カテゴリ:生活の話題( 518 )


2003年 01月 19日

地域のお年寄りにパソコンを教えるお手伝い

子供がかよう小学校の、パソコンボランティアとして、学校主催のパソコン教室に行ってきた。
成り行きとはいえ、この私が、講師としてである。
ご存じのとおり、私のコンピューターの知識は初心者級だ。

地元のおじいちゃんおばあちゃんが、ぞろぞろとパソコンルームに集まってきた。
わくわくしたお顔の生徒さんを見て、私は、「どうしよう、ボランティアに登録なんかしなければ
よかった」と、はやくも逃げ帰りたい気分だ。

今日パソコンに触るのがほとんど初めてという数人を、受け持った。

「スイッチはどこですか」
「終了できないときは、コンセント抜いていいんですか」
「一回押しただけなのに、何十行も改行されてしまいました」
・・・おお、私でも教えられる!!

「では、キーやマウスに慣れるれために、ワープロソフトで自由に文章を打ち込んでみましょうか。」
というと、かちかちに肩を怒らせたまま、カルタとりのようにひとつひとつ字を打つお年寄りたち。
これじゃあ、体のほうが先に疲れちゃうなあ・・・そう思って画面をのぞいてみたら、ある人は
手紙の練習をしていた。

寒中お見舞い申し上げます、云々

「あらだいぶ打ち込むのがお早いですね・・・」
などといって、読んでみると、
「近々、お目もじ申し上げたいと・・・」
おめもじ。
なんてたおやかな言葉。
私の世代ではもはや決して使われることのない言葉だ。
グッときた。

帰り際、
「今日は本当にご迷惑おかけして・・・お教えになるほうがお疲れになったでしょう?」
と、深々とお辞儀をするお年寄りに、
「いいえ、こちらこそとってもいい勉強になりました。」
と挨拶をお返しした。

by apakaba | 2003-01-19 13:26 | 生活の話題 | Comments(0)
2003年 01月 04日

お正月遊びといえば

きのうは、自宅で新年会をした。私の両親と姉が来た。
江戸かるたと、百人一首をして遊ぶ。
百人一首はかなり真剣。
私は百人一首が好きなのだ。

たいして覚えている札はないけれど、あの遊びそのものが好き。
「久方の光のどけき」
「ぅはいっ!」ばしいいっ←私
「田子の浦」
「だーっ!」ばしいいっ←私
「むら」
「どりゃあっ!!」ばしいいっ←私
(最後、「むら」とは一枚札「村雨の露もまだ干ぬ・・・」の歌)

コドモもあきれる。
喉の風邪も治らず、ダメなままで三元日は終わった。
百人一首だけは勝った。

by apakaba | 2003-01-04 13:03 | 生活の話題 | Comments(0)
2003年 01月 02日

2003年正月のご挨拶(が、これか)

元日の朝から39度の熱が出て、ひどい年明けとなった。
からだの関節と筋肉がきしむように痛くて、とてもパソコンの前に座れなかった。
元日のご挨拶ができず、非常に心残りである。

いまも元気はない。
文字通りの寝正月、この一年のダメさ加減を占うようで、落ちんでいる。

by apakaba | 2003-01-02 13:01 | 生活の話題 | Comments(0)
2002年 12月 17日

カヌーの思い出

「年の瀬」という言葉をよく耳にする時期となった。

「瀬」ということばが、好きだ。
学生時代、すこしだけカヌーをやっていて、自分のカヌーでいろんな川を下った。
流れが遅いところを「トロ場」、急なところを「瀬」と呼ぶ。

「トロ場はゆったりした気分になれて、いいなあー。」
と言う人もいたが、私は、自分の頭を越えてくるような波が立つ「瀬」が大好きだった。

ああいう「瀬」を経験すると、運命論者っぽくなる。
「どうせだめだよ、こんなにすごい瀬じゃ、いくら漕いだって、ムダ」と、パドルを回す手を止めたくなる。
それでも、止めたら終わりだ。
絶対に漕ぐのをやめてはいけない。
悪くすれば、沈没して、足をとられ、おしまい。

「年の瀬」を、来年へ漕いでいく。
パドリングをあきらめたり、気をとりなおしたり。
(じゃあ、つぎの「トロ場」は、いつ?やっぱりお正月?)

by apakaba | 2002-12-17 14:17 | 生活の話題 | Comments(0)
2002年 12月 09日

今シーズン初めての雪

この街に越してきて、初めての雪だ。
下校すると、いつもはとりあえずTVゲームを触ろうとする子供たちも、きょうはスキーウエアに着替えるのももどかしく外に飛び出してゆく。
私も、ふだんは幼稚園の送り迎えに、車や自転車を使うのに、今日は二往復ともゆっくり歩いた。
そして、夕方帰ってきた子供に、今シーズン初めてのココアをいれた。


本日の音楽
グレン・グールド バッハ:インヴェンションとシンフォニア
きのう、TSUTAYAでグールドの写真集というものが出ているのを知った。没後20年記念かなんかだそうで。
ピアノを弾くときの姿勢が悪いのはキース・ジャレットといい勝負。

by apakaba | 2002-12-09 14:07 | 生活の話題 | Comments(0)
2002年 12月 01日

小学生のころから、顔が変わらない

小学校時代からの友達と久しぶりに会った。
横浜の桜木町駅で待っていると、後のふたりがやってきた。

「ぜ、ぜんぜん変わってない、小学校のときから!」
「なんでこんな変わんないんだー!」
私のことを見るなり飛び出すこのセリフ、
どう受けとめればいいのだろう?
小学生ですか私。
喜ぶべきですか。


本日の音楽
マイルス・デイビス BLUE MILES
いい曲を聴いてると、たいていはワインが飲みたくなるけれど、このアルバムのときは、ウイスキーが欲しくなるんだ。

福山雅治 THE GOLDEN OLDIES
ハンサムなだけでなく、なんで歌もうまいんだ福山雅治。
このアルバムは、古い日本の楽曲のよさに助けられてもいるけれど、本歌(モトウタ)よりむしろグッとくるものがあったりする。

では、お休みなさい。

by apakaba | 2002-12-01 13:54 | 生活の話題 | Comments(0)
2002年 11月 30日

かくし芸「外郎売りのせりふ」

今日は、忘年会のため、当欄以外の更新はなしです。ごめんなさい。

私は「忘年会」ということばがとても好きだ。
「新年会」よりよほどワクワクする。
いいじゃねえか飲んじまえば、って感じの、やけっぱちな語感が性に合う。

今日はかくし芸を披露しなければならず、私は歌舞伎十八番のひとつ「外郎(ういろう)売りのせりふ」というものを演じた。
高校時代、演劇部だったときに公演でやったのを覚えていたのだ。

ほぼ20年ぶりに人前でやってみたけど、意外とできるものだね。
あのころ記憶したものって。

それからたくさん唄ったので、今日はお休みなさい!

by apakaba | 2002-11-30 14:46 | 生活の話題 | Comments(0)
2002年 11月 19日

煮玉子のような夕日

新宿の雑踏を歩きながら、機質さん(常連さん)がBBSで書いてくれた「煮玉子のような夕日」ということばをずっと心で反復していた。

色、のことをいっていたのではないんだろうな。
夕日が沈む直前の、ぼってりと重そうな楕円形のことを、言ってたんだろうな。
昔は「たまご」を「玉子」と書くのは子供っぽいと思って、かならず「卵」と書いていたんだ。
でも最近は「玉子」のほうが好き。
卵だと、生殖機能を連想しちゃう。
玉子だと、愛称みたいだし・・・、中国語では「カワイイ」という意味で「子」をつけるんだったな、たしか。

by apakaba | 2002-11-19 14:30 | 生活の話題 | Comments(0)