あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 16日

子供につきあうこと

去る12日、小学校の屋上にて、「お月見の会」という催しがあった。
PTAと地域住民が協力して立ち上げた、「学校支援本部」が主催者であり、私も図書ボランティアの一員なので手伝いへ行ってきた。

仕事が終わったら駆け足で学校へ。
屋上は数年前から芝生を育て始めた。
その芝生の上で裸足になって、月の観察をする。
理科の先生が出してきた天体望遠鏡が設置されている。
私の出番はいつものように、紙芝居の声アテ。
図書室を使ったふだんの劇とは、人数の多さも会場の雰囲気もまったくちがうので、最初は緊張した。

いろいろな演目を見ているうちに、落ち着いてきた。

c0042704_17571645.jpg


近所の、大きな神社から宮司さんたちを招き、雅楽の演奏をしてもらっている。
笙やひちりきなどの楽器の解説中。
竹を切って、ろうそくを灯し、すすきを飾るのも、学校支援本部の人たちの手作りだった。
ヴィオラの演奏や朗読もあった。

演目の順番が次になり、私も水を飲んでマイクに向かおうとしたとき、支援本部長から、こそっと注意をされた。
「あのう、今夜はすごくいい機材を借りて来ちゃったので、ご近所に音が響いているみたいで……ちょっと、近隣の方から音がしていると電話が来ていますので……ボリューム控えめにお願いします……。」
苦情が出たのか。

夜中ならわかるけれど、まだ夜の6時や7時だし、教育活動なのにどうしてそんな文句つけるんだろう?
こういうひとに限って、名乗らないんだよね。
名乗らないヤツのことは無視。
ネットでも現実でも同じですな。
第一、私からデカイ発声を取ったらなにが残るんでしょうか。

もちろん大成功でお月見の会は終わった。


連休中、「コシヒカリ」の友だちがタップダンスの公演をするというので、もう一組の仲良くしている母子とともに、付き添いで行ってきた。
新宿歌舞伎町のコマ劇場の隣という、およそお子様には似合わないエンターテインメントカフェ(なんですかそれは)でやるのだと。

c0042704_17574049.jpg


PINK BIG PIGという、エンタメカフェ内観。
オトナ〜な空間です。
演目もオトナ〜で、「コシヒカリ」の友だちは、大人のダンサーに混じってひとりだけ小学生ながらタップを踏んでいた。
娘の友だちであると同時に、私の生徒でもあるので、ふだん勉強で首をひねっている姿とはまるでちがう姿を見せてもらい、親ではないけどそれなりにムネに迫るものがあった。

c0042704_1758028.jpg


皆さんと別れると、「コシヒカリ」は「おなかすいたー」と言い出す。
ルミネのB2にあるロールケーキ専門店Roll Maduへ。
どうして、Maduなのに「マディ」って読むんだろ?
マドゥなら、ヒンディー語で蜂蜜っていう意味なんだけどな。
まあいいや。
やっぱり女の子はケーキよねー。
娘と向かい合ってケーキを食べるなんて、何年ぶりだろう?
子供をぞろぞろ連れていると、まずケーキを外で食べることなどしないから。
高いもん。

こうして、娘につきあって出かけたり、外で甘いもの食べたりするのも、そろそろ終わりかな。
私は子供べったりな母親ではないので、子供が中学生になったら、もう親といっしょはオシマイだと思っている。
だから、最後の子供が小学生のうちまでは、できるだけつきあおうと思っている。
あと1年半か。
そしたら学校支援本部も卒業、娘とケーキ食べに行くことも、なくなるだろうな。

by apakaba | 2008-09-16 22:55 | 子供 | Comments(2)
Commented by ogawa at 2008-09-17 23:35 x
苦情・・・私も仕事がら毎日受けていますが、必ず名前をお聞きします。
それでも匿名で怒鳴ってくるのは適当にあしらって、ちゃんと名前と住所を名乗ってくる人には真摯に対応してます。
学校も大変ですねぇ~(ひとごと(^^;;)

うちの娘と妻はときおり待ち合わせてケーキ食べに行っているようです。
母親と娘の関係はなんとなく続いていくような気がしますよ。
Commented by apakaba at 2008-09-18 00:34
>それでも匿名で怒鳴ってくるのは適当にあしらって、ちゃんと名前と住所を名乗ってくる人には真摯に対応してます。

これは誰に伺っても同じことをいいますね。
鉄則なんだね。
地域住民との協力で成功させていく会なのに、どこにでもクレーマーというのはいるものですね。

>うちの娘と妻はときおり待ち合わせてケーキ食べに行っているようです。

うーん、私はどっちかというとドライな親なので……そういうことはなくなりそうです。
そういう傾向って、自分自身の親子関係が影響するように思う。
私の親もドライなヒトなので、私はかなり放りっぱなしだった。
それを不快に感じていたとしたら、反面教師で自分が親になったときに逆のことをするだろうけど、子供時代の自分がそんな母親を不快に感じていなければ、きっと自分が親になってもそのまんまのノリでいってしまうもの……という気がしてます。
最近、とくにしてます。うん。またその話は書こう。


<< またシャールク、そしてエスニッ...      夏休み中の料理のおもひで >>