2008年 06月 03日

マツジュンよりトニー・レオン……じゃ、ダメなのか?

先週、とある母親同士の親睦ランチ会で、あれやこれや話す。
中学生のお嬢さんと、ラルクアンシエル(英字表記放擲)のライヴに行くの!と言っている人がいて、子供とライヴ行くのか、私ならイヤだなあと驚いた。

「あたしはね、嵐(ジャニーズですね)!嵐のコンサートに、娘と行きたいの!」
という人もいるので、内心でマジかと思いながらも
「へえー!(お目当ては)二宮くん?」
と聞いてみると、
「ううん、ちがうのぅ!」
少女のように恥じらう。
「あ〜あっちか、マツジュン?」
「そうなのぅ!マツジュン!」
「マツジュンかぁ……」
意味なく感嘆する私。

どうしてえ〜〜〜〜???

夜、夫にその話をすると、仕事柄、母親に慣れている夫は、
「そうよ、今のお母さんたちはジャニーズだぜ。」
と、こともなげに言う!
まっっっっったく、まっっっっったく、わかりません。
その心理が。

私 :男はさ、若い女が好きじゃん。ねえ。
夫 :そうかなあ。まあ、性的な魅力だけでいえばな。若いほうがいいという心理はあるだろ。
私 :それは生殖能力の高さに期待するからなんだって。若いほうが子孫生んでくれそう、という……
夫 :生殖能力はいいすぎだと思うけど……性的な意味、ということでなら。
私 :それが生殖能力だっていってんのよ。まーだからほら、男は若い女が好き、というのは本能ということで理解できるけど、どうーして、どうーして、おばさんはジャニが好きなの?!
あんなコが息子だったらいいなあ〜とか思うのかな。それとも、もうトシでかっこよくない旦那の若いころの幻を追い求めているとか。
夫 :さあ、わかんねえなあー。
私 :それこそ、生殖能力の高さに本能的に期待するとか。
夫 :さあねえー。
私 :でもさあ、私、絶対に若い男より50代60代くらいのおじさんのほうが、精力は強いと思うよ。絶対スケベだよ。女、女って追いかける年代だよ。
夫 :あ〜それはそうかもしれない。
私 :暗く不幸で貧しい60年代、70年代を生きてきた年代のほうがね、ぎらぎらしてるもん。若いヤツは満たされてるから、そういうぎらつきがないよ。精力弱そう。
夫 :ぎゃはは!そうだな。

しょっちゅう同じ話題をしてるのよね。

どうして、おばさんは若い男の子が好きなんだろう。
私もおばさんだけど、若い男の子は自分の息子ふたりでフルイナフなんだが。
私の感覚では、たとえば『オーシャンズ13』でたとえるなら、マット・デイモンはいい役者でとても好きだ。
しかし男の魅力で考えると、マット・デイモンよりはブラピ、ブラピよりはジョージ・クルーニー、ジョージ・クルーニーよりはやっぱりアル・パチーノ。
アル・パチーノの色気にはかなわないでしょう。
きれいに年齢と正比例です。
(もちろん、ドン・チードルとかヴァンサン・カッセルもとても好きだが正統派正比例ということで。)

ここ最近で断然にいいのはトニー・レオンなのだ。
若いころの映画より、どんどん色気が増していっている。
チビでなで肩でひょろひょろでも、そんなの関係ないの!
冒頭のマツジュンじゃないけど、トニー・レオンには悶絶だなあ。

男の色気ってなんなんだろ。
私のイメージでは、暗い淵をのぞきこむような感覚かなあ。
知らない世界を、見せてくれるようなくれないような。
おそるおそるだけど、のぞきこんでみずにはいられないような。
そういうところへ連れて行ってくれるような雰囲気を持った人、だなあー。
これは若いモンには無理でしょ。
マツジュンが、その扉を開いてくれるとはとうていイメージできないのだが。

by apakaba | 2008-06-03 23:02 | 生活の話題 | Comments(6)
Commented by さると at 2008-06-04 01:05 x
んー私が思うに
若い男子が好き=まだまだ私も少女のように可愛いのよ!
・・なんてことはないか。笑

トニー・レオン好きということは
「ラスト、コーション 色|戒」はもう観られましたか?
まだ観てなかったら是非♪ きっと悶絶してしまいますよ~
Commented by apakaba at 2008-06-04 07:40
さるとさん、ううむ。
そういう、「自分もまだ若い」とかいう計算のもとに好きになっているって感じでもないのね。
ほんとに、純粋に惹かれてしまうの!という様子ですね。
なんにも染まってない、ピュアな感じがいいのかな(ゲーノーの人なんだから、んなわけないのだが)。

嵐でいったら私はマツジュンよりは二宮くんがいいけど、「二宮くん!きゃああ!」ということではなく、彼の芝居はけっこういいなと思って応援しているだけで。
トニー・レオンみたいに、見ただけでちょっと頬がゆるんでしまうのとはちがうなあ。
先日、「傷だらけの男たち」を見て、やっぱり悶絶死でした。

「ラスト、コーション」はほんとによかったですね。
http://apakaba.exblog.jp/8181313/

渾身のレビューです。
最近の気に入りなので、さるとさん必読でよろぴくぅ!
Commented by さると at 2008-06-04 15:04 x
貫徹ですでにカゲロウのようになってます。汗

失礼しました!すでにご覧になっていたんですね。
読ませていただきました!って全部読んで気付いた・・この感想一度拝見してました。滝汗

純粋に惹かれる・・やはり謎の生き物ですね。
言われてみればウチの母も今だにヨン様ヨン様言ってます。

自分もまだ若いという計算ではなく大人になりきれていないのでしょうか?謎

傷だらけの男たち・・ハリウッドリメイクされるそうですね。
香港映画のスリリングさがハリウッドリメイクになると半減しない事を祈ってますが・・

Commented by apakaba at 2008-06-04 16:10
ウスバカゲロウだったらもうすぐ命が尽きてしまうじゃないの。
嗚呼、がんばれさると。
「傷だらけの男たち」はストーリーは普通だと思ったけど、役者でぐぐっと引っ張られたなあ。
香港の淫靡さと洗練された感じの交互に現れてくるところが、舞台として映えているんだよね。
香港に、実際行ってみると香港映画が好きになるなあー。

しかし、男は若い女が好き。
一方おばさんは、若い男が好き。
そしたら……中年以上の人間の相手が不在になってしまうじゃないか!
高度高齢化社会なのに、こんなんでいいのか?!
Commented by ogawa at 2008-06-04 22:15 x
「ラスト・コーション」は眞紀さんのお勧めもあったのだけど、見に行こうと思い立ったらすでに上映は終わっていました。
う~ん、残念。

ジャニーズといえば私の義妹が44歳にもかかわらず、筋金いりのジャニーズファン。それも「嵐」のニノミヤ・・・と書いている私がわかっていないのですが・・・

私の同僚で40代半ばの既婚女性ですが、SMAPの大阪でにコンサートは仕事休んでも必ず行くという人がいます。

ジャニーズ恐るべし。
Commented by apakaba at 2008-06-04 22:34
「ラスト、コーション」は、早くDVDにならないかな〜と待っているところです。
DVD化されたら見てねん!
あんまり、ご家族向きじゃないけど!
ベテランのトニー・レオンと新人女優のタン・ウェイにやられます。

>ジャニーズといえば私の義妹が44歳にもかかわらず

いや、「かかわらず」なんて言っている時点でもう袋だたきですよ。
世の中、そうですよ。
二宮くんは、私も買っています。
二宮くんが唄ったり踊ったりしているところを一度も見たことないのですが。あはは。
イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」での演技が、現代っ子っぽい雰囲気をよく出していてうまいなと思ったので、役者としては応援しています。
私は「仕事する人」が好きなので、演技をするなら演技をちゃんとやる人が好きです。
唄ったり踊ったりが、仮の姿になってくれればいいななんて思ってます。
ジャニが彼らのキャリアにとっての一つの足がかりになるとすれば、それもいいかなと思いますが、私のような応援の仕方をしているおばさんはあんまりいないようで。


<< 島らっきょうーーーー!!!      蠢き >>