2008年 03月 12日

割れる食器

今日の友だちとのメールの中に、食器の話が書いてあった。
食器好きな人は、あきらかに使い切れないとわかっていても、ついつい集めてしまっていつの間にかどっさりたまってしまう、という話だった。

私は、食器をぜんぜん買わない。
おそらく、興味もないんだと思う。
でも人のおうちの食器は気になる。
自宅の料理写真をブログなどで見つけると、料理もさることながら、食器をチェックしてしまう。
ステキな器を見ると、敗北感を覚える。
それに較べて、うちはさー。
どうせ、実家の使い古しを結婚するときにもらってきて、5枚セットもみんな4枚ずつになっていて、縁が欠けていて、まともに使えるのはたいていミスドのおまけで。

敗北したからといって翌日新しい器を買いに走るかといったらそんなことはせず、忘れてしまっている。

ひとつだけポリシーを持っていた。
赤ちゃんに与える食器は、割れ物でいきましょう。

スプーンを自分で持ってひとりで食べるのは、乳児が幼児になっていく最大のターニングポイントだ。
彼らのシンプルきわまりない一日の生活のなかの、最大のイベントだ。
顔中を口にして、スプーンをわしづかみにして、食べる!
よそったごはんの、半分は無駄になる!
でもたのしくて仕方がない。
スプーンをお茶碗に打ちつける。
興奮して体が椅子から跳ね上がる。

これだけで、いったい3人分、何個のお茶碗を割っただろう?
3人あわせたら、10個ではとうていきかないはずだ。20個ちかい覚えがある。
それでも、割れ物をうんと小さいころから扱うのは大切な教育だと私は思っていた。
興奮してお茶碗を割りそうになったとき、やさしげに笑っていたおかーさん(私だ)がとたんに表情を変えてあわてる。
「あっ、ダメダメ、割れちゃうのよ!」
そして、割る。
割れたらおかーさんは意外と怒らない。
「あー、割れちゃったね。大好きな模様だったのにね。あぶないから手を出さないで。今度から気をつけるんだよ。」
割れた大きな音にびっくりして、心臓が飛び出しそうな顔をしていた子供は、意外と怒らないおかーさんに安心し、失った形を椅子の上から見下ろす。
怒られたことを怖がるより、大好きなお茶碗を失ってしまったことを悲しむ。

そういうもんじゃないかなあ。
私は、子供たちがばりんばりんと器を落として割ってしまっても、注意はするけど怒ったことはない。

でも、割れてもさほどショックじゃないような器ばかりを使う癖が10年の乳幼児子育てでしみこんでしまい、なんだかすっかり、今でも興味がなくなってしまった。
今使っている食器も、すべて、割れてもショックではない。
食器棚を見てみても、割れて悲しいのは、パリで買ってきたふだん使いのワイングラスだけだ。

by apakaba | 2008-03-12 23:57 | 生活の話題 | Comments(13)
Commented by 与太郎 at 2008-03-13 00:04 x
 お気に入りの食器を買いだしたのは昭和40年頃からだったろうか、高島屋の蚤の市で紅茶カップを買ったが揃いのがなく、違うものを2個と言うことになったが、店員曰く、揃いでなくて独自のマイカップだから個性が出て良いのですよと。

 ものも言い様で、そうかなという気になり、買いましたが、今はどこにあるやら。
Commented by ぴよ at 2008-03-13 00:29 x
この日記を読んで、自分の子供時代を思い出してましたよ。
ぴよんちも、子供に陶器やガラスの食器を出してました。
そしてしょっちゅう割った。割ったけど怒られた事は一度もなかった。
ママに言わせると「子供は物を壊す天才だから」
「怒ったって物の有り難味なんて子供には判らないでしょ?だから自分のせいで物を壊してしまったという喪失感を体験させる事で、将来物を大切に出来る子になってくれればいいのよ」だそーで。

だがしかし、今も「壊し屋」の異名をもつぴよ。ママの教育失敗例(苦笑)
Commented by apakaba at 2008-03-13 07:55
食器レス。
与太郎さん、ちょっといいなと思っても、なかなか買うまでには至らないんですね。
それを決心させてしまうのが店員さんの一言ですね。

ぴよさん、あらー私ってまさにぴよママなのね。
方針ってどの家にもそれぞれあるんでしょうね。
今は学校給食も割れ物を使うところが増えてきたらしいねえ。
Commented by キョヤジ at 2008-03-13 12:38 x
へぇ、給食で割れ物かぁ。。。

ワシがガキの頃はアルミの食器だったもんな。
で、脱脂粉乳と。
あぁ、じぇねれ~しょんぎゃっぷ!
Commented by apakaba at 2008-03-13 13:08
脱脂粉乳は……今は飲まないよねえ……ダイエットの人が飲むのも味は上がってるらしいし。

アルミは脳にシミを作るというし、メラミン樹脂は環境ホルモン、で、割れ物を使うとモノを大事にする心も育つと。
実際、ほとんど割れないみたいです。
年間とおして、学校で一つ二つだとか(うちより優秀なのはナゼ)
Commented by メリー at 2008-03-13 17:31 x
ブログにアップする料理写真・・・  
全部おなじ食器だな!と指摘され、その時初めて気づいたワタシ。
だってー。。。 使いやすいんだもん。 
ワタシは、100均の食器でも、使いやすければ、またーーく問題なし。
Commented by apakaba at 2008-03-13 18:04
うれしい。仲間だわ。
Commented by のこのこ at 2008-03-13 21:24 x
うちは特に理由はないけどわざわざ買うのもめんどいのでゆうだいも大人と同じ食器です。
そんな深い理由なんて考えた事もなかったわ。
材質に関わらず自分専用のを持たせるとよいと言いますが、そういうのがない…。
ゆうだい用のを決めたほうがいいのかな。でも人の皿のをほしがるんですよね。う~む。

だいぶ前にうちに来てくれた時に要らない食器をあげようかと用意してたんだけどすっかり忘れちゃったわ。
いつかまたそんな機会があって、使えそうなものがあったら持ち帰ってね。
Commented by 満腹ボクサー at 2008-03-13 22:49 x
オレも「形あるものは壊れる」と言われるだけで、叱られはしなかった。
母方のひいばあさんが、そう言っていたそうな。

でも、大人になって、形のないものも壊れること、形あるものなら、また作ればいいけど、形のないものは取り返しがつかないことを知りました。
Commented by はなまち at 2008-03-13 23:49 x
ボクサーさんいいこと言うねぇ。
格好いい。感動するいい言葉。
Commented by apakaba at 2008-03-14 15:20
食器。
のこのこさん、幼児はスプーンを打ち付けるようにしておかずをすくうので、平たいお皿だと滑って飛び出しちゃうでしょう。
だから、フチが直角に近く立ち上がっているもののほうが食べやすいよね(うんと背の低い円筒形というのか)
あと糸底が低くて重心が低い方が安定がいいとかって、ちょっと幼児用の食器はふつうのとはちがう。
でも大人のでうまく食べられるのなら、用意する必要もないかな。
大きくなれば結局半端物になっちゃうしね。

食器をくれようとしていたとはありがとう。
そんなに数で困っているってことはないけど、見た目が情けないラインナップなのだわ。

満腹ボクサーさん、おひさしぶり。
「形ある物は壊れる」ってうちの母にもいわれたよ。

はなまちさん、ボクサーだけど言葉の使い手だからねえ。
もう20年近く会ってませんが。
Commented by さると at 2008-03-17 19:58 x
私の子供時代もそうだったなーと思い出しました。

怒られるではなく怪我してないか心配されたり
割れて失ってしまう喪失感はなんとなく覚えてますねー
Commented by apakaba at 2008-03-18 09:24
さるとさん、どこの親もいっしょということですかね。
まともな親に育てられたことに感謝しなくちゃだわ。
これで「ほら割った!バシバシバシ」とかひっぱたかれたりしたら、暗い子供時代になってしまうもの。


<< ボケボケしていて薬を飲み過ぎる私      日記の書き方を変えてみた(スタ... >>