2008年 06月 02日

蠢き

c0042704_15541017.jpg


いつもの犬の散歩道。
こういうとこって、10秒立ち止まっているだけで、10種類は生き物を見るのね。
猫は、かならずいます。
いろんな鳥。
なめくじ。
だんごむし。
あり。
げじげじ。
見慣れない形の蜘蛛。
蚊。
蝶。
ミミズ。
かたつむり。
ひきがえる。
ばった。
かなへび。
てんとう虫になりたての、黄色いやつ。
なんかよくわかんない、目や鼻の穴に入ってくる羽のある虫。
死骸もいっぱい。
だんごむしは死ぬとどうして真っ白になるんだろうね。
つぶれたかみきりむし。
無残に散らばった、鳩の羽。

こういうとこに立って、目の前をぼけっと見ていたり耳をすましていると、“草地が動いている”ことを感じる。
枯れ葉がごそごそ移動していく。
でも本当は、その下でだんごむしが枯れ葉を運んでいるの。
草が、なめくじが動くにつれ、重みでしなる。
生き物のたてる音を感じる。
足を止めずに通り過ぎてしまうと、なにもいなくてなにも動いていないようだけど、ちょっとだけ見ていると、にぎやかに動いていることを知る。

じめじめして、高い木の葉が作る陰で薄暗くなっているところ。
こういうとこに踏み込んで、じっとしているのは好きだ。
ありふれた生き物しかいなくても、生き物の影が濃い場所で、息を詰めて静かにして眺めているのが好き。

by apakaba | 2008-06-02 17:47 | 生活の話題 | Comments(6)
Commented by キョヤジ at 2008-06-02 20:20 x
う~~ん。

ファーブル。
Commented by apakaba at 2008-06-02 20:46
虫だけじゃなくて蛇とかも好きだよ。
Commented by ogawa at 2008-06-02 22:18 x
うちの庭もそう。
殺虫剤なんてまかないので虫がうようよ。
バジルも紫蘇もサラダ菜も虫にいっぱい食べられているけど、それが自然。
ダンゴムシの死骸は蟻が運んでいく。
それが当たり前の光景。
Commented by apakaba at 2008-06-02 22:43
虫を病的に毛嫌いする人が増えているそうです。
女ならまだしも、男でも。
鳥や爬虫類を病的に毛嫌いする人って、恐竜の脅威にさらされていた時代の記憶が残っている人だというけど、虫を毛嫌いする人はいったいなにを身体的に記憶してるんだろ。

まー単に慣れていないだけかな。

うちのほうは、静かなところなので、虫の蠢く音もよく聞こえます。
コーシローはよく虫を食って不機嫌になっている(まずいだろうて)
Commented by タカモト at 2008-06-02 23:08 x
お題、何て読むんだ?

俺も虫はダメだ。
足が5本以上生えてるモノは特に。
Commented by apakaba at 2008-06-02 23:27
うごめきぃ。
足5本以上だったら、昆虫も全部ダメじゃん。
昆虫は足6本。
よく、ばったの足を誤ってむしってしまって5本にしてしまった苦いオモヒデが。


<< マツジュンよりトニー・レオン…...      唇と瞳が開く窓——『向かいの窓』 >>