あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 09日

思いきり声を出そうね

コーラスの練習へ。
毎年、中学校PTAのお手伝い制度のひとつとして、文化祭のコーラスに参加している。

歌を唄って自分を知ろう!←2007年

コーラスの練習へ←2005年

コメント書いた皆さん(忘れている皆さん)、懐かしんでね。
日記に書いていないが2004年か2006年かのどちらかにも参加しているので、今年は4回目になる。
もういいかげん、ベテランでしょうー。

パートは毎年ソプラノだけに決めている。
高い声ってふだん出すことがないし、ふだんの声が低音なので、たまに限界に挑戦したくなるから。
年に一度だけ、自分の“きれいな声”を意識するチャンスだしね。
カラオケで声出すより、ずっと楽しいよー!

昨年はユーミンと松田聖子の曲で、合唱らしい歌唱法にかえって苦労したが、今年はまったく知らない曲が入っていて、久しぶりに楽譜をにらんで音を出すということをした。
たまに教会の日曜礼拝で唄うが(クリスチャンではないけど、機会に恵まれれば教会には行って賛美歌を唄う)、あれは簡単な歌だしたいてい斉唱なので楽だ。
ふだん使わない神経を総動員するのは楽しい。

そのまま、テンションが上がって運転しながらウルフルズを絶唱していたらすっかり喉が痛くなった。
腹筋も少し痛くなった。
でも声を思いきり出すのは爽快だ。

来年で次男も中学校を卒業するし、もしも娘が兄ふたりとちがう中学へ行くなら、コーラスのお手伝いももうおしまいになる。
娘の通う小学校での、読み聞かせのお手伝いも来年で終了。
このままいくと、再来年からはいっぺんに、声を出さない生活になりそうなのだね。
ぼけそうでやだなあ。
かといって、卒業したそれぞれの学校にいつまでも残っているのはもっと嫌。
そうしたら、声を出せる場を探すことになるかな。

by apakaba | 2008-10-09 23:03 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(5)
Commented by タカモト at 2008-10-10 07:11 x
うちの母親はママさんバレーやってました。
今では想像もつかない。。。

まー普通のリーマン族や主婦なら大きな声は出さんわなぁ。
大昔は月1回ペースでプロレスを見に行ってたのでそれなりに大声をば。
スキーっとして気持ちよかったなぁ。
今は・・・パチで大敗したときに車内で怒鳴る程度か。(笑)
定期的に大きな声は出したいもんですなぁ。(大敗以外で)
Commented by apakaba at 2008-10-10 15:20
バレーボールも声出すよね。
チームプレイは声が肝心だもんね。
人間は大きい声を出したいという欲求があると思うのよ。
歌なんて馬鹿みたいと思われるだろうけど、あれもたまには楽しいんですよ。
Commented by sora at 2008-10-10 22:44 x
コーラスねぇ・・・母もやってたなぁ。男性コーラスは海外では良く聞くけど、日本では無いのかな。

大声を出すって気持ちいいよね。
大学のサークルで体育館で前に出て選手宣誓!とかやってたんですよ。
試合が始まる前は部員全員に気合入れたり、
試合後に円陣組んでエールをかけたり。ということをやってたので、大きな声を出すコツを掴んだ。
だから、選手宣誓の後なんか気持ちよかった~。応援も大声でするしね。

最近、大声出すことって無いかも・・。
多摩川に行って叫んでこようかな。
Commented by ぴよ at 2008-10-11 01:27 x
姑がずーっとコーラスやってる。文化教室?ってトコロの。
結構本格的。年に数回発表会があって、衣装も揃えてセミプロのピアニストの伴奏で、指揮者もちゃんとした人らしい。
歌うのって若返り(アンチエイジング)効果があるのかな?
姑はいつまで経っても少女のように可愛い人です。
Commented by apakaba at 2008-10-11 07:39
コーラスレス。
soraさん&ぴよさん(また括ってしまいました)、コーラスって、見てるほうは微妙にハズカシいでしょ。
私も自分で恥ずかしいわねと思うもの。
でもとにかく年にいっぺんくらいは声出したいんだわー。
それに、なにするにせよ人からなにかを教えていただくということがとても楽しいです。
ふだんボケボケ暮らしていると、先生に教えてもらうことってないから(教えるのは仕事だけど)。

子供は毎日、フツーに大声出して暮らしているけど、大人は力いっぱい声を出す機会のない人が多い。
たまっているものを発散するんだろうなとは思います。


<< 「だから」      “汚(よご)れ”がキーワードの... >>