごーすとたうんほーむぺーじ&掲示板なんて 閉鎖の仕方もわからなゐ状態だし。

ただ 昔の仲間からの連絡は掲示板に書き込まれそうな気がして ほったらかして御意るなれどたまに掲示板のちぇっくはしておるな。

人が集まると揉め事は避けられなゐのだろうな。

昔ばんどやってさーくるみたいでござるなものをやってゐたときに ちょっとイヤーズオールドの離れたでござるさーくる外の上様に「色々嫌な事があって作ってはつぶしの繰り返しだった ゆえには今は一人でやっておる」と申すようなことを聞かせてもらったでござることがあって 左様でござろうなと思いたであろう。

ゐや其れが嫌なことだってことしからばなくて うまく云ゑなゐなれど 嫌な思ゐをして裏切られて傷つけられても 人は人を求めてしまうものなんだなっておもったの。

信じたかったり。

とはいえ其れで趣深いのう。

もんじろう(コトバ変換)
http://monjiro.net

どうもしっくりしませんね 武士語変換。

そしてこんなまじめな内容を変換するのも間違いだった。

ああああ
Commented by apakaba at 2008-03-08 10:33
ぴよさん、私はあんまり「!」はつけないですねえ。
意識してつけることはある。
ついているだけで文章が元気そうに見えるらしい。
メル友状態の人(男性)で、かならず最初と最後に「!」の人がいます。
「ミタニさん、こんにちは!」
「じゃ、またね!」
とセットになってます。
とても活き活きした印象になるんだよね。
私のメールとかの文って、血圧低そうというか……元気なさそうに感じたときはわざと「!」をつけるかな。

たがめいぬさん、読みにくいです(あっさり)。
私も、マイナスのほうが明らかに多いのに、意地張って開け続けていたのは、やっぱり昔の掲示板仲間が戻ってくるかなと甘い期待をしていたんだよね。
でもどう考えても、あんなふうに恥部になってたら誰も戻りたくはないよね。自己嫌悪にさいなまれている。
Commented by メリー at 2008-03-09 13:40 x
>混むだろねんけど

変換機能をつかったんじゃなくて、ご主人、先日の関西訪問に影響されて
ちょっくら、自分で考えたんじゃないの? 
こっ恥ずかしくて、そうは言わないけど・・・ ( ̄▽ ̄)
Commented by apakaba at 2008-03-09 16:23
アハハ!バリバリべらんめえ江戸言葉の旦那が「ねんけど」はないだろう〜〜〜!
Commented by はなまち at 2008-03-10 22:53 x
ねんけど・・・・よーわからん関西弁やなぁ。
関西弁でもいろいろあるから、なんともねぇ。
関西弁のすべて知るわけでもないし、わかるわけでもないけれど、
東京で「等々力3丁目」とだけタクシーに言って、関西の方ですかと
言われたのはどてっでした。
Commented by apakaba at 2008-03-10 23:26
でもケータイの予測変換に入ってるくらいだから。
コトバというよりイントネーションでしょうね。
でもゆうべ、「ニライカナイからの手紙」という竹富島の映画観てたら、聞いたことのないイントネーションで驚いた。
日本のコトバは奥が深い。ていうか国土は狭いのに多様さに驚く。
Commented by はなまち at 2008-03-10 23:31 x
100キロ動くとかなり言葉変わりますね。
夕暮れの「由良の戸」、車窓より眺めてきました。
文学がなければ、どこにでもある風景だけれどね。
Commented by apakaba at 2008-03-10 23:38
100キロというと、東京からだと北関東、栃木とかかなあ?
そう言われてみればかなりちがう、あの辺りとは。
イントネーションがちがう。

「ゆらのとを……」は小学生のころに好きな札でしたね。
ませたガキだったぜ
Commented by はなまち at 2008-03-10 23:47 x
だめだめ・・・・おじさんを挑発しちゃあ、勘違いしますよ。
Commented by apakaba at 2008-03-10 23:56
いやーもう勘違いはフルイナフよ。


<< 安藤忠雄建築巡礼の旅      メインサイト掲示板閉鎖のお知らせ >>