あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ

<   2003年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2003年 03月 30日

多摩六都科学館で、8月の火星大接近のことを知る

今年の8月27日、なにがあるのか、皆さん知ってますか。

二番目と三番目の子供がスキーに行ってしまったため、塾の春期講習がある「ササニシキ」は、ひさびさの一人っ子気分である。
彼のリクエストに応え、きょうは多摩六都科学館へ、親子三人で行ってきた。
横浜こども科学館・国立科学博物館・科学技術館など、科学モノの施設には目がない親子なので、きょうの展示レベルはそこそこかなという感想を持った。

しかし、ひとつ大きな収穫だったのが、最後に入ったプラネタリウムで(プラネタリウムにもやっぱり目がないの)、じつにワクワクする情報を得ることができたということである。
学芸員さんの説明によれば、今年は火星の大接近がある年なのだそうである。
火星大接近じたいは、それほどめずらしいものではなく、15〜17年周期で観測することができる。けれども今年ほどの大接近は、紀元後最大の近づきかたなのだ(紀元後だよ。今世紀じゃ、ないですよ)。
しかも、今年ほどの大接近は、今後数百年は起こらないのだという。
これはもう、大接近というより超接近ではないですか。
(くわしくは、福井市自然博物館のページをご覧ください)

そして、もうおわかりですね、今年、火星が地球にまさに最接近する日が、8月27日というわけなのでえす!(う〜ん、つい興奮して学芸員のような口調になってしまった)

しし座流星群も見たし、ヘールボップ彗星も見ました。
今年は、火星大接近を、絶対に見たいな。
8月27日、晴れることを信じて、巨大な火星をたのしみましょう!
さぁみんな、カレンダーに、メモメモ。

by apakaba | 2003-03-30 18:52 | 生活の話題 | Comments(0)
2003年 03月 29日

広尾「アラジン」

或るロム氏よりメール「三谷さん、今日のインド通信には行かれますか」
また別のロム氏よりメール「インド通信で会えますかー。ひさびさに話しましょう!」
或る不良主婦より電話「今夜はあいてる?踊り行こー」
また別の不良主婦より電話「眞紀ちゃん、今日踊り行く?キサナドゥに集合なんだけど」

悩むねぇ。
後ろ髪引かれてハゲになりそうだけど、みんなに一言「ゴメン、先約があるの。」
たまには家族サービスしないと。
今日は、夫につきあうのです。

あたらしい服がほしいという伊達男に半日連れ回されたあげく、買うものがなかった。勿論、その間私のものはひとつも見ない。
「今日はね、私も、インド通信を振って、近所の遊び友だちを振って来てるんだから、元は取らないとなぁ。」
最後のフレンチレストランがなければ、おもしろくない日となるはずだったけれど、この店がたいへんおいしかった。
広尾にある、「アラジン」というレストランだ。
いま非常に勢いのある店として評判がたかい。

お料理は、日本の春野菜を積極的に採り入れた、ぜんたいにライトな組み立てだった。
しかし、ワイン・チーズの種類は群を抜いて豊富且つわれわれの趣味に合う。
チーズがうまい、信じられないくらい。
これほどのチーズは初めてと言っていい。
だからワインもうまい、当然ワインは空っぽ、となれば食後酒を並べるしかない。
ヴィンテージポート、ソーテルヌ、カルヴァドス、う〜いひっく。
「いまごろ、カレたちはインド通信でカレー食べて、カノジョたちは踊ってるんだろうなあ。でも私は、こっちに来てしまった。体は一コしかないもんなぁ。」
血中アルコール濃度が上がるにつれ、今夜はこれで、よかったな、と思うようになった。
気に入った服が見つからなかった夫も満足している・・・戦果ナシのときはたいてい不機嫌になるのに。
うまいものって、なによりも威力絶大だな。
人を幸せにするためにはね。

by apakaba | 2003-03-29 18:49 | 食べたり飲んだり | Comments(0)
2003年 03月 27日

ファッション誌の女性モデルは、どうして半裸で寝そべっているのか

久しぶりに、ゆっくりと女性ファッション誌を眺めた。
おしゃれが好きな夫に引き較べ、私はあまり服を買わない。
今日も、クリン(読者・ゆか家のわんこ)がかじって穴を空けたセーターを平気で来て、渋谷に出かけていたくらいだ。

雑誌のなかの美女たちは、すでにバカンス特集で、水着姿。
あるいはハダカ同然の薄着。
薄地のリブニットとはいえ、セーターなど着ている自分がとても季節はずれな人のように思わされる。
まあ、まんまとメディアに乗せられているだけだけれど。

女性誌では、無内容なものがほとんどの記事そのものよりも、各ブランドの広告を熱心に見ている。
最近やけに目につくのが、横になったモデルの写真である。
半裸のような頼りない服をまとい、しどけなく寝そべって、脚は開き気味に投げ出す、こればっかり。

たとえばフィガロジャポンの最新号では、フェンディ・プラダ・バーバリー・DKNY・ジル スチュアートが、寝そべってました。
しかも、モデルたちは決まって、口は半開きアンド目は無表情。
扇情的、であるはずもなく(いくら口と脚が開いてたって、目がまるで誘っていないのだからして)、しばし半裸の肢体を解釈しかねたまま呆然と眺め、やがてしかたなくといった感じで服に目をやる。服の広告なのに。

この回り道をさせたくて、寝そべり写真撮ってる?
ファッションカメラマン諸氏。
でももういいかげんに飽きたよ。
安易に過ぎるぞう。

by apakaba | 2003-03-27 18:44 | ファッション | Comments(0)
2003年 03月 25日

集まり散じて……大学の卒業式を思い出した

子供がかよう小学校の卒業式だった。
PTA現役員なので、私も来賓として出席した。

3月25日、卒業式。
子供たちの晴れやかな姿を見ながら、「記憶の底をくすぐる語呂・・・どうしてだっけ。」と考えていた。
それは、私自身にとって最後の卒業式の日と、同じ日だったのだ。

13年前の今日、大学の卒業式だった。
インド・パキスタン・ネパールをだらだらひと月半まわって戻ってきてみたら、すでに桜が咲いてしまっていて、袴姿は暑くてたまらなかった。
式後の謝恩会をすっぽかし、袴からお気に入りの青い着物に着替えて、なぜか青山かどこかのディスコ(当時ね)へくりだした。
クラスの友だち10人くらいといっしょだったかな。
もう忘れた。
なぜなら私は、そこをまたしても途中で抜けて、車で鎌倉の海まで行ってしまったからだ。

自宅が鎌倉に近かったから、海へは年中行っていた。
夏は泳がない。
5月か、9月の、ひとけのない、でも充分水温の高い日に、服のままよく海に入っていた。
だけどさすがに、着物じゃあね。
ぬるい風を受け、真夜中の海を眺めた。
隣にいる、4年間一緒だったクラスメイトと、「結婚することになりそうだ・・・」そのとき直感した。

「今日、卒業式に遅刻したでしょ。」
「寝坊した。人が一杯で、中に入れなくて、入口に立ってたよ。でもいいんですよ、オレは校歌を唄いに来ただけだからね・・・校歌斉唱には、間に合ったぜ。」
「集まり散じて・・・」
「そ、集まり散じて。」

私たちの大学の校歌は有名だけれど、三番まで知っている人は多くない。
しかしガクセイたちは、皆三番に心を寄せる。
すくなくとも、私の友だちはそうだった。
真ん中あたりに、「集まり散じて人はかわれど 仰ぐは同じき理想の光」という歌詞がある。
ひととき集まって、同じ時を過ごし、いろんなことがあって、それぞれの道へ散っていく、そのさまが「集まり散じて」という言葉に集約されていて、4年生の後半あたりからは、この三番がとくに皆の胸に沁みたのである。

小学校6年生の子供たちも、いまそれぞれの道へ散っていこうとしている。
地元の公立中学へ進む子も多いが、引っ越していく子や、私立中学へ進学する子もたくさんいるのだ。
今日の、笑顔でいっぱいだった卒業生と、13年前の自分のことを思い出し、較べるようなものでもないのに、やはりどこかに通いあうものがある気がした。
時がきて、
散る。
でもつながってる。たいせつな誰かと。

by apakaba | 2003-03-25 18:42 | 思い出話 | Comments(4)
2003年 03月 24日

ご近所飲み

ご近所飲みは、ほかのだれと飲むよりたのしい。

きのうは何家族来たんだっけ。
一次会は、幹事?宅、夕方からいつものお店へ移動。
コドモは最大時に12人、中1から幼稚園児(5歳)まで。部屋でゲームをしたり、漫画を読んだり、階段にマットを敷いて滑り降りたり、ちかくの公園に行ったりしていた。

子供ら、ほんとによく笑う。これだけの大人数で、年齢差があるのに、だれも手持ちぶさたな顔をしない。
年かさの子がちいさい子の面倒を見て、年下の子は上の子を慕う。
女の子はいろんな悩みを相談したり、園児は大きい子に飛びついて抱っこしてもらったり。
これも、頭(カシラ)になっている子がひときわ立派なおかげなのだが、こんなふうに体ごとじゃれ合って、社会性を獲得していくんだな子供って。

だれも大人が飲むのを邪魔しに来ないから、こっちも腰を落ち着けて、あらゆる話題をたのしめるのだ。
「○○小の奥座敷」を自認する、この面子のインテリジェントなこと。
12時間ちかくしゃべっていても、まだいくらでもしゃべれる。
受験・教育問題・PTA・国内情勢・失敗談・このおつまみどうやってつくるの?・今度踊りに行く?・子育ての迷い・国際情勢・70年代懐メロ・香港グルメツアー敢行しよう!・肌が疲れたときの速効クリームって?・家族や夫婦のこと。
縦横無尽な話題は途切れない。
その間じゅう、アルコールも途切れない。

私の敬愛するご近所のひとたち、その子供たち。
いつもありがとう。感謝します。

by apakaba | 2003-03-24 18:41 | 生活の話題 | Comments(0)
2003年 03月 22日

仁左衛門がすばらしく素敵だ……

きのう、一年半ぶりに歌舞伎座へ行った。
昼・夜と通しで観たので、午前11時から午後9時過ぎまで、歌舞伎を観ていた。
幸四郎・玉三郎・勘九郎・染五郎と、好きな役者がそろって名演をしてくれたが、きのうずば抜けていたのは、仁左衛門だった。

生まれついての美貌は、素顔よりも、二枚目の白塗りにしてますます美しい。
華奢な肢体は、大時代的な衣装より、着流し一枚の役のとき、もっとも優美さを発揮する。
すねた風情で、着流しで立つ後ろ姿など、背がすらりと高くて足が長くて、贅肉なんてぜんぜんなくって、ホントにホントにかっこいい。飛びつきたくなってくるほどだ。
歌舞伎役者は、40〜50代になり、カラダに横幅が出てくると、安定感があって、演技に厚みが出るものだけれど、彼だけは別なの。
いつまでも、あのまま、坊やっぽいままでいてほしい。
なんかとってもおばさんのミーハーだわと思うけど、夫も「仁左衛門は、よかったなぁ〜〜〜。」とつくづく言っていた。

これまでも、彼の芝居はたくさん観てきた。
品のいい、ワルぶっていても育ちのよさがにじみ出る・・・みたいな役どころは、当代の役者のなかで、彼の右に出るものはいない。

非常に残念なのが、彼には娘しかいないことだ*。
彼の父、先代の仁左衛門も、晩年に芝居を観たことがあるが、ほれぼれするようないい男だった(90近くで!)。
ノリに乗っている幸四郎には、手堅い染五郎があとにいるし、団十郎には父よりはるかにハンサムな新之助くんがひかえている。
それなのに、なぜ仁左衛門には汐風 幸よ?
あの美貌は、彼の代で絶えるのか・・・ああ、惜しいよう。


*実は片岡孝太郎という息子がいることを、すっかり忘れていた。読者のかたから後日指摘され、気づいた次第。舞台で何度も見ているのに・・・ご指摘ありがとうございました。

by apakaba | 2003-03-22 18:36 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2003年 03月 20日

「コシヒカリ」が戦争を考える

3月20日朝、たったいま交わされた「コシヒカリ(5歳)」との会話。
ラジオから定時のニュースが流れていた。

「おはようおかあさん。ねーこいずみしゅしょうってさあ、せんそうにはんたいしてるの?」
「ううん。」
「え、なんで?」
「日本は、アメリカにはたくさん助けてもらっちゃってるからねえ。反対はできないの。」
「ふーん。あめりかとにほんは、“てをくんだ”の?(私、苦笑)“なかま”なの?」
「んー・・・仲間というより、手下みたいなもんかなあ。」
「てしたってなに」
「弟・・・みたいな。なんでも言うこと聞かなきゃ殴られるみたいな・・・もんかなあ」
「ふーん、じゃあ、にほんはー、ほんとはせんそうをしたくないけどー、あめりかのいうことをきかないといけないから、“てをくんで”いっしょにせんそうするんだね。」

私には、もうこれ以上説明することばがない。

by apakaba | 2003-03-20 18:34 | 子供 | Comments(0)
2003年 03月 17日

兄妹のお風呂

「コシヒカリ」と「ササニシキ」が一緒にお風呂に入っている。
たいていは世話好きの次男「アキタコマチ」が入れてくれるが、今日は長男に任せてみた。

お湯の音がしない。
湯船にふたりで浸かっているらしい。
ドア越しに、会話を、耳を澄ませて聞いてみる。
「・・・きょう、オレが帰ってくる前になんのゲームしてた?」
「ぽけもんすたじあむ」
「オレと『アキタコマチ』で、ゲームを片づけたんだよ。『コシヒカリ』の友だちが来てたんだから、ほんとは『コシヒカリ』が片づけなきゃだめなんだよ。」
「うん。」
「・・・きのう、駄菓子屋で買ったお菓子なに?」
「しげきっくすとー、ぶどうのあじのガム」
邪魔をしないように、そろそろとドアから離れた。

もうすぐ6年生になる「ササニシキ」は、いつまで幼い妹と一緒にお風呂にはいるだろう。
彼が、「ハダカは恥ずかしいのだ」と認識する、エデンの園追放の日はいつなのだろう。
私は、彼の前で平気でハダカになっているのだが、夫は「いいかげんによせ」という。
私は幼いときに父親を亡くし、女家族で育ってきたので、そのあたりの微妙な加減が、自分ではまったくわからないのである。
年ごろの女の子が最初にぶち当たる異性の壁=父親の存在がすっぽ抜けているから、男というものがよくわからなくて、扱いかねてしまいがち。

「ササニシキ」も、いずれ自然に、遠慮するようになっていくのかなあ。
なにしろ、男と女がともに暮らす家というものじたい、かなり未体験ゾーンの私は、まだまだ頭を悩ませそう・・・

by apakaba | 2003-03-17 18:31 | 子供 | Comments(0)
2003年 03月 16日

子供が帰ってこない

「チョコ買わなきゃ。ちょっと、駄菓子屋行ってくる。」
「アキタコマチ(2年生)」が「コシヒカリ(5歳)」を連れて、近所の駄菓子屋に出かけていったきり、何時間も経っている。
2時ごろ、遅いお昼にしようと準備していたのに、ちっとも帰ってこない。
あちこち捜して回る。
駄菓子屋にはもちろんいない。
中央公園、南公園、西公園、校庭、隣町の公園、児童遊園、セブン・イレブン、まさかと思って近所の床屋、車でぐるぐる一時間半も捜し回った。どこにもいない。

頭にくる。こっちは寝不足なのにちゃんと起きて、朝ごはんも昼ごはんも用意してるじゃないか。今日の昼は久しぶりに冷麺だぞ。行く先を一言も言わないで、なにをしている。
睡眠不足と空腹で、むかむかしながら捜し、あきらめて家に帰ってきた。

こりゃあ、そのまま誰かの家に上がり込んでるな。
たろうくんの家かなと目星をつけて、電話。
「子供行ってる?」
「いるわよ」
やったあ、一軒目で当たった。
でも頭にくる。ちいさい「コシヒカリ」を連れて、大通りをふたつも渡って、あんな遠くのおうちまで、あぶないじゃないか。
「いたかぁ・・・ううー、あったまくるなあー。」
「あのね、あたしにチョコレートをプレゼントしてくれに来たのよ。」
「なにぃぃぃ」

そういえば、出がけに「アキタコマチ」は、
「あ、オレ、“たろママ(たろうのママ)”にバレンタインのお返しをしなくちゃ。」
とか口走っていた。
駄菓子屋で“たろママ”にお返しのチョコレートを買って、買ったらすぐ届けたくなって、それで行ってしまったんだな。

「あのー、悪いけど、すぐ帰れっていってくれる。お昼まだなのよー。」
もう4時だ。
あんなに暖かくて晴れていたのに、きゅうに空が暗くなってきて、雨がぽつぽつ落ちてきた。

こんな時間まで待たせて、戻ってきたら怒鳴りつけてやりたいが、この心細い天気のなか、おかーさんが怒って待っているのを思い出し、間違いなく大あわてで、ふたりが帰ってこようとしている。
まあ、これでじゅうぶんかなあ。
大通りに気をつけなよ。

by apakaba | 2003-03-16 18:28 | 子供 | Comments(0)
2003年 03月 14日

牛すじ煮で飲もう

うっふっふ。
今夜のおかずは、牛すじ煮だ。すじというか、アキレスなのだ。きょうは昼間からずうっと煮ているのだ。
飴色に輝く、ぷるぷる震える、とろとろの、コラーゲンたっぷりの、愛しいアキレスちゃんだ。
今夜は此奴で・・・ああっ!!
ヱビスさまがぜんぜん足りない。冷蔵庫に3人しか入ってない。
電話で注文し、ついでに「アキタコマチ」に算数の問題を出題しようとしたら、
「うぉれが出題する!」
と「ササニシキ」が割りこむ。

「ひとパックに6本入っているジュースが、大きな箱に、4パック入っています。大きな箱は、350ミリリットル入りと、500ミリリットル入りと、ふた箱あります。ジュースは全部で何本でしょう(サ)。」
「・・・48本(ア)。」
「正解です(サ)。」

「なんでジュースで問題出すの。ヱビスだよ?(私)」
とあとから「ササニシキ」に聞くと、
「子供だから(サ)。」
とのこと。

「では、この家にヱビスさまは何人いらしているでしょう(私)。」
「51(サ)」
「ササニシキ」には簡単すぎた。


本日の音楽
映画「プリティー・ウーマン」のサウンド・トラック。
ハリウッド映画のサントラなんて、持っているのはこれ一枚きりだ。
ナタリー・コール、デビッド・ボウイ、シカゴ、ロバート・パーマー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、いろんな人の曲が一度に聴けてお得。

by apakaba | 2003-03-14 18:26 | 食べたり飲んだり | Comments(0)