あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

2013年 03月 30日 ( 1 )


2013年 03月 30日

「ササニシキ」のドライブ、横須賀美術館「70's バイブレーション」へ

「ササニシキ」が高速道路の運転を練習したいと言うので、横須賀まで行ってきた。

c0042704_22553273.jpg
首都高から見る赤プリは著しく縮んでいた!すごいぞ日本の技術

c0042704_2258288.jpg
とんでもなく寒かった横須賀。iPhone写真で「映画風」に加工してさらに寒々しくしてみた

c0042704_2301550.jpg
千葉に行くか横浜に行くかさらに南下するか、なにも決めずに出てきたが、Twitter友達のツイートを読んで急遽横須賀美術館へ!

c0042704_2322274.jpg
またiPhone写真を「白黒」加工して寒くしてみた。本当に寒かったのよ

c0042704_2341233.jpg


目当ての展覧会は、「70's バイブレーション(サイトこちら)」である。
“67年から80年初頭までの音楽の潮流を、写真・雑誌・映像・ファッションなど様々なフィルターを通して振り返る”というのがコンセプト、ということは、私よりはすこーしだけお兄さんお姉さんの世代がターゲットのようだ。
もちろん「ササニシキ」が見てもわかるものはごく少ないのだが、それでも70年代初頭の新聞記事などは(歴史の一ページとして)興味深げに読んでいた。

私には7歳年上の姉がいる。
姉が中学生・高校生くらいのころに夢中だったものは、幼稚園や小学校低学年だった私には輝いて見えていた。
今でも、完全に自分の世代ど真ん中よりも、“すこーし年上のお姉さん世代”の風俗のほうが、むしろ郷愁を覚える。ませガキだったわけね。

c0042704_23175021.jpg


中でも感嘆のうめきを上げたのがこのコーナー。
70年代〜80年代初頭の男子高校生の部屋、を再現しているらしい。

c0042704_2320045.jpg
岩波文庫にはホーソンの『緋文字』などがある。赤本は東京理科大と都留文科大。ブリタニカの百科事典は泣かせる。平凡パンチと、薄くつぶした学生鞄も!私も全力でつぶしました!

c0042704_23232077.jpg
まさに同じ三省堂国語辞典を、使ってました。庄司薫もマストだね!赤頭巾ちゃん気をつけて。さよなら怪傑黒頭巾。白鳥の歌なんか聞えない。姉の本棚から持ち出して読んでましたね。『ちょっとピンぼけ』だけは、自分で買ったな

c0042704_23273495.jpg
アグネス・ラム、岡崎由紀・ブルース・リー、榊原郁恵、森下愛子のグラビア。男の子だもん。引き出しにはこっそりエマニエル夫人も。

おもに音楽シーンに重点を置いた展覧会だったけれど、私はこの一角に長居したなあ。

70年代すべてを網羅するのは当然不可能で、私からすると「フィンガー5がどこにもないのはなぜよ?(私がフィンガー5推しなのは、以前書きました→中原中也、フィンガー5、どの箇所を覚えてるの?)」などと不満も残るが、同じようなアーティストが繰り返しいろんなブースで登場してくるのは制作側の好みや事情によるのだろう。

どこか、少し遠出したいな〜とぼんやり考えていた矢先だったので、ちょうどよかった。
往きは横羽線、帰りは第三京浜を使って大きくまわり、160キロ走った。
車中ずっとクリス・ブラウンやマルーン5などをかけていたので、ぜんぜん70'sじゃなかった。

by apakaba | 2013-03-30 23:45 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(4)