あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 17日

子供の人格形成

職場体験、やるとしたら

3年前の日記です。
長男のときにはそのプロジェクトじたいがめずらしくて、私もワクワクしていた。
「ササニシキ」が行ったのは、銭湯と床屋だった。

3年経ち、同じ中学へ進んだ「アキタコマチ」が、きのう職場体験の希望調査票を書いていたから、「あんたなに希望してるの?飲食?」とか聞いてみた。

「ん、第一希望が“接客のできる飲食店”。第二希望が幼稚園。第三希望が老人ホーム。」
「はー。あんたならどれでも大丈夫だね。」
「そうそう、オレならどこに行ったって同じだよ。どれも得意だから。」

心配ゼロ。
「ササニシキ」のときには、
「あんたきちんと挨拶しなさいよ。大人は挨拶を見てるからね。帰るときはありがとうございましたってしっかり言って帰るのよ。」
と、小さい子にするように心配していたのだが。

「アキタコマチ」だったら、どこへ当たっても、職場の人にもお客さん(もしくは子供や老人)にも喜ばれて、体験期間が終わるときには
「もう明日から来ないの、残念だねえ。助かってたよ。」
「高校生になったら、バイトに来いよ。」
くらいのことは言われて終了するだろう。
それくらいのところまで、すでに予想がつく。

もしも、私に、「ササニシキ」しか子供がいなかったら、あるいは「アキタコマチ」しか子供がいなかったら、ということをたまに考える。
(「コシヒカリ」のことはなぜかあまり考えない。まだ子育ての問題が複雑になっていないからかな)
もしどちらかの息子ひとりきりしか持っていなかったら、私は、もっともっと追いつめられていただろう。
あのふたりは、私に不安と苛立ちと喜びと満足感を、ちょうど両方で半分ずつ持ってくる。
「ササニシキ」には軽くできることが、「アキタコマチ」にはどうやってもできない。
「アキタコマチ」には軽くできることが、「ササニシキ」にはどうやってもできない。
勉強や、生活習慣や、私や他人との接し方、趣味、話し方などすべてのことで。
まさに、きれいに正反対だ。

「なんで!?こっちの子にはできるのに、なんでこっちにはできないの!?親として、人としてふつうに、同じように育ててきているつもりなのに。」
と、しばしば頭を抱えていた。

なにがどう子供に影響してくるか、私にもわからないしね。
冒頭の職場体験にしたって、長男のときにはわがことのようにワクワクしていたのに、次男になったら「ああ、またその時期ね」と思うだけ。
前回は心配もしたけど、今回は心配ゼロ。
新鮮さがない分、気分が盛り上がらず、次男に申し訳ない気もするが、でも職場体験での信頼ははるかに置いている。
これがもし息子ひとりきりだったら、なんでも新鮮、なんでもワクワク、そのかわりなんでも心配!
それもツライぞ。

ふたりで長所を分け合う恰好だと、そのうち「こっちはこれがどうしようもなくできないけど、こっちの子ができているから、まあ、いいか。」(本当はぜんぜんよくないのだが)と、諦念とともになんとなく親の自己満足は得られるものだ。
視線が、忙しさも相まって分散する。
ひとりにかける注目度が、子供が多いとがっくり減る。
昔はそれがとてもつらくて、心の中で子供たちに手を合わせていた。
目が届かなくてごめんね。
あなたたちひとりずつ、一人っ子にして3回育ててやれたらよかった。と。

ふたりは、明らかに“あいつはダメ、オレのほうがちょっとマシ。でもオレにない長所を持っている”と意識しているように見える。
それが兄弟なんだな。
良くも悪くも影響しあってしまう。
兄弟が多いと、たとえば私が「うるさいよ!」と怒鳴ったとしても、「オレはちゃんとしてたもん。そっちだろ?」「いや悪いのはそっちだろ?」と、互いに責任転嫁してうやむやになる。
小さかったころはそんなことが日常だった。
もしもひとりだったら、親の言動をもっともっとダイレクトに受け止めていただろう。
「あ、お母さんが怒っている。怒られているのは、自分だ。」と正面から受け止めていただろう。
人格形成の根本は家族、っていうか家族構成だなあと、ふたりを見ていてつくづく思う。

一人っ子のほうが大変とか気楽とか、子だくさんのほうが大変とか気楽とかいうことは、ないんだと思う。
肉体的・経済的には、子だくさんのほうが明らかに大変だけど、親の精神的にはどっちのほうが楽とかいうことは、まったくない。
それぞれによさとマイナス面がある、としかいえない。


最近、子供が大きくなってくると悩むことが多いので、こんな目新しくもない話を書いてしまいました。

by apakaba | 2008-05-17 13:33 | 子供 | Comments(14)
Commented by ogawa at 2008-05-17 20:52 x
ウチは一人っ子だから、良くも悪くも娘に集中するなぁ。
たしかに経済的には一人のほうが楽だけど、親と子供がダイレクトだからなぁ。
兄弟姉妹というクッションがないから、そのぶん娘にとってはしんどいかもしれない。
うちの娘は高3、それはそれで気を使うものです。
Commented by apakaba at 2008-05-17 22:03
ogawaさん、経済的には迷うことなく一人っ子バンザイですよ!
長男にも、「うちは下がいるんだからね!浪人厳禁だよ!」とプレッシャーかけてます。
子供に、親の金銭的な苦労(子供にかけるお金の額)は決して言ってはならないというのもよくいわれるけど、私はそれもどうかな?と思います。
現実にはやっぱり言っちゃうし、小さい子ならともかく、だんだんと自分にかかっているコストのことも自覚していってほしい。

あ、カネの話はいいや。
この話を書いたのは、決して「一人っ子と子だくさん、どっちがいいか」を較べたいわけではないです。
親が自省というか、自己チェック機能を怠っていると、子供はたちまち軋むように思う。
とくに、人からダメ出しされることのない立場にいる人間が親になっていると、軋みが出やすいように思いますね。
私も、子供の様子がおかしいな?と思ったときは、まず真っ先に、自分の言動とか態度とかを振り返るようにしています。
Commented by ぴよ at 2008-05-17 22:04 x
兄弟が多いと、親の手の掛け方も下の子になればなるほど適当になってくるのは当たり前なんじゃないか?
その分、上の子が下の子とコミュニケーションを取るから下の子というのは案外淋しくもなければ親の愛情が足りないと思う事もないと思う・・・コレは同じく3人兄弟で育ったぴよの感想。

うちのママは「兄貴を育てた時は初めての子供だったしママ自身も若くて血の気が多かったから、叱り方や手加減が判ってなくてね。今思うと厳しく叱り過ぎたかなと思う」と言う。
でも兄貴自身にとっては唯一無二の母親なので、それが厳し過ぎるとかそういう物差しは持ってなかっただろう。
今でも時々ぴよんとこのメールしてきて「お袋の体の調子はどう?元気に長生きしてもらいたいからね」って聞くよ。
普通~の心優しいおっさんに育ちました(笑)
Commented by apakaba at 2008-05-17 22:22
ぴよさん、そうそう。そうそう。まったくそのとおり。
ひとりめのときは、親も若くて手加減なしなんだよね。
無駄にキビシイの。
年寄りっ子三文安とかいうけど、それだけやさしさも知っているし、甘える呼吸とかも知ってるしね。

だから一人っ子というのはえらいもんだなと思うのよ。
だってすべてのことをひとりきりで受け止めるんだからね。

でも、うちの子たちが3人でごはんを食べていたりただしゃべっているのを端で聞いていると、ほんとにきょうだいだけでひとつの関係ができているというか、ゲームの話題とか、漫画の話題とかで、親なんか出る幕なし(出たくもないが)なくらい、勝手に大盛り上がりしてる。
そういうのを見ると、兄弟が多いのはいいなと思う。
ひとりだったら、親しかゲームや漫画の話をする相手もいないしね。
ようするにどっちもどっちね。
Commented by のこラクダ at 2008-05-17 22:53 x
私と兄も正反対だなぁ。
根っこのところは似てるんだろうけど、表面に出てくる性格はほんっとに正反対。

兄弟ってのはそういうもんじゃないの? 
親の育て方なんて関係ないよ。愛情さえ注いでいればそれなりに育つんじゃないかしら。

>子供の様子がおかしいな?と思ったときは、まず真っ先に、自分の言動とか態度とかを振り返るようにしています。


アイタタタ。 振り返らないよ私。 
でもさ~、ぶっちゃけどんなに親ががんばったってどうせ思うようにはならないじゃん? 
イマドキの小さい子のママってやたらに細かいこと気にしてがんばってるけどさ、気にして苦労するだけ損というか、ハイ、ご苦労さんって思っちゃう。 
私みたいなしょーもない親でも子供は他の家のやり方を知らないから、それでよし、と。  思うしかないし、そう思うもんだし。
Commented by apakaba at 2008-05-17 22:59
小さい子のママはいいのよ勝手にやっててもらえば。
それが生き甲斐だし、楽しいんだし。
子供が大きくなってくると、けっこうこっちにもマジな反省を求められる場面が出てくるのよ〜〜〜!!!!
そのつらさってば、小さいころの単純な悩みとは段違い平行棒なのよう。
自分の全人生ふりかえってため息ついちゃうような。うへー。
Commented by sora at 2008-05-17 23:33 x
僕は妹がいるんだけど、母親はいつも「もう1,2人子供を作っとけば良かった」と言ってます。

まぁ、僕は東京に出て、妹も結婚して寂しくなったというのもあるかもしれないけど。

最近は兄か弟がいたらいいなぁって思うことあるよ。
いろいろ人生相談とかしたいなって。
でも、兄弟だから話せるとは限らないのかな。

そういえば、この前のバーゲンの話は笑ったよ。分る分る。
7月くらいかな。バーゲンは。あと少しの我慢だ。

Commented by apakaba at 2008-05-17 23:51
soraさん、何人がベストかって、誰にもわからないですよね。
私も、「お金さえあれば4人目カモンなのに!」とずっと思っていた。
さすがに最近では、現実のつらさを思い知って孫に期待することへシフトしたけど。

兄弟は、人生相談とまではいかないけど、むしろ長じてから人生雑談はするかな。ふふ。
それも楽しいものですよ。とくに同性だとね。

バーゲンバナシ、失礼しました。
soraさんの、グレーの人体モデルが着ていた写真を見て、「わ!私が争奪戦して買ったのにそっくり!」と思って、私も自分の写真を載せてみた。
ほんとにそっくりでした。やーね若ぶっちゃって。
Commented by apakaba at 2008-05-17 23:53
>グレーの人体モデルが着ていた写真

なにいってんだかわかんねーぞ。
人体モデルが着ていた、グレーのワンピースをカットソーと組み合わせているやつの写真!
これでもよくワカラン!
わかるでしょ。「けっこうこういうの、好きです」と本文に書いていたあれ。
Commented by sora at 2008-05-18 00:25 x
ウン。確かに「人体モデル?」って聞くと、理科の実験室系のものが浮かんだ。そんなん撮ったっけ??

ハイハイ。あれね。オッケーよ。
確かに着てた服と似てるね。
あそこはI頭公園かな。
Commented by sora at 2008-05-18 00:29 x
どーでもいいことなんだけど。追加。
どーでも良くないんだけど。

明日は不発弾騒ぎで強制退去なんですよー。もー。面倒だ。
車も出せないし。渋滞しそうだし。

日曜はゆっくり過ごしたいのに。

Commented by apakaba at 2008-05-18 12:03
soraさん、人体モデルっておかしいわよ。
トルソーだよ!
どうしてきのうはこのコトバが出なかったんだろう!それは老化です!
トルソーだよねえ……

soraさんが撮ったのは吉祥寺近辺だったのかな。
(今日も行きますが、私)
私の写真は京都です。遠出。京都の大きな神社。

不発弾とはなにやら物騒なお話ですね。
日本でもまだまだ不発弾が残っているんだから、アジアの諸国の地面はいったいどうなってるんだろうと想像すると。つらいね。
Commented by さると at 2008-05-19 20:23 x
一人っこだと期待も不安も集中って判るような気がします。
って親になったことないから想像ですが。汗

ウチは兄弟でしたが私に期待が向けられる分、弟は伸び伸び育ちました(笑
また、友達という関係を学ぶよりも先に兄弟の序列?みたいなものとか
一番近い友達(味方)でもあったかなーと思います。
Commented by apakaba at 2008-05-19 20:47
さるとさん、親になったことない人でも、どこかの家族に属していて誰かの子であり、誰かの兄弟だったりなかったり、という経験はたいていしてるもんねえ。天涯孤独な生い立ちでもないかぎり。
だから想像はしやすいと思う。
犬やインコが、大勢で飼うとそれだけ飼い主を頼らなくなるのと同じで、兄弟がいると、兄弟の中だけで完結して、友だちと遊ばなくてもそれなりに満足して終わる、ということが多かったな。子供らが小さかったころは。


<< 初SKECHERS      何色が“おちつく”の? >>