あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シンガポール2010( 19 )


2010年 07月 29日

シンガポール滞在2日半!インデックス

思いがけず長い連載になったので、目次をつけた。
コメント欄は閉じるので、コメントは各回のコメ欄へよろしくお願いします。



第1回[初日・夕刻]
リトルインディアの老舗ホテル、アルバート・コート・ヴィレッジへ。
陽が沈んだらクラークキーへ移動し、ボートクルーズ。
暗い川から眺めるひかりのまち。

第2回[2日目・朝]
朝ごはんに南インド料理店へ。
目的は、インド人の占星術師の情報を得ること。

第3回[2日目・朝〜午前中]
シンガポールでやりたかったことのひとつは、オーチャード・ロードの超近代建築を見ること。
まずはオーチャード・セントラルという、アート作品満載のスポットへ。

第4回[2日目・午前中]
オーチャード・セントラルを探索中。
草間彌生をはじめとするアート満喫。
ショッピングセンターの概念をくつがえす、斬新なビルであった。

第5回[2日目・昼]
もうひとつ見たかった超近代建築ショッピングセンター、アイオンオーチャードを歩き回る。
曲線多用の外観、美しくておいしい地下のフードコート。
でもお客さんは庶民そのもの。撮影も、庶民スナップへシフト。

第6回[2日目・午後1時前]
近代的なオーチャードから、インド本国へ瞬間移動したかのように、リトルインディアへ。
占星術師との約束の時刻が迫っていた。
対面した占星術師を前に、緊張の挨拶。

第7回[2日目・午後1時]
いよいよ、初めての占星術。
一生を占ってもらい、とても心が晴れやかになった。
生涯を通じて幸せな人生だという言葉を聞けて、すばらしいひとときとなった。

第8回[2日目・午後2時]
次にやりたかったことは、マッサージ。
ブギスのフルショウ・コンプレックスというショッピングセンターで、中国人マッサージ師に足裏ごりごり。
駆け足旅行だからこそ、いろんな人としゃべりたい。

第9回[2日目・午後4時]
次は、知人に頼まれていたお土産物探し。
ところがこれが、意外な大苦戦。
あちこち探し回り、クタクタになりながらも、街角写真超満載。

第10回[2日目・午後7時]
陽が落ちてくると、ちがった表情になるリトルインディア。
テッカセンターのフードコートで満腹、アラブストリートのサルタン・モスクへ。
またまたスナップ目白押し。

第11回[2日目・午後9時][3日目・午前7時]
ホテルでインド人ファミリーを撮ったり、朝のブギスでシンガポールで食べたかった朝食のカヤトーストの店へ行ったり。
朝の街角スナップも楽しい。

第12回[3日目・午前10時]
ホテルと最寄りのショッピングセンターを往復するばかりの回。
ホテルのスタッフ、通行人ばかり撮っている。
頼まれていたお土産は、ついに購入できた。

第13回[3日目・午前11時]
アーユルヴェーダオイルマッサージの店を探して、リトルインディアうろうろ。
思いがけず、モスクに行き当たり、けっこういいひととき。
晴れ渡る天気のおかげで、撮影快調。

第14回[3日目・午前11時半]
リトルインディアうろうろつづき。
結局、タイ式マッサージ店へ。気に入りの街角スナップ多数。
まだ行っていなかった地区、カトンへ移動する。

第15回[3日目・午後1時]
カトンでも、まずはやっぱりモスクへ。
このエリアに色濃く残る、プラナカンスタイルの愛らしい住宅やショップハウスに興奮する。
そんな私をじっと見ていたバスの少女。

第16回[3日目・午後2時]
不思議な感じのするプラナカングッズの店で、やっと自分用や友人用にお土産を買うことができた。
これで一安心。
それにしても、プラナカンとは、なんてかわいいスタイルだろう。

第17回[3日目・午後4時]
カトンでも、とにかくやっぱりヒンドゥー寺院へ。
スリ・センパガ・ヴィナヤガー寺院でダンスな神様撮影。
いよいよホテルを引き払って、帰る支度へ。

第18回[3日目・午後5時]
リトルインディアを離れ、最後はチャイナタウンでしめくくろう。
旅について改めて考える。
数々の「シンガポールでやりたかったこと」は、どれくらい達成できただろう?


c0042704_11441751.jpg


また、行きたいな!

by apakaba | 2010-07-29 11:56 | シンガポール2010
2010年 07月 28日

シンガポール滞在2日半!(第18回 ・最終回)

第17回のつづき。
[3日目・午後5時]

c0042704_1950271.jpg


エスカレーターで地上に上がったところ。
ドラマチックな出口だった。
体が地下から出て行くにつれて、また別の国へ来たような気分になる。
「うわあ」と思わず声が出た。

MRTでリトルインディア駅からたった3駅の、チャイナタウンだ。
ホームグラウンドにしていたリトルインディアとは、雰囲気がガラッと変わった。
東京も、せまい範囲内でも駅が変わると街の雰囲気が激変する場所だが、それを徹底した感じ。

c0042704_2011969.jpg


当たり前だけど、ああ〜なんて中国っぽいのだろう。

つづき。チャイナタウンでしめくくろう

by apakaba | 2010-07-28 19:49 | シンガポール2010 | Comments(14)
2010年 07月 08日

シンガポール滞在2日半!(第17回)

第16回のつづき。
[3日目・午後4時]
c0042704_957246.jpg


プラナカンのかわいいお土産をたくさん買って、荷物は重たくなったが、気分的にはこれで一安心だ。
もう、ほとんどの「シンガポールに来たらやりたかったこと」はやり遂げた。
あとは、今夜の深夜のフライトまで、街をほっつき歩いていればいいだけである。

つづき。プラナカン色の濃いカトンでも、やっぱり行くのか

by apakaba | 2010-07-08 10:54 | シンガポール2010 | Comments(9)
2010年 06月 22日

シンガポール滞在2日半!(第16回)

第15回のつづき。
[3日目・午後2時]

c0042704_10483326.jpg


c0042704_10494394.jpg


おとぎの国のように愛らしい、プラナカン様式の家々やショップハウスを撮って歩く。

つづき。まだまだ飽きずにプラナカン撮り

by apakaba | 2010-06-22 12:18 | シンガポール2010 | Comments(10)
2010年 06月 04日

シンガポール滞在2日半!(第15回)

第14回のつづき。
[3日目・午後1時]

c0042704_84466.jpg


カトン地区のジョー・チアット・ロードを、きれいなショップハウスの写真を撮りながらだらだらと歩く。
この台車に乗っているのは、なんだろう。

つづき。カトン散策

by apakaba | 2010-06-04 09:39 | シンガポール2010 | Comments(8)
2010年 05月 26日

シンガポール滞在2日半!(第14回)

第13回のつづき。
[3日目・午前11時半]

c0042704_14162056.jpg


マスジッド・アブドゥル・ガフールの門を出ると、また目的のない状態に戻ってしまった。
少し歩いてみても、アーユルヴェーダオイルマッサージの店は、もう見つからなかった。

つづき。ではどうしましょう

by apakaba | 2010-05-26 15:19 | シンガポール2010 | Comments(6)
2010年 05月 20日

シンガポール滞在2日半!(第13回)

第12回のつづき。
[3日目・午前11時]

c0042704_11534244.jpg


シンガポールはごく小さな国だけれど、旅行者向けのアクティビティは供給過剰なくらいに充実している。
ここに家族連れで再訪したら、きっと今とまったくちがう行き先を選んで遊んでいることだろう。
遊園地や動植物園、ビーチ、ナントカセンター・カントカシアターといった巨大施設。

c0042704_1264477.jpg


しかし、一人でそんな場所へのこのこ出かけて行ってキャーキャー遊べるわけでもない。
観光リキシャに乗るのもためらわれる。
徒歩圏内で、街を見ているだけで時が過ぎていく。

つづき。リトルインディアを徘徊中

by apakaba | 2010-05-20 13:31 | シンガポール2010 | Comments(6)
2010年 05月 15日

シンガポール滞在2日半!(第12回)

第11回のつづき。
[3日目・午前10時]

c0042704_7473059.jpg


リトルインディアのThe Verge ヴァージに、10時の開店と同時に入る。
まだ清掃中。

c0042704_7513063.jpg


モノスゴク人気が少ない……
たしかに、ガイドブックにも「閑散としている」と書いてあったが、地上階がこんな様子では、いくら地下の食料品売り場が売り上げを上げていても、経営が危ないんじゃないのか?

きのう、アーユルヴェーダのサロンでオイルマッサージの予約を取りたかったのに閉まっていたので(第9回に記述)、もう一度出直してきたのである。
しかし心細いショッピングセンターだなあ。

つづき。エスカレーターでサロンのある5階まで上がる

by apakaba | 2010-05-15 08:43 | シンガポール2010 | Comments(6)
2010年 05月 12日

シンガポール滞在2日半!(第11回)

第10回のつづき。
[2日目・午後9時]

c0042704_13561580.jpg


『月はどっちに出ている』
岸谷五朗が好演してたな。
チョイ役の萩原聖人も。
異国で月が出ていると、反射的に「月はどっちに出ている」と、口をついて出る。

(『月はどっちに出ている』・・・在日コリアンタクシードライバーが、しばしば自分の走っている位置がわからなくなって会社に電話すると、上司から「空を見てみろ。いま、月はどっちに出ているんだ?」と聞かれてそれで東西南北を確認する。カーナビなんてなかった時代、1993年作品の映画)

c0042704_144837.jpg


ホテルに戻ってきたがまだ9時過ぎだ。
中庭のレストランでは、美形インド人ファミリーが食事をしている。
こっちはお腹いっぱいなので、ジントニック一杯だけ。

c0042704_1453639.jpg


若いハンサムなパパ、美人でスレンダーなママ、動く人形みたいに愛らしいお嬢ちゃんたち。
新興インド人富裕層の典型みたいなご家族。

c0042704_147165.jpg


「追加のご注文は?」
まだまだ、遅いディナータイムはつづきそう。
クロスのかかったテーブルで一度も食事をしていない私からすると、なんでも高く感じる。

まる一日、よく動き回ったが、まだやり残したことがたくさんある。
明日はアーユルヴェーダオイルマッサージの店に予約を入れに、もう一度行ってみる。
知人から頼まれたシリアルナントカをさがす。
お土産もののショッピングもしたい。
それから、あれを食べるこれを食べる……おやすみなさい。

つづき。さあ、とうとう最終日!

by apakaba | 2010-05-12 15:00 | シンガポール2010 | Comments(11)
2010年 05月 07日

シンガポール滞在2日半!(第10回)

第9回のつづき。
[2日目・午後7時]

c0042704_1504399.jpg


やっと陽が落ちてきた。
頼まれていたお土産物をさがすのは明日にして、自分用に買い込んだインスタントラーメンなどのかさばる品物を置きに、ホテルへ戻る。

つづき。今夜はなにを食べようかな

by apakaba | 2010-05-07 19:27 | シンガポール2010 | Comments(8)