あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 11日

日記の書き方を変えてみた(スタバの限定メニュー、ボルケーノ)

日曜の夕方になると、いつも夫が言い出します。
「スタバまで犬の散歩に行って、ラテでも飲まない?」
わたしたち、時間のある休日には、そんなふうにして夕方を過ごします。

きっちり防寒して、ふたりで犬の散歩へGO!
片道ゆっくり歩いて20分くらいのスタバまで、マイボトルも忘れずに、ふたつ持ってね♪
犬の散歩が目的か、スタバが目的か……ですって?
それはもっちろん!……ふふ、どっちも、ですよぅ。

スタバに着くと、夫は
「なんか甘いもんも買って。」
と言います。
「半分ずつな。」
はいはい、言われなくてもわかってますって!

c0042704_23561198.jpg


選んだスイーツは、ボルケーノという、季節限定モノ!
見るからに甘そうでしょ!
でも意外と、そうでもないのです♪
たっぷりのホイップはまろやかさを加えるだけで、甘さはほとんどありません♪
ふたりで順番につつきあって、あっという間に食べちゃいましたー。
これ、オススメ!
限定スイーツだから、早く行かないと来年までサヨウナラですよ〜〜。
興味ある人は、早く♪早く♪
でもやっぱり一個のサイズがおっきいから、半分ずつでちょうどイイ感じ。
分け合う人がいない人には、ちょっぴりだけツライかも……!

c0042704_2356368.jpg


帰り道はキレイな冬空!
思わずパチリ!
コーシローは撮影の間、じぃっと我慢して待っていましたぁ。
お利口さんだね。
また来週、ふたりと一匹で来ようね!







うへえ。
明日から通常にもどります

by apakaba | 2008-03-11 23:55 | 生活の話題 | Comments(14)
Commented by ぴよ at 2008-03-12 00:34 x
何このネタ(笑)
吹いた。盛大に焼酎吹いた。

この日記見て、眞紀さんが語尾に「!」を使わないって書いてた意味が
何となく判ったような気がしたなぁ。
「!」や「♪」を語尾に多用すると、こんなに甘々になるのか。そうか。
・・・でもぴよのBlogは「!」「♪」多用なのに、どうして男らしい日記なんだろ?
Commented by のこらくだ at 2008-03-12 01:21 x
(-o-;)うへ~
ぎもぢわるい~~(*´Д`)=з


てかさあ、もしやラクダブログがこの系統じゃないか?
ブログやめたくなってきたぞ…。┐(´ー`)┌
Commented by メリー at 2008-03-12 01:22 x
きもちわるい~。。。(((((( ̄▽ ̄;

でも、この内容自体は、ホントのこと?
Commented by タカモト at 2008-03-12 08:30 x
おはようございます。

とっても素敵なご夫婦ですね。
羨ましいです。
コーシロー君の散歩がてらに・・・・僕も憧れます♪

ボルケーノも好きですが僕は(奥さんもそうですが)マシュマロ&ナッツチョコレートが好きですね。

たまに奥さんと散歩に愛犬を連れて行きますが近所には何もありません。(シクシク)
夫婦、環境・・・・とっても羨ましいですです。

今度は是非コーシロー君を含めた写真を載せてください♪

Commented by 那由他 at 2008-03-12 08:46 x
いつもの眞紀さんじゃない!(* ̄m ̄)プッ

裏事情と合わせて読むと、ジョークかしら?とも思いました。

ご主人とのラブラブぶりを強調することも、今は必要なわけですね。

Commented by apakaba at 2008-03-12 15:42
スタバレス。
ぴよさん、お約束通りに焼酎吹いてくれて。
スイーツという言葉も「♪」も初めて使ったので、それだけで頭がいっぱいで、顔文字絵文字を入れるのを忘れた!
やり慣れないことをするとすぐパニックになるわ。

男らしいかアマアマかは、内容がスイートでないとだめだし、言葉づかいだと思うよ。
けっこうはまるわ!

のこらくださん、ありっ、けっこうはまるわと書いたばかりなんだが……キモチワルイか?
なんかこの気持ち悪さが自虐的だよね。
でも女性ブロガーの一典型でしょ。
カレ&ペット&スイーツで幸せ気分トライアングル!って。

メリーさん、あ、やっぱり気持ち悪いんだ。
内容はもちろん本当だよ……まさか、ホントはひとりでボルケーノ食べて写真まで仕込むって……いくら私でも寂しすぎる。

タカモトさん、いらっしゃいませ☆
スタバのスイーツ、やっぱ半分こが気分ですよねぇ(^^)
コーシローの写真!たしかにうけたまわりましたぁ。
待ってる顔がケナゲなんですよぅ☆
う〜〜〜〜んと期待して待っていてくださあい(*^_^*)
Commented by apakaba at 2008-03-12 15:42
つづき。

那由他さん、試行錯誤ちゅうなのです。
やっぱり、閉鎖っていうのはそれなりに痛手ですよ。
そこらへんですねえ裏事情というのは。
できるだけ、人に愛されるブロガーをめざそうかなと。
Commented by 那由他 at 2008-03-12 16:27 x
裏事情なんて、思わせぶりな書き方はよくなかったです。失礼しました。
裏事情じゃなくて、表事情ですから。
先日の日記に、掲示板閉鎖のこと、ちゃんと書いておられてました。

文体には、人柄がにじみ出るものだから、眞紀さんには眞紀さんの文体が「眞紀さんらしい」です。
でも、「なりきりブロガー」も文章修行の一つとして面白いですね。
清水義範さんのパスティーシュみたいで・・。
Commented by apakaba at 2008-03-12 16:49
いえいえ、私もここ数日、閉鎖に関するメールやお便りがどっさりで、私信なのかなんなのかわからなくなって混乱気味なのです。

典型女性ブログというのはけっこう必死になります。
別の人間という感じがして、「求められるジブン像」を粘土みたいにこね上げていく感覚がします。
那由他さんも試してください!(ナゼか、はまります。)

清水義範さんの本を先日1冊読みましたが、私には残念ながらおもしろく感じられませんでした。
しかし、なにかを隠しているような調子というのは、感じ取れました。
うまく言えないですが。
「ほんとはもっと書けるんじゃないのか?わざとレベル落としてないか?」って疑うような、偽悪的文体というのか……坂本龍一の音楽のような……ちょっと一般大衆のために下げて作っているような感覚がしたのですが、あれもパスティーシュだったのかなあ。
もし素で書いているとしたら、私にはちょっと、もの足りないです。
なにしろ多作な人なので、ひとつ読んだくらいでは評価しきれないですね。
Commented by 那由他 at 2008-03-12 17:19 x
私も清水義範さんのパスティーシュは全部分かるわけではありません。
元になるオリジナルの作家の文体や思考形態がよくわかっていて、その上で、どう真似してるかを感じ取れないと、面白くないのだと思います。
だから、元ネタの作家が好きな作家で、よく知ってると、「お、うまく真似してる!」と思えるのでしょうけど、元ネタの作家のことをそんなに好きでなかったら、隠されたネタに気が付かないのでしょう。
楽屋落ちの面白さといった感じでしょうか。
洋楽で言ったら、ラトルズみたいなものでしょうね。
イギリスでは、シャーロック・ホームズ物なんかで、そういうの、多いみたいだし、ラトルズといい、そういうユーモアが伝統なのかもしれないですね。

Commented by sora at 2008-03-12 23:15 x
ほー。案外、サマになっていると思いますよ♪
キュートじゃないですか。
フフ。仲がいいんですね。

ちなみに今月のCoyoteは柴田氏の特集ですよ。
今回は柴田氏の虜になりそうです!
Commented by apakaba at 2008-03-12 23:28
スタバつづき。
那由他さん、ラトルズもラトルズを笑う土壌が必要ですよね。
自分たちだけでうれしがって完結していても、しょうがないですからねえ。
イギリスに、そういう楽しみ方の心得が根付いているんだろうなあ。
表現者と受け手のあうんの呼吸なんでしょうね。

soraさん、う、なんか、キツイわ……soraさんに褒められると……
あれ、また柴田さんの特集ですか!
ご案内ありがとうございます。
本屋に行ってもくだらないファッション誌のチェックしかしないし、最寄りの書店にはCoyoteを置いていないので乗り遅れ気味です。
soraさんももし気に入ったら、ひとつどうです!
オースター&柴田訳の黄金コンビ、好きな本がいっぱいありますよ。
Commented by さると at 2008-03-17 19:56 x
ぶははははは

ネタ的にはスイーツ(笑)な感じはしますが
まだ香ばさは足りない気がします。

たぶん正しい日本語を崩している印象があって、
本物のギャルのように間違った日本語じゃないからですかね(^^;
Commented by apakaba at 2008-03-18 09:23
さるとさん、え、香ばしくない?
でもこれ1回でかなり懲りたなあー。


<< 割れる食器      安藤忠雄建築巡礼の旅 >>