あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 15日 ( 1 )


2005年 06月 15日

治る病気も治らんぜよ

2週間ちかく前から喉が痛くて、うがい薬・トローチ・飲み薬・耳鼻科へ治療にかよっているがちっともよくならない。
今日、また耳鼻科へ行き、「喉の痛みが治まらない」というと、大学病院に行ってみてくださいと言われてしまった。
もうええってば、大学病院……(次男の病気でさんざんかよったから)と思っているうちに、お医者さんが紹介状を書いてくれた。

ネブライザー(吸入器。これもやりすぎるとよくないらしいが、とりあえず楽になる)を口に当てて横目で紹介状を見ると、“三谷眞紀、34歳”と……
「あれ。私、こんなに若くないんですけど。」
と言うと、女医さんが
「え、おいくつ?」
生年月日からの計算をまちがえたらしい。
「私37です。」
「あらそうなの、お若く見えるわねえ。」
「そうですかあ。」
「べつにふたつやみっつちがってたってかまわないのよ(そうなの?!)……、ええっと、7でしたね?」
「はい。7です。」

意外とアバウトなのね。紹介状って。

家に帰ってあらためて見てみると、34のところに訂正印が押してあり、“三谷眞紀、47歳”…………!!!!!!

う〜〜っそ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
これ持って、明日大学病院に行かねばならないなんて。
最近で一番のショック。

by apakaba | 2005-06-15 23:42 | 健康・病気 | Comments(19)