あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 06日

動物大好き、でも

今朝、犬の散歩から帰ってきた「コシヒカリ」が、
「へびがいた!」
と興奮している。

「1メートルよりもっと長いくらいのへび。青大将かなあ?なんだろう。コーシローが遊ぼうとしてた。戦ってた。わたしもちょっとさわったの。かわいかったー。目がくるくる丸くて。」

動物好きもいいけど、もし噛まれたらどうするのよ。
ヤマカガシだったら、毒を出すというし。
厳重注意する。
あまりいつまでも夢の世界に住んでいられてもあぶない。

by apakaba | 2008-07-06 22:19 | 子供 | Comments(4)
Commented by キョヤジ at 2008-07-07 13:00 x
都会ではヘビの危険さを教える機会って無いものな。

住宅地に居るヘビは十中八九青大将でしょう。
残りの一ニは知らない。
Commented by apakaba at 2008-07-07 13:15
残りの一二が、ヤマカガシか、一番怖いパターンが脱走ペット(それが毒蛇)。
うちのほうって、すごいのどかな住宅地だから、蛇もけっこう出るんですわ。
あの子には、いつまでも「僕らはみんな生きている〜」ではやっていけないことを、教えなければ。
Commented by のこのこ at 2008-07-08 23:03 x
子供のころ平気だった虫やら生き物、大人になると何で嫌~ってなるんだろうね。 別に教えなくてもいいんじゃない?どっちみち中学生になればむやみに触ったりしなくなるもん。時間の問題…。
そういえばこの前のキャンプ場に行く道タヌキが引かれて死んでいました。
コシヒカリが見たらかわいそう、と撫でるんだろうね、そしてお母さんがやめなさい、と言うんだろうね、とそんな話をしていました。
ぜひまた連れてきて。山や田んぼには生き物沢山いるしね。
Commented by apakaba at 2008-07-08 23:34
毒のないものなら、多少汚くてもなんともないんだけど、都内の住宅地で毒蛇に噛まれて死亡なんてあまりにも鈍くさくないか?
まあ、私もへび触ったりするのが好きだから(あの柔らかいビニールのような感触がなんとも……)、気持ちはわかるのよね。
アレルギーのくせに野良猫とかも好きだし。
好きだけどむやみと触るとよくないってことは教えないと。
化膿して一生の傷とかになってもかわいそうだし、それこそ命を落とすこともあるんだし。
「やめなさいそんなもの、汚い!」とかいう教育は、してないです。
というか私にはできない。


<< 飲めない      近江八幡・ヴォーリズ探訪の旅 >>